吉川 貴大(大阪商業大)

ここでは、「吉川 貴大(大阪商業大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm79kg 右右 MAX147km スライダー・フォーク・カーブ 開星高
最速147㌔の伸びのある直球と縦スラ、フォーク。プロ注目右腕。中国大会で2完投勝利を記録した。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

   16春     回数 被安 奪三 四死 自責
   八学光星 先   8  10  3  4  4 147㌔ ●

  最新記事

 ■ 開星、春夏連続ならず 立正大淞南に完封負け(asahi.com) 16/7/23

 春夏連続を狙った開星が島根大会準決勝で立正大淞南に敗れた。エース吉川が五回に押し出し死球で先制を許して降板。左腕岡崎が救援したが、守備の乱れもあってこの回計4失点。六回にも3点を失った。打線は相手の島の伸びのある直球を打ちあぐね8三振を喫して零封負け。県内でしのぎを削ってきた両校。立正大淞南の太田監督は「吉川君の高めの直球を振らないと決めていた。この展開は想像していなかった」。

   16夏予         回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:松江農林 先  5.1  3  8  1  0
   3回戦:島根中央 先  7.1  5  6  2  2
   準々決:浜  田 先  5.1  8  7  1  2 
   準決勝:立正淞南 先  4.1  2       4…1死満塁から死球を与えて降板
              22.1  18       8 防3.22(失点から計算)

 ■ 開星・吉川、MAX更新147キロも…(デイリースポーツ) 16/3/21

 プロ注目右腕の開星・吉川貴大投手が8回10安打6失点と打ち込まれ、初戦で涙を飲んだ。初回、先頭打者への四球から2死三塁のピンチを背負うと、打ち取った当たりが不運な一塁適時内野安打となって先制を許す。二回には4安打を集中されて2失点。中盤にも失点を重ねた。それでも直球は自己最速を4キロ更新する147キロをマーク。スライダー、フォークも随所で決まった。吉川は「悔しいです。立ち上がりは力が入ってしまった。もっと球の質を良くしたい」と夏に向けての成長を誓った。

 力を入れたときには140㌔台を計時。147㌔、145㌔が1球ずつありました。平均136㌔(初回141㌔)。

 ■ 公式戦防御率1.71 吉川貴大投手=2年(毎日新聞) 16/2/9

 吉川貴大(よしかわたかひろ)投手(2年)は、エースとして昨秋の県大会で全5試合に先発。中国大会も全3試合を1人で投げ抜いた。公式試合での防御率は1・71を誇る。 140キロ前後の直球で三振を奪う本格派の右腕カーブ、スライダー、フォークと球種も多彩で、カットボールとチェンジアップにも取り組む1年生の夏に右肘を故障し、手術を受けた。不安が募ったが、「甲子園に行くためにここまでやってきた」と気持ちを切り替えた。練習再開までの約3カ月間、下半身強化に努めた。フォーム改善や精神的な成長につながり、今では「けがの功名」と振り返る。普段は穏やかだが、「ピンチで動じない」とチームメートの信頼は厚い。基礎体力作りに励み、昨年11月から体重を10キロ以上も増やした。スピードに磨きをかけ、スタミナ強化も目指す。

   15秋           回数 被安 奪三 四死 失点
   島根2回戦:大  東 先  4.2          0
     3回戦:松江南高 先   9  3  11  0  1
     準々決:立正淞南 先  8.2          4
     準決勝:出  雲 先   9  7  9  1  0封
     決 勝:大  社 先   7  10       3
   中国1回戦:広島新庄 先   7  4  8  4  0封
     準々決:出  雲 先   9  8  6  3  4
     準決勝:創志学園 先   9  8  6  3  5
                63.1  51  53  19  17 防1.71
             被安打率7.25 奪三振率7.53 四死球率2.70

  プロフィール

 島根県松江市出身。
 吉川 貴大(よしかわ・たかひろ)投手。
 竹矢小時代に軟式野球を始め、開星中では軟式野球部に所属。

 開星高では2年春から公式戦に出場。
 県大会準々決・立正大淞南の先発を任され、2安打に抑える好投で初完封勝利を記録する。
 エースナンバーを獲得した2年秋に県大会準V、中国大会ベスト4進出を達成。
 県大会3回戦・松江南戦で1失点完投勝利、準決・出雲戦で7安打9K完封勝利を挙げた。
 堀瑞輝と投げ合った中国大会1回戦で7回4安打8K、7対0完封勝利をマーク。
 同試合6回の打席で右指を負傷しながらも、翌日の出雲戦で4失点完投勝利を収めている。
 翌年春選抜1回戦・八学光星高戦は、ボール先行の投球で6失点完投負け。
 初回に自己最速147㌔をマークしたが、10安打を浴び、記録に残らない失策も絡んで敗れた。
 続く春季県大会で2年ぶりVを遂げ、中国大会で12回15三振、防1.50を記録。
 3年夏予選は立正大淞南に4.1回2安打4失点(押し出し死球で降板)で敗れ4強にとどまった。
 2学年上のチームメイトに恩田和季持田隆宏ら。

 180cm79kg、プロ注目の最速147㌔右腕。
 ワインドアップから重心を下げて早めに着地し、右ヒジを柔らかく使った腕の振りから投げ込む
 最速147㌔の真っすぐと、110㌔台の縦スライダー、130㌔前後のフォーク。
 常時130㌔台前半から140㌔前後の伸びのある直球にスライダー、フォークを織り交ぜる。
 高め傾向の真っすぐなどバラツキのある制球が課題。被安打がやや多い。
 冬場の体作りで10キロ以上の体重増を達成。3年春選抜で自己最速147㌔を叩き出した。
 1年時に肘手術を経験している。遠投120m。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-12-11(日)|2020年大学生投手 | 関西六大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
3/21 VS八戶光星-伊藤優平 145km
| 兄弟胖 | 2016年03月21日(Mon) 13:56 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 関西六大学 コメント(1) Page Top↑