徳山 壮磨(大阪桐蔭)

ここでは、「徳山 壮磨(大阪桐蔭)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



183cm72kg 右右 MAX145km スライダー・カーブ・フォーク
長身細身の最速145㌔プロ注目右腕。腕の振りの柔らかさが魅力。直球主体にスライダーを交える。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   16春: 1   1  1  0  0  0 136㌔ 土佐高校

  最新記事

 ■ 大阪桐蔭の140キロ台カルテットがセンバツ制覇に向け始動(デイリースポーツ) 17/1/4

 センバツ出場が濃厚な大阪桐蔭が4日、大阪府大東市の同校グラウンドで始動した。エース右腕の徳山壮磨は「自分たちはここまで勝ちきれていない。センバツに出られたら優勝するという気持ち」と宣言。今年のテーマも「勝」と一字で示した。昨秋のベンチには最速145キロの徳山、香川麗爾、根尾昂(1年)、横川凱(1年)と最速140キロ台の投手が4人。ベンチ外にも140キロ台は3人はいるといい「いいものを持っている投手は多い。秋はエースだったけど、他の投手のいいところを吸収したい」と背番号1は貪欲だ。昨秋の68キロから73キロまで体重を増量。「指にかかれば力強い球が来ている」と手応えを感じており「夏までには150キロくらいに持っていきたい」と抱負を述べた。
 日大三の左腕・桜井や静岡・池谷、大阪桐蔭・徳山、福岡大大濠・三浦、秀岳館の田浦、川端の左腕コンビにもプロ注目する。(西日本スポーツ17/1/28)

   16秋           回数 被安 奪三 四死 失点
   大阪2回戦:和  泉 先   3  2       1
     3回戦:関大北陽 先   8  5       1
     4回戦:大阪偕星 先   9  7       2
     準決勝:履 正 社 先  5.1  11  1  4  7
     3位決:初芝立命 先   7  6       4
   近畿1回戦:龍谷平安 先   7  4  9  1  0封
     準々決:智弁学園 先   9  8  4  5  4
                48.1  43  30  14  19 防2.79
             被安打率8.01 奪三振率5.59 四死球率2.61

 ■ 大阪桐蔭・高山は制球重視!東海大相模に8回3失点(日刊スポーツ) 16/7/3

 大阪桐蔭が、東海大相模(神奈川)と練習試合を行った。大阪桐蔭の先発はエース高山優希。腰痛から復帰後最長の8イニングを投げ、7安打7奪三振3失点。すでにメンバー発表されており、高山は1番を付けることが決まっている。2試合目は高山がベンチを外れた近畿大会府予選でチームを支えた徳山壮磨が完投。7安打4奪三振2失点で抑えた。

   16春         回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:堺  東 先   4  2       0
   3回戦:近大泉州 先   9  6       1 
   4回戦:大阪偕星 先   4  6       2
   準々決:関西創価 先   9  8  5  9  1
   決 勝:履正社高 先  5.2  8  7  5  5
              31.2  30       9 防2.56(失点から計算)

  プロフィール

 兵庫県姫路市出身。
 徳山 壮磨(とくやま・そうま)投手。
 高岡小学校時代にソフトボールを始め、高丘中時代は兵庫夢前クラブに所属。

 大阪桐蔭では1年秋から控え投手としてベンチ入り。
 いずれも救援として2試合2イニングに起用され、神宮準決勝で自己最速タイ138㌔を計測する。
 3年生・岩本悠生の肘痛発症を受け、翌2年春の選抜に背番号10として出場。
 初戦・土佐高戦に9点差の9回表から登板し、完封リレーを完成させる無失点救援を見せた。
 続く春季大会(腰痛の高山優希に代わって背番号1)で31.2回9失点をマーク。
 同年夏の予選を登板無く3回戦敗退で終え、2年秋にエースとして近畿4強進出を達成した。
 10試合中7試合の先発を務め、48.1回で43安打、防御率2.79の粘投を披露。
 近畿1回戦・平安戦で7回4安打9K完封勝ち、準々決・智弁戦で4失点完投勝ちを収めている。
 同期に岩本久重、1学年下に横川凱藤原恭大根尾昴ら。

 183cm72kg、長身細身のプロ注目右腕。
 セットから足を上げて溜めを作り、大きめのテイクバックを取り、開き早めに球持ち良く投げ込む
 最速145㌔、常時135㌔前後のストレートと、120㌔前後のスライダー。
 腕の振りの柔らかさ、チームNo.1と評される直球の伸びが魅力。すでにプロから注目されている。
 ストレート主体の投球が持ち味。遠投110m。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-02-09(木)|2017年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
ニュースの記事では最速は145㌔らしいです。
| 匿名 | 2017年01月04日(Wed) 21:42 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑