平尾 奎太(Honda鈴鹿)

ここでは、「平尾 奎太(Honda鈴鹿)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



188cm82kg 左左 MAX145km 大阪桐蔭→同大 1年目
角度のある直球とチェンジアップ。4年秋にベストナイン受賞。腎臓の病を克服して通算8勝を挙げた。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   13春:        登板無し
   13秋:        登板無し
   14春:        登板無し
   14秋:        登板無し
   15春: 3 0勝0敗  2.1  1  2  5  1  3.86
   15秋: 7 1勝0敗  15.2  16  11  3  1  0.57
   16春: 8 3勝3敗  40.2  35  24  14  12  2.66(6位)
   16秋: 7 4勝1敗  45.2  25  43  15  7  1.38(2位) 
   通算: 25 8勝4敗 104.1  77  80  37  21  1.81
         被安打率6.64 奪三振率6.90 四死球率3.19
    ※ 16秋:ベストナイン

投手成績詳細

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責 
   関学大    0.2  1  1  2  1
          0.2  0  1  1  0
   立命大     0  1  0  0  1
          2.1  1  2  5  2 防7.71
      被安打率3.86 奪三振率7.71 四死球率19.29

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   近 大    0.1  0  1  0  0
   京 大     2  2  0  0  0
   関 大    0.2  2  0  1  1
   関学大 先   9  8  5  1  0 ○封
          0.1  1  1  0  0
   立命大     2  1  1  1  0
          1.1  2  3  0  0
         15.2  16  11  3  1 防0.57
      被安打率9.19 奪三振率6.32 四死球率1.72

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責 
   関西大     1  2  0  2  3 ●
       先  7.2  8  4  4  3 ●
   近畿大 先   9  6  3  4  0 ○封
   京都大 先   9  2  9  0  0 ○封
   同 大 先   6  7  3  3  3 ●
           2  2  2  0  0 ○
   立命大     2  5  2  0  3
           4  3  1  1  0
         40.2  35  24  14  12 防2.66
      被安打率7.75 奪三振率5.31 四死球率3.01

  最新記事

 ■ 同大V王手!藤浪の高校同級生が白星 IgA腎症を乗り越え(デイリースポーツ) 16/10/22

 同大が立命大を下し、11年秋以来、5年ぶりのリーグ制覇に王手をかけた。1、2年時の難病を乗り越え、大一番の先発マウンドを託された平尾奎太投手が七回途中1失点の好投。リーグ4連覇を目指す立命大は崖っぷちに立たされ、関学大に敗れた関大は立命大とのプレーオフへわずかな望みをつなぐ。大一番で勝利投手となった平尾奎は「支えてくれた人に感謝して」と、七回途中1失点の好投。高2の秋に特定疾患のIgA腎症にかかり、大学1、2年時は運動禁止に。そこから完全復活し、ラストシーズンで優勝に王手をかけた。大阪桐蔭で阪神・藤浪と、オリックスから8位指名を受けた立大・沢田と同級生だった左腕社会人野球に進む予定で「2人を追って自分もプロを目指したい」と力を込めた。
 来春以降は社会人のホンダ鈴鹿で野球を続ける予定だ。(日刊スポーツ16/10/10)

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   近畿大     1  0  1  0  0
       先   6  3  3  2  2 ●
   関 大 先  7.1  2  10  5  2 ○
   京都大 先   9  4  11  1  0 ○封
   関学大 先  7.1  4  3  4  2 ○
   立命大 先  6.1  6  6  2  1 ○
       先  8.2  6  9  1  0 
         45.2  25  43  15  7 防1.38
      被安打率4.93 奪三振率8.47 四死球率2.96

 ■ 完封勝利の同大・平尾奎、打線の援護は「2点あれば十分」(SANSPO) 16/10/5

 第5節第2日(京大0-2同大)同大の平尾奎はコーナーに投げ分け、4安打で完封した。切れのあるスライダーを軸に11三振を奪い「全体的に変化球をコントロールできた」と納得顔。打線の援護は一回の2点のみだったが「2点あれば十分だと思っていた」と涼しげに振り返った。渋谷監督も「すごい下半身が強化されて、制球がよくなった」と好投をたたえた。

 ■ 藤浪ら仲間に支えられた…同大・平尾奎 病克服し今春初先発(スポニチ) 16/4/10

 同大の平尾奎太投手が感謝の心を胸に先発マウンドへ上がった。関大戦で今春リーグ戦初先発。1点リードの6回、安井に右翼席へ同点ソロを浴びた。7回2/3を3失点。大阪桐蔭時代の仲間に喫した手痛い一発に「打たれて一番悔しい相手」と唇を噛んだ。大阪桐蔭に在籍した11年秋に腎臓の病を患い、複数回の入退院を繰り返した。練習ができない半年間。折れそうな心を支えてくれたのは仲間だった。同年秋の大阪大会を制した後、藤浪(阪神)、白水(同大主将)らが優勝旗を手に西谷浩一監督とともに病床にやってきた。練習場から度々電話もくれた。「励ましがうれしかった」と感謝する。当時、担当医からはマネジャーになるよう勧められたが、選手に強くこだわった。大阪桐蔭は12年春夏の甲子園大会を連覇。聖地での登板こそなかったが、ベンチで歓喜を味わった。大学入学後は治療に専念。入退院を繰り返しながら、2年間は公式戦の応援や裏方に徹した。15年3月末に実戦復帰すると、昨春は中継ぎでリーグ戦デビュー。昨秋の関学大戦でリーグ戦初先発を初完封で飾った。渋谷卓弥監督は「本来なら藤浪君のようになってもおかしくない素材」と話すように、病気の不安がなくなった今、先発の軸として期待がかかる。

  プロフィール

 大阪府泉佐野市生まれ。
 平尾 奎太(ひらお・けいた)投手。
 小学2年時から軟式野球を始め、佐野中では軟式野球部に所属。

 大阪桐蔭では2年春からベンチ入り。
 藤浪晋太郎(阪神2012年1位)の控えを務め、3年春夏の甲子園連覇(登板なし)を経験した。
 2年秋に判明した腎疾患の影響により、大阪桐蔭時代に目立った実績は無し。
 3年夏の大阪大会5回戦・生野工業戦で5回コールド2安打5奪三振0封勝利をマークしている。
 同学年のチームメイトに藤浪晋太郎澤田圭佑ら。

 同大進学後3年3月から本格的な練習を再開。
 3年秋の関学2回戦でリーグ戦初先発を任され、8安打5対0完封の粘投で初勝利を記録する。
 4年春に8戦(先発4)3勝3敗、40.2回13失点、防2.66で初の十傑入りを達成。
 近大2回戦で6安打4四死球3K完封勝利、京大2回戦で2安打無四球完封勝利を挙げた。
 続く秋のリーグ戦で4勝(1封)、防1.38をマークし、ベストナインのタイトルを獲得。
 主に2番手で45.2回25安打(率4.93)、43三振(率8.47)、15四死球(率2.96)の結果を残した。
 通算25試合、8勝(4完投4完封)4敗、104.1回、防御率1.81。

 188cm82kg、最速145㌔直球を持つ大型左腕。
 ノーワインドアップから投げ込む最速145㌔の角度のある真っすぐとチェンジアップなどの変化球。
 早くから期待されながら腎疾患の影響で高校3年間を活躍できずに終えた。
 大学3年春になって復帰。8割の状態としながらも3年秋の立命大戦で142㌔を計測している。
 被安打率6.64、奪三振率6.90、四死球率3.19。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-12-16(金)|2018年社会人投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年社会人投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑