堀岡 隼人(青森山田)

ここでは、「堀岡 隼人(青森山田)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



183cm84kg 右右 MAX144km スライダー・チェンジ・カーブ
最速144㌔の直球と縦のスライダー。2年秋の東北大会・八学光星戦で3安打8K完封勝利を収めた。
2016年巨人育成7位(支度金200万円、年俸240万円)

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   16春: 1 先   8  3  4  5  1 141㌔ 敦賀気比 ●

  最新記事

 ■ ドラフト 2球団が青森山田の三森、堀岡選手に指名あいさつ(毎日新聞) 16/10/25

 プロ野球新人選手選択会議で青森山田高の堀岡隼人投手との交渉権を獲得した巨人のスカウトが24日、指名のあいさつのために同校を訪れた。堀岡投手は巨人の育成枠7位。今春のセンバツでの投球や、9月に実施された球団の新人テストの結果が評価された。柏田貴史スカウトは「体が丈夫で、伸びしろがある」と先発投手として育成する方針。堀岡投手は「一日でも早く支配下登録されるよう努力したい」と意気込んでいる。
 育成ドラフト7位で指名した青森山田高の堀岡隼人投手=183センチ、84キロ、右投げ右打ち=と支度金200万円、年俸240万円で入団に合意した。背番号は013。(金額は推定)(SANSPO16/11/16)

 ■ 青森山田が4回戦で敗退!春夏連続出場逃す(スポーツ報知) 16/7/15

 今春のセンバツに出場した青森山田が、大湊に2―3で逆転負けして4回戦で姿を消した。1回に4番・村山直也捕手(3年)の中犠飛で先制。7回に8番・工藤飛馬三塁手(2年)の右前適時打で2―0とリードした。だが8回から登板したエースの堀岡隼人(3年)が大誤算2死満塁から連続四死球で同点とされると、9回は無死から3本の長短打を浴びて決勝点を奪われた。春季県大会も初戦の2回戦で敗退。ノーシードで臨んだ今大会だったが、春夏連続の甲子園出場はならなかった。

   16夏予         回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:五所農林 先   9  5  9  5  1
   4回戦:大  湊     2  3  0  5  3
               11  8  9  10  4 防3.27
           被安打率6.55 奪三振率7.36 四死球率8.18

 ■ 青森山田・堀岡、低め制球13内野ゴロ…好投も援護無く(asahi.com) 16/3/25

 青森山田が、昨春王者の敦賀気比を苦しめた。試合を作ったのはエース堀岡。力のある直球、変化球を低めに決め、犠打を含む15個の内野ゴロの山を築いた。三回に適時打で1点を失ったが「失投ではない」。ひきずらなかった。八回2死一、二塁では、相手の4番天野をこの日最速タイの141キロで右飛に仕留めた。打線も敦賀気比を上回る4安打を放ったが、あと1本が出なかった。

過去記事

 ■ 青森山田・堀岡 自己最速144キロ(デイリースポーツ) 16/3/9

 昨秋東北大会を制した青森山田のプロ注目右腕・堀岡隼人投手(2年)が、つくば秀英との練習試合に先発し、3回無安打無失点、6奪三振の好投。ひと冬の成長を披露した。伸びのある直球は自己最速となる144キロを計測し、落ちる変化球も効果的。出した走者は振り逃げの1人で「力を入れずに普通に投げられた。球速?気にしていないです」。体重は昨秋から8キロ増の84キロに。制球もフォームも安定し、体づくりの成果が出た。「守りのリズムをつくあげられなかった。全てレベルアップしないと」と自己評価は厳しい。この試合で1安打した4番・三森、つくば秀英の右腕・長井もドラフト候補で日本ハムなど3球団のスカウトが視察。より大きな注目が集まるセンバツへ、エースはさらなる成長を図る。

   15秋           回数 被安 奪三 四死 失点
   東北1回戦:鶴岡東高 先   6  6  6  8  4
     準々決:仙台育英 先   9  11  8  4  3
     準決勝:盛岡大付 先   9  7  7  1  1
     決 勝:八学光星 先   9  3  8  4  0封
   神宮2回戦:東  邦     7  7  3  6  2 140㌔
                 40  34  32  23  9 防2.03
             被安打率7.65 奪三振率7.20 四死球率5.18

  プロフィール

 神奈川県秦野市生まれ。
 堀岡 隼人(ほりおか・はやと)投手。
 秦野東小1年で軟式野球を始め、秦野東中では秦野シニアでサード。

 青森山田では1年春からベンチ入り。
 2年秋の新チームから主戦としてチームを牽引し、県3位での東北大会V、神宮4強入りを果たす。
 13試合中10試合(先発7)、計64回をこなし、53三振33四死球14失点を記録。
 東北大会4試合33回を17四死球8失点に抑え、準々決勝から3戦連続完投勝利を挙げた。
 1回戦で6回4失点KOを喫しながらも、準々・仙育戦で4対3完投勝利をマーク。
 準決勝・盛岡大附属戦で1失点完投勝ち、決勝戦・光星戦で3安打完封勝ちを収めている。
 続く神宮初戦2回戦・東邦戦(4対3)で、7回7安打6四球2失点リリーフを披露。
 翌選抜1回戦で敦賀気比と接戦を演じたが、山崎颯一郎を打てず0対1で完投負けとなった。
 惜敗したものの3安打のみに抑え込み、アウト24個のうち15個を内野ゴロで奪取。
 大会前の練試・つくば秀英戦で144㌔を投げ、スカウトの前で3回6K0封の好投を演じている。
 3年夏の県大会は台風の目となった大湊(準V)に2対3逆転負けで4回戦敗退。
 2点リードの8回表から抑えとして起用されたが、連続押し出し、5四死球3失点と乱れて敗れた。
 同学年のチームメイトとして三森大貴ら。

 183cm84kg、ガッチリとした最速144㌔右腕。
 ノーワインドアップから重心を下げ、インステップ気味に着地し、ヒジを柔らかく使った腕の振りから
 投げ下ろす最速144㌔、常時130㌔台中盤から140㌔弱の重い真っ直ぐと、
 120㌔前後の縦落ちスライダー、120㌔前後のチェンジアップ。その他110㌔前後のカーブ。
 真っ直ぐとスライダーとのコンビネーションが持ち味。高校で投手に転向した。
 高め傾向の真っ直ぐなどコントロールにはバラツキが残る。2年秋64回で四死球33個(率4.64)。
 遠投110mを計時する強肩の持ち主。50m6秒7。

  スカウトコメント

巨人・柏田貴史スカウト|16/10/25
 「体が丈夫で、伸びしろがある」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-11-22(火)|2016年ドラフト指名選手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2016年ドラフト指名選手 | コメント(0) Page Top↑