松澤 裕介(香川オリーブガイナーズ)

ここでは、「松澤 裕介(香川オリーブガイナーズ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm85kg 左左 外野手 遠投120m 50m6秒0 誉高→朝日大 24歳
フルスイングを持ち味とする左の強打者。1年目から10発、最多43打点を記録した。北米遠征MVP。
2016年巨人育成8位(支度金300万円、年俸240万円)

  動 画

  打撃成績

      試合 打率  打  安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15年: 68 .275 255  70 9 1 10 43 46 23 1  .335  .435
   16年: 65 .253 237  60 8 3 2 17 29 27 2  .330  .338
   通算: 133 .264 492 130 17 4 12 60 75 50 3  .332  .388
    ※ 15年:打点王 15年:北米遠征MVP

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打  安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率
   13秋: 9 .300  20  6 1 1 0 0 3 3  .391  .450
   14春: 7 .375  16  6 1 1 0 5 4 2  .444  .563
   14秋: 10 .320  25  8 0 1 0 5 2 4  .414  .400
   通算: 26 .328  61  20 2 3 0 10 9 9  .414  .459(不明分除く)

  最新記事

 ■ ガイナーズ松澤選手が仮契約(NHK高松放送局) 16/11/22

 先月行われたプロ野球のドラフト会議で巨人から育成枠の8位で指名された四国アイランドリーグplus、香川オリーブガイナーズの松澤裕介選手が、21日球団と仮契約を結びました。松澤選手は、21日高松市内で球団との入団交渉に臨み、契約金にあたる支度金が300万円、年俸240万円で仮契約を結びました。松澤選手は、愛知県出身の24歳。長打力と強肩を兼ね備えた外野手で、去年のドラフト会議でも巨人から育成枠で指名を受けましたが、けがのため入団を辞退していました。交渉のあとの記者会見で松澤選手は「去年のけがもあり、いまは、やっとここまで来られたという思いです。1日も早く1軍に上がって 恩返しできるようにプレーしたい」と意気込みを語りました。また、巨人の編成本部で調査担当の野間口貴彦さんは「去年のけがで ことしの成績はやや落ちたが、成績以上に遠くに飛ばせる能力を持っている。巨人のチーム事情を踏まえると左打ちで長打が打てるバッターがほしいのでがんばってもらいたい」と激励しました。

 ■ 育成ドラ3松沢の入団辞退を了承(スポーツ報知) 15/11/20

 巨人は20日、育成ドラフト3位で指名した四国アイランドリーグ・香川の松沢裕介外野手(23)から入団辞退の申し入れがあり、了承したと発表した。松沢は181センチ、83キロ、左投げ左打ちで、今年は四国ILで68試合に出場。リーグ2位の10本塁打を放ち、パンチ力のある打撃を評価されて指名を受けた。香川の球団公式ホームページによると、入団辞退の理由は左手手指関節じん帯損傷により、治療に時間を要するため。同サイト上で「この度怪我の為、入団を辞退させて頂くことになり、応援して頂いた皆様、申し訳御座いません。早く怪我を治して来年もう一度指名をして頂けるよう頑張りますので、これからもご声援宜しくお願いします」との本人のコメントを発表した。

 ■ 松沢選手の長打力魅力 巨人育成(モバイルGIANTS) 15/10/29

 ドラフト会議で西武から10位指名された香川オリーブガイナーズの松本直晃投手(24)と、巨人に育成ドラフトで指名された松沢裕介選手(23)が、両球団スカウトのあいさつを受けた。松沢選手は28日、同市内の球団事務所で巨人の渡辺政仁スカウトと会った。松沢選手は入団1年目ながら打点王(43打点)を獲得した打撃が売り。渡辺スカウトは「長打力が魅力だが、守備もうまい」と評価。松沢選手は「1軍に上がり、東京ドームでホームランを打ちたい」と意気込んだ。

  プロフィール

 愛知県春日井市出身。
 松澤 裕介(まつざわ・ゆうすけ)外野手。
 勝川小時代から軟式野球を始め、中部中では春日井シニアに所属。

 誉高では1番・中堅手レギュラーとして活躍。
 3年夏の愛知大会は西春高校に3打数1安打0打点、1対4で敗れ3回戦敗退に終わった。
 県大会4強が最高成績。甲子園経験は無し。

 朝日大時代にタイトル獲得などの実績は無し。
 4年秋に3試合11打数5安打の活躍で東海選手権・準優勝(中部王座4強敗退)を達成した。
 チームメイトとして2学年下に倉内誠志遊撃手ら。

 香川オリーブガイナーズでは1年目から中堅手でレギュラー。
 主に5番で打率.275、68戦43打点の活躍を演じ、最多打点、ベストナインのタイトルを獲得する。
 8月に入って6本塁打量産と調子を上げ、同僚の中川竜也に次ぐ10発をマーク。
 四国リーグ選抜チームで北米遠征を経験し、打率.322(19安打)本0点8でMVPを受賞した。
 8月7日に行われた徳島インディゴソックス戦で右越えの逆転サヨナラ2ランアーチ。
 翌日の同カードで右越えソロ&左越えソロ、9月6日の高知戦で中越え10号弾を放っている。
 この活躍が認められて巨人から育成3位指名を受けるもケガにより入団を辞退。
 手術を経て2年目シーズンに臨んだが、本調子に無く、65試合で打率..253本2点17に留まった。
 通算133試合、打率.264、130安打、12本塁打、60打点、3盗塁。

 181cm85kg、ガッチリとした強肩強打の外野手。
 通算12本塁打(左2、中1、右9)、長打力のある左の強打者。フルスイングで強い打球を飛ばす。
 1年目から5番センターでレギュラー。2年目は主に3番打者(終盤4番)を任された。
 勝負強いバッティングで1年目にリーグ最多43打点をマーク。外野ベストナインを獲得している。
 遠投120mを計測する強肩を備えた中堅手(その他ライト)。133試合で失策9個。
 2015年ドラフト後の健康診断で怪我が判明し、左手手指関節靱帯の腫瘍除去手術を受けた。
 通算133試合で75三振、50四死球。50m6秒0。

  スカウトコメント

巨人・野間口貴彦編成本部調査担当|16/11/22
 「去年のけがで ことしの成績はやや落ちたが、成績以上に遠くに飛ばせる能力を持っている。巨人のチーム事情を踏まえると左打ちで長打が打てるバッターがほしいのでがんばってもらいたい」
巨人・渡辺スカウト|15/10/29
 「長打力が魅力だが、守備もうまい」
巨人スカウト|15/10/22
  「体に馬力があり、攻守に安定した能力がある選手。肩力も良く、送球の安定性もある。広角に長打力のある打撃ができ、将来の左の大砲候補として期待」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況





 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する