宮里 豊汰(立正大)|ドラフト・レポート

宮里 豊汰(立正大)

ここでは、「宮里 豊汰(立正大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



宮里 豊汰(立正大)

174cm83kg 右右 一塁・三塁 遠投100m 50m7秒0 常総学院
豪快な打撃が魅力の右打者。高1秋の関東大会で打率.538本2マーク。藤平から逆転弾を放った。

  動 画

  打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春: 1 .250  4  1 0 0 0 1 0 1 0  .400  .250
   16夏: 4 .214 14  3 1 0 0 1 1 4 0  .389  .286
   通算: 5 .222 18  4 1 0 0 2 1 5 0  .391  .278

  最新記事

 ■ 昨夏甲子園8強の常総学院、ノーシード校・藤代に苦杯(asahi.com) 17//7/23

 茨城大会連覇を目指す常総学院がノーシードの藤代に敗れ、準々決勝で姿を消した。同点で迎えた三回、宮里の左越え2点本塁打でリードを奪った。その後も加点したが、先発の柴山がマウンドを降りた八回に追いつかれ、延長に突入した。十回、継投の3投手が打ち込まれ、暴投や四球も絡み勝ち越しを許した。昨夏は甲子園ベスト8に進出したが、昨秋の県大会は初戦負け、春も2回戦で敗退した。絶対的なエースが不在の中、今大会は甲子園経験者の宮里と主将陶山を中心とした打線の活躍と、投手陣の継投で接戦をものにしてきた。試合後、佐々木監督は「夏までに一本立ちする投手がでなかった」と悔しさをにじませた。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 長打率
   17夏予: 4 .333 15  5 0 0 1 3  .533

 ■ 常総学院・宮里「借り返す」昨夏4番で甲子園(日刊スポーツ) 17/7/5

 昨夏も4番として甲子園に出場した常総学院(茨城)宮里豊汰内野手が頂点を狙う。1年秋の関東大会では当時の横浜のエース藤平(現楽天)からも本塁打を放った。高校通算25本塁打の主砲に佐々木力監督も「前に出た走者をかえす長打力に期待」と信頼を寄せる。「秋と春に悔しい思いをしたので、その借りを返したい」と再び甲子園の地に立つことを誓う。

 ■ 夏へ雪辱誓う 常総学院(2年)宮里豊汰選手(東京新聞) 16/3/21

 「初回が良すぎた。リラックスしすぎたのかも。最後まで立て直すことができなかった」。初回に先制の右前適時打を放った宮里豊汰選手は初めての甲子園の試合をうつむきながら振り返った。今大会前は「左方向へ引っ張る打撃だけでは今後が厳しい」と右方向への打撃を心掛けた先制打は、狙っていた変化球を狙った右方向へ打ち返すというこれまでの練習の成果が結実した会心の一打だった。ただ、2打席目以降は快音を響かせることはできなかった。相手が変化球中心から直球主体の投球に変えたのに対応できなかった。「大会前に相手を研究してきたが、ビデオより球に伸びがあった」と語った。「初回の後、次の試合を考えたのがいけなかった。甲子園では先のことを考えず、一試合一試合全力を尽くすことが大事だと実感した。夏にリベンジする」と雪辱を誓った。 

過去記事

 ■ 常総学院・宮里、プロ注目須磨翔風の才木からV弾(日刊スポーツ) 16/3/18

 常総学院が須磨翔風と練習試合を行い、4番の宮里豊汰内野手(2年)のソロ本塁打で1-0で勝利した。相手マウンドはプロ注目の才木浩人投手(3年)だった。DeNA、ヤクルト、オリックスの3球団が訪れる右腕に対しても、宮里は臆することはなかった。5回裏の第2打席でソロ本塁打を放ち、「自信になりました」と胸を張った。

 ■ 常総学院の2年生4番・宮里、15スイングでサク越え4本(スポーツ報知) 16/3/17

 第88回センバツ大会の甲子園練習が17日、行われ、昨春8強の常総学院の2年生4番・宮里豊汰内野手が打撃練習の15スイングで4本のサク越えを放った。左翼席ポール際に運ぶと、バックスクリーンの右、左と打ち分け、最後は左中間に放り込んだ。「(1本目は)先っぽだった。気持ちよかった」と笑顔を見せた。174センチと飛び抜けた上背はなく、高校通算はまだ5発だが、飛距離はチームNO1。本番に向けて「本塁打を打ちたい。打てれば、どこでもいい」と豪快なアーチを予告した。

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15秋茨城: 4 .500 12  6 0 1 0 2 1 1 0  .538  .667
   15秋関東: 4 .538 13  7 1 0 2 6 2 6 0  .684 1.077
   15秋公式: 8 .520 25 13 1 1 2 8 3 7 0  .625  .880

■ 常総学院・宮里 技&力兼備のスラッガー(デイリースポーツ) 15/11/11

 技も力も兼ね備えた打撃には、一見の価値がある。入学後半年とは思えないドッシリ感が、打席に立つ宮里からは漂う。常総学院で今秋からベンチ入り。いきなりクリーンアップに座ると、関東大会では堂々の働きを見せた。1回戦の横浜戦で、来秋ドラフト候補右腕の藤平から弾丸ライナーの逆転2ラン。決勝の木更津総合戦では、両翼99メートルと広い大宮公園野球場の左翼席に3ランを放り込み、最後の2打席は敬遠された。また、追い込まれれば、軽打でヒットゾーンに運ぶ柔らかさも披露。3、4番として全4試合で計7安打を放ち、打率.583、2本塁打、6打点で準優勝に貢献した。173センチを上背はないが、体重は80キロ。頑強な体格でパンチ力は飛び抜けている。憧れは巨人・阿部。自身とは違う左打者だが「足を上げるところは意識しています」と、打撃フォームの参考にしている。同学年で世代の先頭を走る早実・清宮の話題には「負けられない」とキッパリ。今秋の課題に守備力アップを掲げつつ「打撃しか自信がない。ホームランを打てる確率を増やしたい」と言った。

  プロフィール

 神奈川県川崎市出身。
 宮里 豊汰(みやざと・とよた)一塁手兼三塁手。
 小田小学校1年時から軟式野球を始め、田島中学校時代は中本牧シニアに所属。
 トヨタ車中で生まれたことに由来して「豊汰」と命名された。

 常総学院では1年秋からベンチ入り。
 打力を武器に一塁手レギュラーの座を勝ち取り、鈴木昭汰を擁して県準V、関東準Vを果たす。
 関東大会4試合13打数で7安打6四死球、打率.538本2点6の大暴れを披露。
 1回表に中フェン直2塁打、5回表に逆転左中間2ランと、1回戦で藤平から2安打をマークした。
 準々決で143㌔腕・片岡優大から2安打、準決勝・桐生第一戦で中前打2本。
 決勝戦・木更津総合戦で、先制犠飛、特大左翼中段3ラン、2四死球2敬遠を記録している。
 翌3月の練試で才木から一発を放ち、2年春(初戦)夏(8強)と甲子園を経験。
 春選抜で4番、夏選手権で主に3番を務めたが、計18打数で4安打、打率.222点2に留まった。
 選抜1回戦・鹿児島実戦(2対6)第1打席で外スラを右前に打ち返す先制打。
 選手権3回戦で寺島成輝の外141㌔ストレートをセンター右に弾き返す三塁打を放っている。
 2年秋、3年春を県2回戦敗退で終え、同年夏に予選8強(藤代に4対6)進出。
 一塁手兼三塁手、3・4番として全4戦に出場し、準々決・藤代戦で左越え26号2ランを放った。
 1学年上のチームメイトに鈴木昭汰ら。

 174cm83kg、飛ばす力が魅力の一塁手兼三塁手。
 高校通算26本塁打、豪快なスイングから長打を放つ右のスラッガー。1年秋から主軸を務める。
 1年秋の関東大会で高めに入ったストレートを逃さず2本塁打を記録。
 県営大宮公園野球場(中堅122m、両翼99m)で打った瞬間の左越え特大本塁打を放った。
 ミート力でも監督評価が高い。遠投100m、50m7秒0。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2017-12-14(木)|2021年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑