梅野 雄吾(九産大九産)

ここでは、「梅野 雄吾(九産大九産)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm80kg 右右 MAX154km スライダー・カット・カーブ・チェンジ
直球主体の投球が持ち味の本格派。福岡大大濠戦でノーヒットノーラン達成。最速154㌔を誇る。
2016年ヤクルト3位(契約金5000万円、年俸580万円)

  動 画

  最新記事

 ■ ヤクルト3位 梅野「直球進化させる」(西日本スポーツ) 16/11/9

 ヤクルトからドラフト3位指名を受けた、福岡・九州産業高の梅野雄吾投手が8日、福岡市内のホテルで仮契約を結んだ。契約金5000万円、年俸580万円で合意した。最速154キロの剛腕を誇るが、プロではあえてスピードを追求せず「今の直球を進化させていきたい」と質を高めていく。理想の投手は侍ジャパン入りした広島の大瀬良。「気持ちを前面に出して真っ直ぐで抑える投球がすごいと思う。いつか試合で投げ合えれば」と夢を語った。鳥原公二チーフスカウトは「制球力と度胸の良さが持ち味Aクラス入りのために必要な選手」と1位指名した履正社高の左腕、寺島成輝とともに梅野に期待を寄せる。「ヤクルトはファンの方々が温かい短いイニング(の救援)も先発もできるように頑張りたい」とヤクルト投手陣を支える存在を目指す。

   16夏予         回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:浮羽究真 先   8  6  9     1 150㌔
   3回戦:福  島    0.1  0  0  0  0 ※8回表に追撃の3ラン
              8.1  6  9     1 防1.08(失点から計算)
                 被安打率6.48 奪三振率9.72

 ■ 九州産業高・梅野 12球団OK(西日本スポーツ) 16/10/7

 九州最速右腕の梅野は、志望届の提出に迷いはなかった。春の練習試合で自己最速の154キロをマークした剛腕は「勉強や仕事をしながらではなく、一日中野球だけをやりたい」と力を込めた。速球で強気に押すパワフルな投球が持ち味。149キロを計測した昨秋の福岡大会では無安打無得点試合も達成し、一気に注目された。150キロをマークした今夏は福岡大会3回戦で敗れたが、プロの熱視線を浴びた。12球団から調査書が届き、ドラフトでの指名はほぼ確実とみられる。「負けん気が強く、性格もプロ向き」と平川剛監督も太鼓判を押す。「順位も球団もこだわらない。甲子園で活躍した投手に負けたくない」。九州の剛腕は運命の日を静かに待つ。

 ■ 福島 シード九州産業撃破 154キロ右腕・梅野姿消す(西日本スポーツ) 16/7/18

 福島がシード九州産業を6-4で撃破した。最速154キロを誇るプロ注目右腕の梅野対策として球速を上げた打撃マシンの球を打ち込んできたが、梅野は右翼で出場し、マウンドに上がったのは8回2死からだった。序盤から主導権を握り、1点リードで迎えた4回には4番宮崎の3ランで突き放した。8回表にはスラッガーでもある梅野の3ランで1点差に迫られたが、ベンチは静まり返るどころか、逆にガッツポーズをするなど大盛り上がり。直後の攻撃で1点を加えて逃げ切った。

過去記事

 ■ 九州産・梅野、最速150キロで初戦突破!12球団20人超集結(スポーツ報知) 16/7/15

 九州産・梅野雄吾は8回6安打9三振。5回の押し出しによる1点のみに抑え、初戦を突破した。この日の最速は150キロで、押し出し四球を与えたが「(投げた瞬間に)『来た!』と思って(球速表示を)自分で見た。スピードは意識していたので、うれしかった」と満足げに振り返った。12球団20人超のスカウトを前に剛球を披露したが、本調子ではなかった。6月上旬に肺炎を患い、約20日間も自宅療養。「息をしたらせきが出て、眠れなかった」と体重が78キロから2キロ減った。6月29日に練習を再開すると、朝2杯、夜3杯の白飯を胃袋に詰め込んで、82キロまで“リバウンド”させてパワーを取り戻した実戦は大会前の練習試合で5回を投げただけ。それでもここ一番でギアを上げて140キロ台後半の直球を連発した。中日・中田スカウト部長は「高校生でトップクラス球速はこれからもっと出るだろうし、とんでもなく速い球を投げる素質がある」と絶賛。小5から野球を始め、投手も高校からと経験は浅いが、2歳半から小学校高学年までしていた体操で養った身体能力は本物だ。背番号1は「体操でバネがついた。逆立ちも1分くらいはできますよ」と胸を張る。
 4回無死一塁でバントを素早く処理して一塁走者を二塁でアウトに。これにはネット裏のスカウトも思わずうなった。「速い球を投げられるパワーがあるしフィールディングもいい素材では一級品。ドラフトの上位候補にもなりうる」と中日の中田スカウト部長は高く評価した。(西日本スポーツ)

 ■ 九州産業・梅野雄 絶対負けられない(西日本スポーツ) 16/7/9

 九州産業の梅野雄の勝ち気な性格は投球にも表れる。昨秋149キロだった真っすぐは今春、九州・沖縄の投手で最速の154キロまで伸びた。冬場の走り込みに加え、筋力トレーニングと食事で体づくりに励み、体重は昨秋の76キロから80キロへ増えた。昨秋の九州大会準々決勝では鹿児島実に大敗。被安打13で13失点した反省を踏まえ「球速アップは目指しているが、チームのために勝てる投球をしたい」と精神面でも成長を見せる。昨秋の福岡大会、福岡大大濠戦では浜地と投げ合った。無安打無得点試合を達成し1-0で勝利。しかし投げ勝ったという実感は湧かなかった。「投球が自分と違う。マウンドで表情が変わらない。それに比べて自分は隙があった」。浜地のすごさを思い知った。最後の夏。ともに準決勝まで勝ち進まなければ、再戦は実現しない。「浜地君には負けたくない」。九州ナンバーワン右腕の称号とともに、同校1977年夏以来の甲子園に乗り込む。

 ■ 九州産・梅野 154キロ怪物右腕が頂点狙う(日刊スポーツ) 16/6/29

 プロ12球団注目の九州産のエース梅野雄吾投手が、剛腕で77年夏以来の甲子園に導く。154キロの剛球でスカウトの度肝を抜いた。九州産の梅野が3月28日の東海大福岡との練習試合で自己最速を更新した。驚異のスピードガン表示にネット裏の巨人阪神DeNAのスカウトたちは驚きを隠せなかった。高校入学時は120キロ台だった。2年秋県大会準決勝、福岡大大濠戦でノーヒットノーランを達成し最速は149キロに伸びた。一躍、ドラフト候補に浮上し、3月中旬の鶴崎工戦でも151キロを計測し完封した。最後の夏となる福岡大会へは「155キロは出せそう。小野郁さんの最速153キロを更新して優勝したい」とさらなる成長を誓った。昨年秋九州大会8強に終わりセンバツを逃した悔しさが原動力だ。200キロのバーベルを床から腰付近まで持ち上げるまで鍛え「もともと強かった背筋が強くなり球が速くなった」という。高校入学時から身長は10センチ伸び175センチ、体重も14キロ増の80キロ。東福岡ラグビー部に所属歴がある父譲りの身体能力も高く、保育園から体操を始め、バック転を得意にしていた。高校では逆立ち歩きや縄跳びも導入し、さらにパワーもアップした。平川剛監督は「スカウトからは身長は低いが、体のサイズのわりには力強くフィールディングもいいと評されている」と言う。梅野が「直球でグイグイ押すところが同じ」と目標にする広島大瀬良ばりに強気の投球で頂点を狙う。

 ■ 今秋ドラフト注目高校生投手(日刊スポーツ) 16/5/23

 横浜(神奈川)藤平尚真、履正社(大阪)寺島成輝は、昨年から1位候補として名前が挙がる。東海大市原望洋・島も153キロをマークして評価がうなぎ上りだ。センバツ不出場組の右投手では、九州産の梅野雄吾も速球派として注目を集めるロッテ永野チーフスカウトは「球速は島と同じか、それ以上」と話す。都城(宮崎)山本由伸、つくば秀英(茨城)長井良太も150キロ近い直球が武器だ。(後略)

 ■ 九州産業・梅野雄 力負け認める(西日本スポーツ) 15/10/27

 九州産業の149キロ右腕梅野雄の快進撃が止まった。鹿児島実に13安打を浴び、13失点で6回コールド負け。「万全の状態で球も悪くなかった。相手打者の振りがすごかった」と力負けを認めた。今大会は初戦の九州学院、鹿児島実と今夏の甲子園出場校と対戦。「今の自分の力が分かった。いい勉強になった」。剛腕にさらに磨きをかけて、もう一度甲子園を目指す。

   15秋          回数 被安 奪三 四死 失点
   福岡2回戦:筑陽学 先   9  2  7  5  1
     4回戦:筑 前 先   9          1
     5回戦:東福岡 先   9  7       3
     準々決:希望丘 先  12  10  14     3 148㌔
     準決勝:福大濠 先   9  0  10  4  0封149㌔…ノーヒットノーラン達成
     決 勝:小 倉 先   9  1  10  5  1 147㌔
   九州2回戦:九州学 先   9  9  6  1  2 144㌔
     準々決:鹿 実 先   6  13  3  6  13
                72         23 防2.88(失点から計算、不明分除く)

 ■ 九州産業・梅野雄 「不満」でも完投(西日本スポーツ) 15/10/26

 昨秋覇者で、3季連続甲子園を目指した九州学院を2点に抑えながら、九州産業の梅野雄は「球が走らず、上体で投げてしまった。納得いかない」とつぶやいた。この日は「抑えめに投げた」が球速は145キロを超えた。九州屈指の強力打線を3回まで1安打。4回に村上宗隆の適時二塁打などで2点を失ったが、その後は緩急も駆使して追加点を許さなかった。9回2失点の内容にも平川剛監督は「しばらく投げ込んでおらず、調子は良くなかった」と認めた。一方、九州学院の坂井宏安監督は「ここぞというときにいい球が来ていた。秋の九州大会でここまでいい投手は久しぶり」とうなった。スタンドでは、地元のソフトバンクなど9球団が剛腕を見つめた。ソフトバンクの福山龍太郎スカウトは「身長は173センチだがマウンドでは大きく見える順調に成長すれば、来年はドラフトの上位で名前が挙がるかもしれない」と話した。投球だけでなく、中学まで内野手でフィールディングの良さも際立つ。この日も絶妙なバント処理を見せ、犠打は1度しか許さなかった。投手としての総合力の高さも魅力だ。

 ■ 前日ノーヒッター・梅野 また快投(西日本スポーツ) 15/10/12

 2試合連続のノーヒットノーラン達成か。高まる期待が打ち破られたのは9回だった。8回まで無安打に抑えてきた九州産業の梅野雄の114球目。打球は梅野雄のグラブをはじき、捕球した二塁手の大山楓貴が懸命に一塁に送球したが、判定はセーフ。大記録は惜しくも9回でストップし、スタンドはため息と歓声が入り交じった。「今日もいけるんじゃないかと思った。9回はちょっと意識した」。内角直球で完全に詰まらせた打球だっただけに、梅野雄は悔しさを抑えられない。初安打を許して「力んでしまった」とその後2四球と犠飛で1失点と完封も逃してしまったが、2試合で許した安打は内野安打1本のみ。「ちょっとだけ、自信になった」とうなずいた。2連投となったこの日は「球が走っていなかった」と球速を抑え、変化球を多めに投げてきたが、終盤には147キロをマーク。敵将の小倉の牧村浩二監督も「振りまけてしまって当てるのが精いっぱい。夏ならともかく、今のチームでは打てない」とお手上げだった。この日4番に座った梅野雄は3安打1打点とバットでも活躍。「ほかの選手が必死に梅野雄についていこうとしている」と平川剛監督。エースの存在がチーム全体の力を引き上げ、初の優勝につながった。

 ■ 九州産業・梅野雄 ノーヒッター 14季ぶり九州大会(西日本スポーツ) 15/10/11

 1本の安打も許さずに迎えた9回2死。遊ゴロで27個目のアウトを取り、九州産業の梅野雄が両手を突き上げた。九州大会出場を懸けた大一番でノーヒットノーラン福岡大大濠の浜地との投手戦の末に快挙を演じた。「公式戦では初めてです。8回ぐらいで(達成を)確信しました」。173センチの背番号1が会心の笑みだ。「スミ1」を守り切った136球。序盤から140キロ台後半の快速球で押しまくり、3回2死満塁のピンチは遊ゴロで切り抜けた。中盤の6回には自己最速を1キロ更新する149キロをマーク。9回も148キロを計測するなど球威は衰えず、2桁の10奪三振。打っては初回に中前適時打で唯一の得点をたたき出す活躍に、平川剛監督も「文句のつけようがない」と絶賛した。中学までは内野手。高校で本格的に投手を始めた当初は「(球速は)130キロも出なかった」と振り返る。さらに165センチ、60キロと小柄だったため「トレーニングで鍛えるしかない」と、筋力トレやポール間走などに徹底的に取り組んだ。地道なトレーニングは実を結んだ。身長が173センチに伸びた現在、体重は16キロ増の76キロ。太ももはユニホームがはち切れんばかりだ。球速も今年の春に143キロ、夏は145キロにアップ。今は「150キロを投げたい」と大台を視野に捉える。

 ■ 九州地区県大会 九産大九産、準決勝へ(毎日新聞) 15/10/4

 九産大九産の梅野雄吾投手(2年)は希望が丘戦で、自己最速の148キロを記録した。「まだいけます」と夏の大会以降、強化に取り組んだスタミナ面でも自信をのぞかせ、14個の三振を奪った。110キロ台のチェンジアップ、カーブで目先を変え、四回以降は無失点に抑えた。「もっと緩急をうまくつけられれば楽な試合になった」と、初の九州大会出場が懸かる準決勝に向け気を引き締めた。

  プロフィール

 佐賀県佐賀市出身。
 梅野 雄吾(うめの・ゆうご)投手。
 佐賀市立新栄小5年時に軟式野球を始め、昭栄中時代は佐賀フィールドナインに所属。
 3年時にセカンドとして全九州鹿児島大会Vを経験した。

 九産大九産で本格的にピッチャー転向。
 1年秋(不祥事で不戦敗)にエースの座を掴み、2年春の九国付戦(4対6)で143㌔を計測する。
 2年夏の福岡大会3回戦敗退を経て、2年秋に福岡V、九州8強進出を達成。
 県準々決で最速3㌔更新の148㌔、準決で149㌔を投げ、プロ9球団スカウトから注目された。
 県大会準々決勝・希望が丘戦で12回10安打14K、4対3完投勝利をマーク。
 濱地真澄と投げ合った準決・福岡大大濠戦で1対0ノーヒットノーランの快投を披露している。
 翌決勝8回まで無安打投球を続け、小倉相手に1安打3対1完投勝ちを記録。
 続く九州大会初戦を4対2完投で突破したが、鹿実に6回1対13で敗れベスト8敗退となった。
 同年冬のトレーニングで身体作りを進め、3年3月の練試で大台150㌔を突破。
 プロ複数球団が視察した東海大福岡高戦で現役高校生トップとなる154㌔を計測している。
 3年夏の予選は福島高校に4対6(0.1回ノーヒット無失点)で敗れ3回戦敗退。
 6月に肺炎を患いながらも初戦で150㌔を投げ、3回戦8回表の好機で左越え3ランをマークした。
 県大会V、九州8強が最高成績。甲子園経験は無し。

 175cm80kg、154㌔直球を持つ小柄な右腕。
 ノーワインドアップから投げ込む最速154㌔の真っ直ぐと、カット、縦スライダー、チェンジアップ、カーブ。
 ストレート主体に打者を押す本格派。3年秋の練習試合で154㌔を計測した。
 バラツキの残る制球力が課題。2年秋の準々決勝・希望が丘戦で12回14三振をマークしている。
 内野手経験を生かしたフィールディングも持ち味。

 スカウトコメント

ヤクルト・鳥原公二チーフスカウト|16/11/9
 「制球力と度胸の良さが持ち味。Aクラス入りのために必要な選手」
中日・中田スカウト部長|16/7/15
 「速い球を投げられるパワーがあるしフィールディングもいい。素材では一級品。ドラフトの上位候補にもなりうる」
 「高校生でトップクラス。球速はこれからもっと出るだろうし、とんでもなく速い球を投げる素質がある」
巨人・山下哲治スカウト部長|16/6/16
 「上背はありませんが、それを関係ないと思わせるくらい素晴らしい素材です。球速は150キロを超え、腕の振りがいい。スライダーもキレがあります。あとは本人に自覚が芽生えて、さらなる集中力が生まれるかどうか」
中日・中田宗男スカウト部長|16/6/16
 「球がくるよね。調子がよければコンスタントに145キロ出るし、粘りのある球を投げます。剛球投手ですが抜く球も投げられる。上背のなさを感じさせない素晴らしい体をしていて、むしろこの子が松坂に近いタイプかも」
ロッテ・永野チーフスカウト|16/5/23
 「球速は島と同じか、それ以上」
ソフトバンク・福山龍太郎スカウト|15/10/26
 「身長は173センチだがマウンドでは大きく見える。順調に成長すれば、来年はドラフトの上位で名前が挙がるかもしれない」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-11-09(水)|2016年ドラフト指名選手 | コメント(6) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
阪神で梅野&梅野のバッテリー結成したら面白そうだな〜
| 匿名 | 2016年10月09日(Sun) 16:24 | URL #- [ 編集]
>東京漢(とんちんかん)さん
確かにチームが負けている場面、それもチャンスでスタンドに放り込める当たりパワー、打撃センスも非凡なものがあるのでしょうね。
しかしそれにしても、6月に肺炎を患ってしまったのと県大会終盤を見据えての事だったのでしょうが、先発登板せずに負けてしまったとは…
| 匿名 | 2016年09月11日(Sun) 07:03 | URL #- [ 編集]
ドラ2~3で消えてもおかしくない
| フラワー | 2016年07月24日(Sun) 17:48 | URL #- [ 編集]
映像を見る限り体の芯に力があって、また体の使い方・動かし方が上手い印象。
154kmを投げるということで評判だけど、プロでは投手ではなく内野手として育ててみてはどうか。

元々が内野手だった上に、小学校の頃は体操をしていて今でもバク転が得意というくらいだから、筋力や平衡感覚などは問題なさそう。
打撃でも4番を打っていて、敗退した福島高戦でもホームランを打ったとか。
足の速さはわからないが、バク転ができるくらいだから足の筋力は強く、少なくとも鈍足ということはないだろう。

打撃センスなどは未確認ながら、内野手としては今宮と村田を足して2で割ったような選手になるのではないかと期待。
村田も東福岡高校時代は投手として甲子園にも出ていたし。
| 東京漢(とんちんかん) | 2016年07月18日(Mon) 23:06 | URL #mQop/nM. [ 編集]
日刊スポーツ紙面にロッテ永野チーフスカウトが「球速は島と同じかそれ以上」とコメントしています
| 鴎 | 2016年05月23日(Mon) 10:14 | URL #- [ 編集]
来年の注目投手。
まずは九州大会、そして夏の甲子園での活躍を期待しています。
| mino | 2015年10月15日(Thu) 21:41 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2016年ドラフト指名選手 | コメント(6) Page Top↑