諸永 秀幸(パナソニック)

諸永 秀幸(パナソニック)

ここでは、「諸永 秀幸(パナソニック)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



172cm68kg 右左 遊撃・二塁 50m6秒2 鎮西→東農大北海道オホーツク 2年目
守備力の高いショート兼セカンド。左右に打ち分ける左打者。社会人1年目秋から1番・ショートを担う。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率
   17都: 2 .000  6  0 0 0 0 0 3 1  .143  .000
   17日: 3 .250  12  3 0 1 0 1 3 0  .250  .417
   通算: 5 .167  18  3 0 1 0 1 6 1  .211  .278

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 本 点
   15春: 10 .433  30 13  0  7(3位)
   15秋: 10 .447  38 17  0  9(2位)
   16春: 9 .222  27  6  0  6
   通算: 29 .379  95 36  0 22(不明分除く)
    ※ 16春:MVP 15秋:ベストナイン(遊撃)

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   14神: 3 .111  9  1 0 0 0 0 0 0 0  .111  .111
   15選: 2 .333  6  2 1 0 0 1 1 0 0  .333  .500
   16選: 1 .000  3  0 0 0 0 0 1 1 0  .250  .000
   通算: 6 .167 18  3 1 0 0 1 2 1 0  .211  .222

  最新記事

 ■ 東農大北海道エース風張温存も井口好投4強(日刊スポーツ) 14/11/18

 守って、守って、歴史に並んだ。大学の部で東農大北海道が初の4強入りを果たした。先発した井口和朋投手(3年=武相)が6回を2安打8奪三振で無失点。鉄壁の内野守備も投手をもり立てた。6回無死三塁で、二ゴロをさばいた諸永秀幸二塁手(2年)が、迷わずホームへ送球。瞬時の判断と正確なスローイングで同点を阻止した。樋越勉監督(57)は「冬の間、屋内施設で内野だけのリーグ戦をやって鍛えてきた」と、持ち味を発揮しての勝利にご満悦だった。

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17年: 25 .204 49 10 0 1 0 5 9 3 0  .250  .245

  プロフィール

 福岡県筑紫野市生まれ。
 諸永 秀幸(もろなが・ひでゆき)遊撃手。
 二日市北小学校1年から軟式野球を始め、東福岡自彊館中では軟式野球部に所属。
 中3夏に三塁手として県大会優勝を経験した。

 鎮西高では1年春から遊撃手でレギュラー。
 旧チームから3番バッターとしてチームを引っ張り、2年夏から3季続けて県ベスト8まで勝ち進んだ。
 2年夏の熊本大会4試合で打率.333(12打数4安打)0本塁打7打点をマーク。
 3年夏の県大会は専大玉名に4打数1安打、延長10回3対5で競り負け3回戦敗退に終わった。
 県大会8強が最高成績。甲子園経験は無し。

 東農大北海道では下級生時代からセカンドでレギュラー。
 3年時春のリーグ戦で10戦13安打、本0点7の結果を残し、打率.433で初の十傑入りを果たす。
 遊撃に回った3年秋に打率.447(2位)9打点、17安打でベストナインを初受賞。
 2点打を放つなど代表決定戦でも奮闘したが、道都大学に2連敗で神宮大会進出を逃した。
 4季連続リーグVを達成した4年春(打率.222本0点6)にMVPのタイトルを獲得。
 151㌔腕・吉田雅貴と対戦した函館大1回戦で優勝を決める勝ち越し左安をマークしている。
 全国大会には2年秋の神宮(ベスト4)、及び3、4年春の全日本選手権に出場。
 6番(2年秋)、2番(3、4年春)で先発を務め、2年秋準々で再三のセカンド好守備を見せた。
 6回1死3塁からのゴロを前進して捌き、正確なスローイングでホーム補殺を記録。
 同8回表1死からの二遊間ヒット性の当たりで、一塁アウトにする軽快なプレーを披露している。
 9回無死1、3塁から二遊間への打球を捕球してそのままグラブトスで二塁封殺。
 打者としては3年春初戦で西村拓真の外高め142㌔を左中間に弾き返す適時2塁打を放った。
 2学年上に玉井大翔、1学年上に井口和朋樋越優一ら。

 パナソニックでは1年目から公式戦に出場。
 都市対抗予選途中で9番・遊撃手の座を掴み、日本選手権予選途中から1番打者を務める。
 全国大会全5戦に遊撃手として出場し、秋の日本選手権で3戦3安打を記録。
 日立製作所で右越えのスリーベースをマークし、新薬戦でセーフティバント安打(3秒9)を放った。
 二大大会5試合、打率.167、3安打、1打点。

 172cm68kg、好守が魅力のショート兼セカンド。
 高い守備力を生かして1年目から正遊撃手として活躍。打球への反応がよく守備範囲が広い。
 正確な送球で補殺を記録。鎮西高校時代プロ複数球団から注目されていた。
 クセの少ないスイングで打ち分ける左の好打者。1・2番打者を担い、バントなどの小技をこなす。
 50m6秒2、一塁到達4.1秒台の脚力の持ち主。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-01-29(月)|2018年社会人野手 | 北海道学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年社会人野手 | 北海道学生 コメント(0) Page Top↑