川瀬 晃(大分商)

ここでは、「川瀬 晃(大分商)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



川瀬 晃(大分商)

175cm63kg 右左 MAX143km 遊撃手 遠投105m 50m6秒3
野球センスに長けたリードオフマン。フットワークの良い守備が魅力。投手として143㌔を計測する。
2015年ソフトバンク6位(契約金3000万円、年俸480万円)

  動 画

  最新記事

 ■ 川瀬「早く1軍に上がる」 ソフトバンクと仮契約(大分合同新聞) 15/11/20

 ソフトバンクホークスから6位指名を受けた大分商高の川瀬晃=175センチ、63キロ、右投げ左打ち=が19日、大分市内で入団交渉に臨み、契約合意した。契約金3千万円、年俸480万円(いずれも推定)で、背番号は12月2日の入団会見で発表される。川瀬は「1年目から積極的にいき、早く1軍に上がりたい。小柄だが、体を鍛えて持ち味の守備をアピールしたい声を出してムードメーカーになる」と力強く抱負。同球団スカウト室の福山龍太郎アマスカウトは「素晴らしい選手。人間性や守備力、センスを評価している1、2番タイプの打者としてチームに貢献できる選手になってほしい」と期待を寄せた。

 ■ 大分商高・川瀬 川崎2世(西日本スポーツ) 15/10/23

 ドラフト開始から約1時間半。校長室で待ち続けていた大分商高の川瀬の肩から力が抜けた。「まさか指名されるとは思っていなかった。体が軽くなりました」。ソフトバンクが今回指名した支配下選手では唯一の地元九州勢。同校で1学年先輩だった笠谷に続き、意中の球団から射止められた。遊撃で堅守と巧打が持ち味だ。今夏の大分大会は1番遊撃で全5試合に出場して無失策。打撃でも3割8分9厘の高打率を誇り、大会後からプロを目指して使い始めた木製バットでもほとんど芯を外さない。身体能力は高い。最速143キロの投手として登板している。福山龍太郎スカウトも球団を通じて「内野手としてのセンスは川崎2世」とコメント。2000年から12年間在籍し、2度のゴールデングラブ賞に輝いた川崎宗則級の活躍を期待する。厳しい競争は覚悟の上だ。「守備で負けたくない。いつか今宮さんと競えるようになり、ゴールデングラブ賞も狙いたい」。グラブさばきに絶対の自信を持つだけに、球界トップクラスと評価される今宮の得意分野で勝負を挑む。

 ■ 大分商・川瀬 森下に感謝(西日本スポーツ) 15/10/21

 エースを陰で支えた男がスポットライトを待ち望む。プロに注目されたU-18日本代表の右腕、森下が明大進学を表明する中、チームメートの川瀬がプロ入りを志望した。巧打と堅守が売りの遊撃手は「不安と楽しみが半々だけど、小さいころからの夢なので。可能性があるなら挑戦したかった」と吉報を待つ。投手兼遊撃手として大分商に入学。1学年先輩の笠原俊介からのエース継承を目指し、森下と切磋琢磨してきたが、徐々に登板回数や投球内容に差が出た。「諦めきれなかったけど、野手で勝負する道を選んだ」。2年秋の決断だった。その後森下は最速148キロの超高校級右腕として全国区に。活躍を喜ぶ半面、うらやんでもいた。「森下が野球雑誌に1面を飾ったときは悔しくて。自分も載せてほしくて、守備を磨いた」。参考にしたのは小さいころから見てきた10歳上で福工大の二塁手だった3番目の兄・誠也さんの守り。打球を待つ際に低い姿勢を保ち、1球に集中する意識を高めてきた。主将として臨んだ今夏の大分大会では全5試合に出場して18打数7安打。守りでも無失策。決勝で明豊に敗れて甲子園出場は逃したが、相手左腕からチームで唯一2安打を放った。大会後に複数の球団から調査票が届き、プロ入りの意思を固めた。「森下のおかげで自分のプレーを見てもらえた。今では感謝しています」。川崎宗則にあこがれ、第1希望は地元のソフトバンク。ただ、どこに指名されようと「はい上がる」覚悟はできている。

  プロフィール

 大分県大分市出身。
 川瀬 晃(かわせ・ひかる)遊撃手。
 大分市立賀来中学校を経て、大分県立大分商業に進んだ。

 大分商では1年時から控えとしてベンチ入り。
 笠谷俊介を擁して16年ぶりに夏の県大会を制し、甲子園メンバー入り(出場無し)を経験する。
 8番・二塁手レギュラーとして2年夏の大分大会で3試合8打数3安打をマーク。
 主将・1番・ショートを務めた3年夏に打率.389(18打数7安打)の活躍で準優勝を達成した。
 決勝・明豊戦は相手左腕エース・前田剛をとらえ切れず0対1で惜しくも敗戦。
 左翼線(高め直球)、中前(高めスラ)と2安打を放ち、森下暢仁を支える再三の好守を見せた。
 チームメイトとして1学年上に笠谷俊介、同学年に森下暢仁ら。

 175cm63kg、野球センスに長けた細身の遊撃手。
 ミート力のある左の巧打者。コースに逆らわずはじき返していく。俊足を兼ね備えた1番打者。
 線が細く力強さに物足りなさが残る。キャプテンとしてもチームを牽引した。
 打球への反応、フットワークの良い守備が魅力。143㌔を計測する強肩でアウトに仕留める。
 高校3年間で身長5cm、体重10kgアップを果たした。

  スカウトコメント

ソフトバンク・福山龍太郎アマスカウト|15/11/20
 「素晴らしい選手。人間性や守備力、センスを評価している。1、2番タイプの打者としてチームに貢献できる選手になってほしい」
ソフトバンク・福山龍太郎スカウト|15/10/23
 「内野手としてのセンスは川崎2世」
ソフトバンクスカウト|15/10/22
 「投打ともにセンスの塊。将来のショートストップを任せられる逸材」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-11-20(金)|2015年ドラフト指名選手 | コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
ホークス6位おめでとう!
| フラワー | 2015年10月23日(Fri) 14:48 | URL #- [ 編集]
日本ハムも出しているはず!
| フラワー | 2015年10月21日(Wed) 20:44 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年ドラフト指名選手 | コメント(2) Page Top↑