赤羽 陸(国士舘大)|ドラフト・レポート

赤羽 陸(国士舘大)

ここでは、「赤羽 陸(国士舘大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



赤羽 陸(国士舘大)

179cm70kg 右左 MAX145km スライダー・カット・ツーシーム 市和歌山
柔らかい腕の振りから繰り出される直球が武器。プロ注目スリークォーター右腕。制球に甘さが残る。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   17春: 4 0勝1敗   6  4  2  6  4  6.00二部
   17秋: 7 3勝1敗  36.2  36  19  17  7  1.72二部(6位)
   二部: 11 3勝2敗  42.2  40  21  23  11  2.32
         被安打率8.44 奪三振率4.43 四死球率4.85

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   16春: 1 先  8.2  11  5  4  3 143㌔ 南陽工業 ●
   16夏: 2    13  16  9  4  2
        先   9  11  5  1  1 144㌔ 星稜高校 ○
            4  5  4  3  1 143㌔ 日南学園 ●
   通算: 3   21.2  27  14  8  5 防2.08
       被安打率11.22 奪三振率5.82 四死球率3.32

投手成績詳細

   17春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   拓殖大     1  2  0  2  2
   駒澤大     1  0  2  1  0
   東農大     1  1  0  1  2 
   青学大     3  1  0  2  0 ●
           6  4  2  6  4 防6.00
      被安打率6.00 奪三振率3.00 四死球率9.00

  最新記事

 ■ 市和歌山 痛恨の6回…ミット当たり打撃妨害で同点、勝ち越された(スポニチ) 16/8/16

 市和歌山バッテリーにとっては痛恨の6回だった。この回から登板のエース赤羽が2死満塁のピンチを招き、日南学園の芳賀がスイングした際に捕手・岡本のミットが当たって打撃妨害に。さらに押し出し四球で2点を勝ち越された。岡本は「気持ちが高ぶって(ボールを)捕りにいってしまった」と後悔し、赤羽は「力んでコントロールできなかった」。今秋ドラフト候補右腕の赤羽は「プロを目指したい」とプロ志望届を提出する意向を示した。

   17秋2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   青学大 先  5.2  7  3  2  1
   駒澤大    3.2  2  1  2  1
   専修大 先   7  8  2  4  2 ○
           1  2  0  2  1
   拓殖大 先  6.2  5  6  4  0 ○
          3.2  5  1  1  1 ●
   東農大 先   9  7  6  2  1 ○
         36.2  36  19  17  7 防1.72
      被安打率8.84 奪三振率4.66 四死球率4.17

 ■ 145キロ右腕・赤羽、1回戦敗退のセンバツは「恥をかいた」(スポーツ報知) 16/8/1

 市和歌山のドラフト候補の最速145キロ右腕・赤羽陸が今春センバツのリベンジに燃える。1回戦の南陽工戦で8回まで無失点の好投も、球威の落ちた9回に一挙6点を失い敗戦。赤羽は「恥をかいた。情けない投球だった」と振り返る。センバツ後はカットボールを習得し、ツーシームに磨きをかけるなど、打たせて取る投球術を身に着けた。県大会では智弁和歌山や箕島といった強豪校に勝利し、甲子園切符をつかんだ。赤羽は「インコースの球で(打者を)つまらせる投球ができるようになった」と自信をのぞかせる。玉置隆を擁した市和歌山商時代の2004年以来、12年ぶりの夏勝利に向け視界良好だ。

   16夏予       回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:紀北工 先   9  6  9  4  0封
   準々決:和智弁 先  7.2  9  1  5  5
   決 勝:箕 島 先   9  2  6  5  0
             25.2  17  16  14  5 防1.75(失点から計算)
          被安打率5.96 奪三振率5.61 四死球率4.91

 ■ 市和歌山 県勢37年ぶり公立校で春夏連続出場(スポニチ) 16/7/29

 市和歌山が和歌山の公立校としては79年の箕島以来、37年ぶりの春夏連続出場。背番号13の2年生・藪井が8回1死二塁で決勝2ランを放ち「チームに貢献できてうれしい」と喜びを爆発させた。今秋ドラフト候補の最速143キロ右腕・赤羽は巨人阪神など4球団が視察する中、5四死球と制球に苦しみながらも要所を締めて2安打完封。「先に点をやらないことだけ考えて、粘りました。でも、ボールが先行したので70点ぐらいの出来」と苦笑いした。市和歌山商からの校名変更後、2度の甲子園で未勝利。エースは「まずは校歌を歌いたい」と春初戦敗退のリベンジを誓った。

過去記事

 ■ 市和歌山・半田監督「打てなかった」無念さ漂わせる(日刊スポーツ) 16/3/23

 11年ぶりの甲子園勝利を目指した市和歌山は、0-0の9回にエース赤羽陸(3年)の投球が乱れて6点を献上し、悔しい敗戦となった。8回までは赤羽がピンチを迎えても、バックが本塁突入を阻止。再三好守でもり立てた。「守りからリズムをつくり、バッティングにつなげる形はできていました」。市和歌山も中盤以降に得点圏に走者を進めたが、ホームが遠かった。完封負けで半田真一監督(35)は「打てなかったことにつきる」と無念さを漂わせた。ただ、赤羽には収穫も。1回に自己最速の143キロをマーク。「自信になりました。これから145キロを出せるようにしたい」と夏をにらんだ。
 2月のブルペンで右肘に痛みが生じ、練習でも50球程度に球数を抑えてきた。練習試合でも長いイニングを投げることはなく、7回終了時には「肘が上がらなくなって、疲れているなと感じた。疲れはあったけど、投げきるつもりだった」。(スポーツ報知)
 阪神・畑山統括スカウト補佐は「去年から体つきもしっかりしてフォームもよくなった。今後も見ていかないと」と話した。(デイリースポーツ)

 ■ キレのある直球140キロ 赤羽陸投手(2年)(毎日新聞) 16/2/10

 昨夏から急成長した。身長180センチの長身から投げ下ろすキレのある直球は最速140キロ制球にばらつきはあるが、スライダーやツーシームを織り交ぜて打者に的を絞らせない。半田真一監督は「ピンチになっても、ベンチを向いて助けを求めてこない」と気持ちの強さを買う。 課題は上体と下半身が連動したフォーム作りと球速アップなどのための体重増。ブルペンでは時折、ライバル、栗栖拓巳投手(2年)の投球をじっと見つめる。「フォームがきれいなので盗めるものは盗みたい」。チーム唯一のプロ志望選手。今年、広島から米大リーグ・ドジャースに移籍した前田健太投手に憧れる。

      試合  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率
   15秋公: 7  42.2  29  34  18  6  1.27  6.12  7.17  3.80
   15秋全: 21 108.2  69  89  39  13  1.08  5.71  7.37  3.23

   15秋近畿      回数 被安 奪三 四死 自責
   1回戦:平城高 先  4.2  1  5  5  0
   準々決:明石商 先   6  3  1  5  1
             10.2  4  6  10  1 防0.84
          被安打率3.38 奪三振率5.06 四死球率8.44

  プロフィール

 和歌山県和歌山市出身。
 赤羽 陸(あかば・りく)投手。
 西脇小1年時から軟式野球を始め、西脇中時代は軟式野球部に所属。

 市和歌山では2年春からベンチ入り。
 2年秋の新チームになってエースの座を獲得し、防1.27の好成績で県V、近畿8強入りを果たす。
 四死球率3.80と制球に苦しみながらも、42.2回を11失点に抑える粘投を披露。
 11戦中7試合(1完0封)に先発として登板し、2次予選1回戦で6回11対1完投勝ちを収めた。
 近畿大会初戦・平城戦(5回13対1)で、4.2回1安打5K5四死球1失点を記録。
 同準々決勝・明石商業(7回0対7で敗戦)で6回3安打5四死球1失点の好投を演じている。
 翌3年春選抜1回戦・南陽工業戦は、9回途中6失点、0対6完封負けで敗戦。
 ヒジ痛明けで143㌔を計測したが、粘りの投球も及ばず、9回表一挙6失点(3ラン)で敗れた。
 同年夏に2完封(2回戦、決勝)の活躍で公立37年ぶり春夏全国進出を達成。
 甲子園初戦で11安打2失点完投の粘投を演じ、8得点の援護をバックに全国勝ち星を収めた。
 同学年のチームメイトに栗栖拓巳投手ら。

 国士舘大では1年春から2部リーグ戦に出場。
 1年秋のリーグ戦で先発の座を掴み、3勝(1完投)1敗、防御率1.72で投手十傑入りを果たす。
 7回までを8安打3失点にまとめた第4週・専大1回戦でリーグ戦初勝利をマーク。
 以降3カード続けて1回戦の先発投手を務め、東農大戦で7安打1失点初完投勝利を挙げた。
 通算11試合、3勝(1完投0完封)2敗、42.2回、防御率2.32。

 179cm70kg、プロ注目のスリークォーター右腕。
 ワインドアップからゆっくり足を上げて重心を下げ、着地早めに右ヒジを柔らかく使った腕の振りから
 繰り出す最速145㌔、常時130㌔台中盤から140㌔強の伸びのあるストレートと、
 120㌔台の縦スラ、130㌔前後のカットボール、130㌔台のシュート、120㌔台で落ちる2シーム。
 ストレートとスライダー、カットとのコンビネーションが持ち味。制球力に甘さが残る。
 高2冬に負った肘のケガを乗り越え、3年春選抜で143㌔、同年夏の甲子園で144㌔を計測した。
 下半身強化で球威、コントロールの向上を目指す。

  スカウトコメント

阪神・畑山統括スカウト補佐|16/3/24
 「去年から体つきもしっかりしてフォームもよくなった。今後も見ていかないと」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2017-11-24(金)|2020年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑