釜口 航輔(名城大)

ここでは、「釜口 航輔(名城大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



釜口 航輔(名城大)

180cm79kg 右右 MAX147km 岡崎西
背番号8のセンター兼ピッチャー。高2秋から投手の練習を開始。地区予選で最速147㌔を計時した。

  最新記事

 ■ 岡崎西・釜口 147キロ右腕出番なし(中日スポーツ) 15/9/14

 本職は中堅手ながら地区予選でマウンドに上がり147キロをマークした岡崎西・釜口は「4番・中堅」で出場し、3打数無安打1三振。登板機会はなかった。179・5センチ、79・4キロと体格にも恵まれている右腕は、新チームから投手の練習を始めたばかりで制球、変化球など課題が多い。「春には先発できるようになって、強いチームに投げ勝てる投手になりたい」と話した。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 長打率
   16夏予: 4 .375 16  6 2 0 2 6  .875 ※ 2回戦で3ラン含む3安打5打点

  プロフィール

 愛知県岡崎市出身。
 釜口 航輔(かまぐち・こうすけ)投手。
 小学校時代からソフトボールを始め、岩津クラブでキャッチャーとしてプレー。
 岩津中学校を経て岡崎西高校に進学した。

 岡崎西高では2年秋から中堅手でレギュラー。
 新チームから本格的に投手としての練習を始め、140㌔台の真っ直ぐを武器に救援を兼任する。
 西三河予選二次トーナメント準々決・豊田西戦で自己最速の147㌔を計測。
 一躍注目されるも愛知大会での登板は無く、大府に7回コールド負けで2回戦敗退となった。
 3年夏の県大会は登板ないまま享栄高に7回コールド1対8で敗れ4回戦敗退。
 2回戦、3回戦で2試合連続本塁打を放つなど、4番・センターで打率.375本2点6をマークした。
 県大会4回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 180cm79kg、背番号8のセンター兼ピッチャー。
 最速147㌔の真っ直ぐを武器とする本格派右腕。中堅レギュラーを務めながら救援をこなす。
 不安定なコントロール、変化球など、課題も少なくない素材型のピッチャー。
 2年秋から本格的に投手としての練習を始め、地区予選で147㌔(豊田球場)を叩き出した。
 投手経験がまだ浅く今後の伸びに期待が懸かる。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-01-30(月)|2020年大学生投手 | 愛知大学野球 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 愛知大学野球 コメント(0) Page Top↑