河本 ロバート(元徳島インディゴソックス)

ここでは、「河本 ロバート(元徳島インディゴソックス)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



190cm100kg 右右 MAX156km 亜大→MLB傘下→新潟→Lamigo→徳島 29歳
上体強く投げ下ろす重い直球が武器。2014年に8勝マーク。SB3軍戦で1安打初完封勝利を挙げた。

  動 画

  投手成績

     試合   勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   12年: 27  1勝1敗11S   24  18  23  8  7  2.63(新潟)
   13年: 21  2勝1敗1S  18.1  27  17  16  13  6.38(新潟)
   14年: 30  8勝5敗3S  111.1  77  72  39  21  1.70(徳島)
   通算: 78 11勝7敗15S 153.2 122 112  63  41  2.40
           被安打率7.15 奪三振率6.56 四死球率3.69

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   04春:         登板無し
   04秋:         登板無し
   05春:         出場停止          
   05秋: 1 0勝0敗                 二部
   06春:         登板無し
   06秋:         登板無し
   07春: 2 0勝0敗   3  0  2  3  0  0.00
   07秋: 6 1勝0敗  13.2  14  4  6  4  2.63
   一部: 8 1勝0敗  16.2  14  6  9  4  2.16
         被安打率7.56 奪三振率3.24 四死球率4.86

  最新記事

 ■ 育成枠検討 元独立L徳島 河本ロバート(スポーツ報知) 15/10/22

 DeNA育成枠で、今年2月まで四国IL・徳島に所属した河本ロバート投手(29)の指名を検討していることが21日、分かった。米国人とのハーフ右腕で、亜大卒業後の07年12月には米ドジャースとマイナー契約。BCリーグ・新潟や台湾球界を渡り歩き、最速156キロと大化けする可能性を秘めている。

  プロフィール

 東京都西多摩郡生まれ。
 河本 ロバート(新潟時代まではロバート・ブース)投手。
 氷川中まではサッカーで活躍。Jリーグ柏の下部組織である柏レイソル青梅に所属していた。
 米国人の父と日本人の母を持つハーフ。

 兄の影響もあって八王子実践で野球部に入部。
 3年(2003年)夏の大会は早稲田実業に0対12コールド負けで西東京ベスト8敗退に終わった。
 当時からプロスカウトが注目。甲子園出場実績は無し。

 亜大では2年秋から2部リーグ戦に出場。
 4年秋になって抑え投手として出場機会を増やし、6試合13.2回、防御率2.63の実績を残した。
 7安打1失点完投の力投を見せた最終戦・青学大戦で初先発初勝利を記録。
 最速152㌔右腕として注目されたが、NPB入りを断り、MLBドジャースとマイナー契約を結んだ。
 一部通算8試合、1勝0敗、16.2回、6三振、防御率2.16。

 大学卒業後は4年間MLBマイナーリーグでプレー。
 2011年春先に極度のコントロール難を経験し、メジャーリーグ昇格を果たないまま退団となった。

 2012、2013年はBCリーグ・新潟に所属。
 1年目に11セーブ、防2.63(24回)の実績を残し、2年目4月から5月にかけて台湾プロを経験した。
 14年になって不振脱却に手応えを掴み、勝負の年として四国IL・徳島に移籍。
 先発・リリーフで8勝(先発5、完投1)5敗、防御率1.70(2位)の自己最高成績を残している。
 初先発を任された7月5日のソフトバンク3軍戦で1安打7K初完投初完封勝利。
 高知相手に8回5安打2四死球無失点(7/13)、8回3K無四球無失点(9/8)の好投を見せた。
 通算78試合、11勝7敗15S、153.2回、防御率2.40。

 190cm100kg、恵まれた体格の本格派右腕。
 セットポジションから上体強く投げ下ろす最速156㌔直球と、スライダー、フォーク、チェンジアップ。
 コントロール難を乗り越えて2014年に自己最速更新の156㌔を計測した。
 重い直球を武器とする本格派。制球にはバラツキが残る。遠投110m、50m6秒1(亜大時代)。
 2014年の被安打率6.22、奪三振率5.82、四死球率3.15。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-10-22(木)|未分類 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:未分類 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑