主島 大虎(Honda鈴鹿)

ここでは、「主島 大虎(Honda鈴鹿)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm74kg 左左 MAX138km スライダー・カーブ・チェンジ 報徳学園 1年目
伸びのある直球とスライダーが持ち味。制球の良い長身左腕。高2夏4回戦で16奪三振を記録した。

  動 画

  最新記事

 ■ 報徳のドラフト候補・主島が2回1/3を5Kの圧巻投球(デイリースポーツ) 16/7/21

 報徳学園が豊岡を八回コールドで下し、16強へ進出した。六回途中から登板したエース・主島大虎投手が2回1/3を無安打無失点、5三振を奪う快投。チームに流れを呼び込んだ。出番が回ってきたのは3点リードの六回2死一、三塁の場面。1本出れば勝負の行方が分からなくなる中でのマウンドで、先頭打者に死球を与えた。2死満塁とピンチは広がったが、ここから圧巻の投球。4番を内角直球で詰まらせて三直に打ち取ると、勢いに乗った。「どの球種も思い通りに投げられた。相手打者が全然、タイミングがあってないと感じた」と七回1死から八回2死まで4連続奪三振。味方のエラーで走者の出塁を許したが、最後も外角チェンジアップで空振り三振に仕留めた。

   16夏予       回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:須磨翔風    2  1       0
   4回戦:豊  岡   2.1  0  5     0
   5回戦:東 播 磨    1  0  2     0
   準々決:市立尼崎 先  7  4       1
             12.1  5       1 防0.73(失点から計算)

 ■ 報徳学園が初戦突破 ドラフト候補・才木を完ぺき攻略(デイリースポーツ) 16/7/14

 報徳学園がドラフト候補の須磨翔風・才木浩人投手を完ぺきに攻略し、2回戦へ駒を進めた。3点リードの八回からは、右足首を痛めていたドラフト候補のエース左腕・主島大虎投手(3年)が登板。走者を出しながらも得意のけん制球で2度のタッチアウトを奪い「中本に負けないような投球をしたい」と次戦へ向け、表情を引き締めていた。

   16春予       回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:尼崎西高 先  6  1       0
   準決勝:東洋姫路 先  9  6  8  2  0
              15  7       0 防0.00

 ■ 報徳学園、プロ注目の主島好投で4強(デイリースポーツ) 15/9/26

 報徳学園が来年のドラフト候補に名前が挙がるエース・主島大虎投手(2年)の好投で、4強一番乗りを決めた。立ち上がりは腕が振れず、ボールが先行する苦しい投球内容だった。それでも「点を取られなければいい投球だと思っているので」と四回まで毎回のように得点圏に走者を背負ったが、丁寧にボールを低めに集め、最少失点で切り抜けたスローカーブを使い出した五回以降は尻上がりに調子を上げ、三振を量産。「スローカーブを使えればカウントも取れるし、フォームも良くなるので」と投球テンポも上がった。七回に味方の失策で1点差に追い上げられても「そんなに焦りはなかった。1点あるので大丈夫だと思っていた」と動揺することなく、最後までリードを守りきった。1つ上の世代からエースを任され、今夏の兵庫大会では16三振を奪うなど素質の高さを見せていた左腕。試合経験が豊富なことでピンチを背負っても、低めの制球力がぶれることはなかった。

   15秋           回数 被安 奪三 四死 失点
   兵庫2回戦:東洋姫路 先   8  14       4
     3回戦:姫路工業 先   6          2
     準々決:育英高校 先   9  5       2 
     準決勝:神港学園 先   9  6       3
     決 勝:明石商業 先   8  7       2…0対2で惜敗
   近畿1回戦:北大津高 先  10  10  4  4  2
     準々決:滋賀学園 先  14  5  7  3  1…0対1で惜敗
                 64         16 防2.25(失点から計算)

過去記事

 ■ 報徳学園・主島、直球130キロ前後でも毎回16K!(SANSPO) 15/7/24

 兵庫4回戦で、報徳学園が小野を4-1で下した。直球の球速が130キロ前後の主島(ぬしじま)が、149球を投げて毎回の16奪三振9安打完投。 力投にも「ヒットを打たれすぎですね。ストライクを欲しがりすぎた。そのぶん、甘く入ってしまった」と反省した。小学校卒業後に左肘の手術を受け、9カ月間ボールを握れなかった経験が、持ち味の粘り強さにつながっている。

  プロフィール

 兵庫県加古川市出身。
 主島 大虎(ぬしじま・だいご)投手。
 加古川中部中時代はヤングリーグ・兵庫加古川に所属していた。

 報徳学園では1年春から背番号14でベンチ入り。
 県大会決勝・姫路南戦の先発投手に抜擢され、5回4安打1失点の粘投で勝ち星を記録する。
 1年秋の新チームで背番号1を獲得し、4完投勝利の活躍で兵庫準Vに貢献。
 準々決勝・姫路南戦で12K3失点完投勝ち、続く滝二戦で11回5失点完投勝利を挙げた。
 夏の県大会は直前に右足首を痛めた影響もあって明石商に1対4で8強敗退。
 救援した2回戦・三木北戦で6連続奪三振、4回戦・小野戦で16三振完投をマークしている。
 2年秋に7戦(6完投)64回16失点の粘投で県準V、近畿ベスト8進出を達成。
 近畿1回戦で延長10回3対2完投勝ちを収め、敗れた滋賀学戦でも14回1失点と好投した。
 3年夏の県大会はV校・市立尼崎に7回1失点、0対1で惜しくも敗れ8強敗退。
 足首痛で出遅れながらも4試合12.1回に登板し、主にリリーフで5安打1失点の好結果を残した。
 同期のチームメイトに中本光紀、2学年下に小園海斗ら。

 180cm74kg、実戦経験が豊富な好左腕。
 ワインドアップから上体をやや捻って重心を下げ、インステップ気味に左肘を使った腕の振りから
 繰り出す最速138㌔の伸びのある直球と、鋭いスライダー、カーブ、チェンジアップ。
 内角直球とスライダーが持ち味。制球にも良さがある左腕。1年夏の練試で17Kをマークした。
 巧みなけん制技術で一塁走者をアウトにする。

  プロフィール

プロスカウト|15/11/28
 「球持ちが良い。スピードがもっとつけばプロでも通用する」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-11-21(月)|2019年社会人投手 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
昨日の育英戦では、立ち上がり直球が130㌔にも満たなかったみたいですが、後半フォームが安定して最速138㌔を記録したようです。前の東洋大姫路線も含め立ち上がりに課題がある模様。一方、育英の山本投手も安定したフォームから130中盤の伸びのあるストレートを投げる注目の左腕です。
| yama | 2015年09月27日(Sun) 15:08 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年社会人投手 | コメント(1) Page Top↑