築山 雄介(関西大)|ドラフト・レポート

築山 雄介(関西大)

ここでは、「築山 雄介(関西大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



築山 雄介(関西大)

178cm80kg 右右 MAX145km スライダー・カーブ・フォーク・チェンジ 塔南高
最速145㌔直球を持つ4番・ライト兼ピッチャー。遠投120mの強肩。高2秋から投手の練習を始めた。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   17春:        登板無し
   17秋:        登板無し
   18春:        登板無し
   18秋:        登板無し
   19春: 3 1勝0敗   6  4  6  3  0  0.00
   通算: 3 1勝0敗   6  4  6  3  0  0.00
         被安打率6.00 奪三振率9.00 四死球率4.50

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   16春予        回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:京都文教 先   9  4  9  3  1
   準々決:宮  津 先   9  9  8  9  7
   決 勝:京都翔英 先   9  10  6  5  4
               27  23  23  17  12 防4.00(失点から算出)
           被安打率7.67 奪三振率7.67 四死球率5.67

   16夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   3回戦:京都成章 先   3  6       7
   準々決:日星高校 先   9  3  12  2   1…6者連続奪三振
               12  9       8 防6.00(失点から算出)

  最新記事

 ■ ドラフト候補の塔南・築山、圧巻12Kでサヨナラ勝ち呼び込む(デイリースポーツ) 16/7/22

 塔南がサヨナラ勝ちで4強一番乗りを果たした。先発したドラフト候補の築山雄介投手が、最速145キロの直球を主体に9回を3安打1失点、12奪三振をマークした。初回に3者連続三振を奪って立ち上がると、尻上がりに調子を上げた。3回戦の京都成章戦では先発するも3回7失点の大乱調。「今回がラストチャンスだぞと言われました」と再び起用してくれた奥本監督のゲキに応えたかった。七回2死から九回2死まで6者連続三振をマークする圧巻の投球。あと1人となったことで同点ソロこそ浴びたが、勝ち越しは許さずサヨナラ勝ちへとつなげた。試合後、築山は「野球の怖さを改めて知りました」と言う。入学当初は捕手として打撃を買われ、2年夏は外野手で出場同秋の新チーム結成から投手に挑戦した。まだ高校野球で投手歴が1年にも満たないことから、経験の浅さは否めないが、それを補うほどボールの勢いがある。「自分の力を出し切れば抑えられると思ってました」と振り返った築山。力強いスイングを見せる打撃も含め、まだまだ大きな可能性を秘めている。

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   関学大     3  2  4  2  0 ○…初登板初勝利
   近畿大     2  2  2  0  0
           1  0  0  1  0
           6  4  6  3  0 防0.00 
       被安打率6.00 奪三振率9.00 四死球率4.50

 ■ 京都・塔南142キロ右腕・築山、龍谷大平安を「超える」(スポーツ報知) 16/6/20

 京都に「打倒・私立」に闘志を燃やす公立の注目選手がいる。春季大会で準優勝した塔南の142キロ右腕・築山雄介だ。捕手出身で、1998年夏の甲子園で京都成章を準優勝に導いた奥本保昭監督が「本当はキャッチャーをやらせたいくらい」と評価するほどの強肩を持ち、打撃にも定評がある。投手としての公式戦デビューは2年秋からと遅いが、今年の春季大会では右手指を負傷した188センチ右腕・西原大智の穴を埋める活躍を見せた。西原との強力な“ツインタワー”は、ともにプロスカウトが熱視線を送る好素材だ。178センチの築山は「(西原は)自分に足りないものを持っている。いいライバルです」と、互いの存在が刺激になっているという。

  プロフィール

 京都府長岡京市出身。
 築山 雄介(つきやま・ゆうすけ)投手。
 長法寺小1年時から長岡京サンダースで主に捕手として軟式野球を始める。
 長岡中では軟式野球部で投手、外野手を務めた。

 塔南高では1年秋からベンチ入り。
 1年生ながら5番・捕手レギュラーとして起用され、惜敗した2回戦・京都国際戦でソロ弾を放つ。
 翌2年春の大会で三塁手を経験し、同年夏の府大会から左翼手としてプレー。
 3番、又は5番の主軸として全4戦に先発し、14打数5安打、打率.357点5の好成績を残した。
 2年時秋の大会で5番レフト兼投手を担うも目立った活躍無く府2回戦で敗退。
 ケガの西原に代わり4番エースを務めた3年春に27回12失点の活躍で府準Vを達成している。
 1回戦で4安打9三振1失点完投勝ち、準々で9四死球10-7完投勝ちを記録。
 続く夏の予選準々で6連続含む12K、2対1完投勝ちを収め、28年ぶりの4強進出を成し遂げた。
 同学年のチームメイトとして西原大智ら。

 関西大では3年春からリーグ戦に出場。
 第4節・関学大戦4回戦(4-1)で初登板を遂げ、3回2安打4K0封の力投で初勝ち星を収めた。
 リーグ通算3試合、1勝0敗、6回、防御率0.00。

 178cm80kg、プロ注目の4番・ライト兼ピッチャー。
 最速145㌔の威力あるストレートを武器とする本格派。身体の強さを生かして投げ込んで行く。
 投手経験がまだ浅く、コントロール、けん制、フィールディングなどが課題。
 1年秋から捕手としてレギュラー。2年春からサード、夏からレフトを任され、秋から投手を始めた。
 遠投120mの強肩、50m走6秒3の脚力を備える。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年05月27日(月)|2020年大学生投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑