鳥巣 誉議(上武大)

ここでは、「鳥巣 誉議(上武大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



鳥巣 誉議(上武大)

177cm72kg 右左 三塁・二塁 久留米商
ミート力のある左の好打者。アベレージタイプの三塁手。2年秋に打率.421で首位打者を獲得した。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14春: 8 .414  29 12 3 0 0 2 3 5 1  .500  .517(3位)
   14秋: 5 .368  19  7 0 0 0 1 5 4 2  .478  .368(5位)
   15春: 13 .340  47 16 1 1 1 8 3 11 4  .466  .468(6位)
   15秋: 10 .421  38 16 2 1 1 12 3 5 1  .488  .605(1位)
   16春: 12 .174  46  8 2 1 0 7 6 8 1  .296  .261
   16秋: 9 .167  30  5 2 0 1 4 5 8 2  .342  .333
   17春: 11 .325  40 13 3 2 0 11 2 6 5  .413  .500(9位)
   通算: 68 .309 249 77 13 5 3 45 27 47 16  .419  .438
    ※ 15秋:首位打者 17春:打点王 14春15春秋17春:ベストナイン(三塁) 14春:新人賞

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14神: 1 .000  2  0 0 0 0 0 0 2 1  .500  .000
   15選: 4 .500 12  6 1 0 0 2 2 2 2  .571  .500
   15神: 3 .154 13  2 0 0 0 2 3 0 0  .154  .154
   16選: 3 .250 12  3 0 0 0 1 0 0 0  .250  .250
   16神: 3 .100 10  1 0 0 0 1 3 1 0  .182  .100
   17選: 3 .385 13  5 1 0 0 3 1 0 1  .385  .462
   通算: 17 .274 62  17 2 0 0 9 9 5 4  .328  .306

  最新記事

 ■ 先頭打者を志願 主将・鳥巣がV打(西日本スポーツ) 17/6/7

 上武大は、延長10回1死満塁からのタイブレークの先頭打者を託された主将の鳥巣が、逆方向の左前に打ち返す決勝の2点打。この大学選手権のタイブレークは、最初の延長10回は打者が自由に選べるルールとなっている中、「(10回は)自分から行かせてくださいと言った。これまで打てなくてチームに迷惑をかけたので、どんどん振っていこうと思った」。1回には中前への打球を好走塁で二塁打にし、先制につなげた。全員が丸刈りになって臨んだチームを、バットでけん引した。

 ■ 上武大・鳥巣 左の3番 巧打復活(西日本スポーツ) 17/5/31

 島田とともに上武大打線を引っ張るのが、3番三塁の鳥巣誉議だ。高いミート力を誇る左の巧打者で1年時から主力。2年秋のリーグ戦では首位打者にも輝いた。昨年は右肩痛の影響もあって春秋ともに打率1割台と低迷。冬場は多い日で1日3000スイングをこなすなど徹底して振り込んだ。長打を欲しがるあまり肩が開きがちだった悪癖も修正。今春は打率3割2分5厘をマークしただけでなく、最多打点も記録するなどポイントゲッターの役割も果たした。
◆ 鳥巣誉議(とりす・たかのり)
 1995年5月1日生まれの22歳。福岡県久留米市出身。卒業後は社会人でのプレーを希望。

 ■ 上武大・鳥巣 2H2打点(西日本スポーツ) 15/11/14

 上武大の初戦突破に貢献したのは福岡・久留米商高出身の2番鳥巣だった。先制打を含む2安打2打点初回無死二塁で左前適時打7回2死二塁では、中前適時打で7点目をたたき出した。今春の全日本大学野球選手権は準決勝で早大に2-11で7回コールド負け。互いに勝ち上がれば、準決勝で再戦するだけに「何とか早稲田ともう一度やりたい」と意気込んだ。

  最新記事

 福岡県久留米市出身。
 鳥巣 誉議(とりす・たかのり)三塁手。
 荒木小学校2年から軟式野球を始め、荒木中では三潴ファイターズに所属。

 久留米商では1年時からベンチ入り。
 2年春秋、3年春の九州大会に遊撃手で出場し、3年春に55年ぶり3度目の優勝を成し遂げた。
 リードオフマンとして打率.500(22打数11安打)、0本塁打5打点の活躍を披露。
 決勝・文徳戦(延長13回6対5)で満塁走者一掃の中越え先制スリーベースを記録している。
 3年夏は16打数6安打の活躍及ばず、自由ケ丘に3対5で競り負け5回戦敗退。
 7回コールド勝利を収めた3回戦・福岡工業戦で右翼席に叩き込む先制2ラン本塁打を放った。
 県大会V、九州Vが最高成績。甲子園経験は無し。

 上武大進学後は1年春からレギュラー。
 10試合中8試合に三塁手としてスタメン出場し、打率.414(3位)の好成績でベストナインに輝く。 
 以降7季で4度ベストナインを受賞し、通算打率.309、249打数77安打を記録。
 2年秋に打率.421の好成績で首位打者賞、肩痛明けの4年春に11点で打点王を獲得した。
 全国大会には2・3・4年春(4強)選手権、1年秋、2・3年秋(4強)神宮に出場。
 上位打線(3番9、2番6、1・5番1)で起用され、計62打数で17安打、点9盗4の結果を残した。
 2年春1回戦・第1打席で低め変化球をしぶとくセカンド後方に落とす右前安打。
 続く2回戦・東農大北海道オホーツク戦で左腕の外スラを左前に飛ばす適時打を放っている。
 2年秋1回戦で先制左安(高め直球)、適時右安(内低め141㌔直球)を記録。
 4年春2回戦・10回TBの先頭を志願して務め、外直球を左前に弾き返す2点打をマークした。
 2年春1回戦、4年春2回戦でセンター横へのゴロを2塁打にする好走塁を披露。
 その他、2年秋の横浜市長杯で敢闘賞(決勝戦で右越えソロなど2長打)受賞の実績を残した。
 通算68試合、打率.309、77安打、3本塁打、45打点。

 177cm72kg、打撃センスが魅力の三塁手。
 関甲新リーグ通算打率.309、ミート力ある左の好打者。コースに逆らわず広角に打ち分ける。
 主に1番から3番の上位でプレー。7季68試合で通算77安打を積み上げた。
 左打者で一塁到達4.1秒強から4.3秒前後。まずまずの脚力で隙があれば次の塁を狙う。
 アベレージタイプの三塁手。リーグ戦で3発、横浜市長杯で1発を記録した。
 久留米商業時代は遊撃手として活躍。上武大では1年春から三塁手でレギュラーを務める。
 通算68試合で11失策(1年秋に5失策)、16盗塁。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-06-28(水)|2017年大学生野手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生野手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑