赤松 幸輔(香川オリーブガイナーズ)

ここでは、「赤松 幸輔(香川オリーブガイナーズ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



188cm113kg 右右 捕手 遠投110m 50m6秒5 瀬戸内→名商大 23歳
打撃力が魅力の巨漢捕手。前期9本塁打で優勝に貢献した。SB3軍戦で中堅左へのサヨナラ3ラン。
2015年オリックス育成2位(支度金300万円、年俸250万円)

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15年: 64 .276 210 58 4 0 9 37 38 17 1  .330  .424
    ※ 前期MVP 4月度月間MVP

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   11春:           出場無し
   11秋:           出場無し
   12春:           出場無し
   12秋: 10 .281  32  9 2 0 1 6 9 1 0  .303  .438
   13春: 13 .231  26  6 1 0 0 0 5 2 0  .286  .269
   13秋: 12 .326  43 14 3 1 0 6 5 2 1  .356  .442(9位)
   14春:                           二部
   14秋:                           二部
   一部: 35 .287 101 29 6 1 1 12 19 5 1  .321  .396
    ※ 12秋:ベストナイン(指名打者)

  最新記事

 ■ オリ育成2位 四国・香川の赤松と仮契約(スポニチ) 15/11/25

 オリックスが育成ドラフト2位で指名した四国アイランドリーグplus香川の赤松幸輔捕手(23)=1メートル88、113キロ、右投げ右打ち=の入団が25日、決まった。支度金300万円、年俸250万円仮契約した背番号は121。(金額は推定)

 ■ 香川・赤松“土壇場指名”打と肩に評価(デイリースポーツ) 15/11/9

 香川・西田真二監督はドラフト直前まで「まあ、来年もう1年やの」と話していた。そう言われた本人、赤松幸輔もまさか自分が指名されるとは思っていない。やれるだけのことはやった。だが、同時に足りない部分、上乗せしなくてはいけない部分がたくさん見えている。来年レベルアップするための準備をしようと考えていたところだった。育成ドラフト会議真っ最中のオリックスのテーブルは、揺れに揺れていた。実は当初、指名の最終リストに赤松の名前はない。会議の駆け引きが続くなか、次の指名選手を検討していたところで、ふいに赤松の名前が挙がる。「四国の赤松はどうなんだ」「ああ、いいですね。面白いですよ」赤松を推したスカウトが2人いた。その場で指名が決まる。高松市内に設けられた会場で、自分の名前が呼ばれるのを聞いた。「『あるかも』とすら思ってなかった。『ない』と思って見ていたので。かかって『えっ!』って思いました。一瞬疑いましたもん、自分の目を」。結果的に、好調だったフェニックス・リーグでの活躍ぶりが指名につながっている。評価されたのは打撃とスローイングだった。こんな裏話がある。オリックスから指名に必要な調査書の提出を求められたのは、ドラフト直前である。「宮崎から郵送しよう」という話になったが、送っているはずの書類が届いていない不測の事態が起こる。当日、慌てて会場である新高輪プリンスホテルにFAXを送り、難を逃れた。「『そういうのは印象に残るから、あるかもね』なんて冗談で言ってたんですよ。最後に滑り込みで来たら、印象に残るじゃないですか。運もあるし」(球団スタッフ)。あらためて、そんな後日談を聞きながら、縁があったことを再認識している。

  プロフィール

 愛媛県宇和島市出身。
 赤松 幸輔(あかまつ・こうすけ)捕手。
 吉田小学校時代に軟式野球を始め、吉田中ではヤング・BB凌駕に所属。

 瀬戸内高では4番・キャッチャーとしてプレー。
 3年夏の県大会は11打数6安打の活躍及ばず、福山商に0対1で敗れ3回戦敗退に終わった。
 1回戦・尾道北戦で5打数5安打を記録している。

 名古屋商科大では2年秋からリーグ戦に出場。
 打力を生かしてDHとしてレギュラーの座を獲得し、打率.281本1点6でベストナインを初受賞する。
 正捕手を任された3年秋に打率.326(9位)の好成績で打撃十傑入りを達成。
 チームとしてはリーグ戦最下位、入替戦1勝2敗に終わり、最終学年2季を2部リーグで過ごした。 
 一部通算35試合、打率.287、29安打、1本塁打、12打点。

 香川オリーブガイナーズでは1年目から正捕手として活躍。
 前半31試合終了時点で打率.327本9を記録し、優勝に貢献する活躍で前期MVPを獲得する。
 打率.469(32打数15安打)点11のスタートダッシュで4月度の月間MVPを受賞。
 5月23日のSB戦で星野大地の直球をバックスクリーン左に放り込むサヨナラ3ランをマークした。
 四国リーグ選抜メンバーとしてフューチャーズとの交流戦、及び北米遠征を経験。
 7月29日のフューチャーズ第2戦で西武・福倉健太郎から左翼席への2ラン本塁打を放っている。
 通算64試合、打率.276、58安打、9本塁打、37打点、1盗塁。

 188cm113kg、打撃力が売り物の巨漢捕手。
 通算9本塁打(左5、中3、右1)、飛ばす力がある右の強打者。勝負強い打撃で37打点を挙げた。
 状況に応じた打撃、逆方向への意識を持ち、5月28日の高知戦で右中間弾を記録。
 一方で捕手としての守備力には課題が残る。高校3年時に内野手(一、三)から捕手に転向した。
 遠投110mを計測する地肩の持ち主。50m6秒5。

  スカウトコメント

オリックススカウト|15/10/22
 「パンチ力のある打撃が魅力の大型捕手。自肩も強くスケールの大きい選手」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況





 Comments
この記事へのコメント
頑張れ!期待してる!オリックスファン
| 匿名 | 2015年10月25日(Sun) 12:57 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する