山崎 伊織(東海大)|ドラフト・レポート

山崎 伊織(東海大)

ここでは、「山崎 伊織(東海大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



山崎 伊織(東海大)

181cm71kg 右左 MAX153km スライダー・カット・スプリット・チェンジ・シュート 明石商
長身細身の最速153㌔右腕。2年春のリーグ戦で3勝をマーク。防御率0.68(3位)の好成績を残した。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   17春:         登板無し
   17秋:         登板無し
   18春: 5  3勝0敗  26.2  18       2  0.68(3位)
   18秋: 2  1勝0敗    8  8       3  3.38
   通算: 7  4勝0敗  34.2  26       5  1.30

 【 全国大会 】
   19選     回数 被安 奪三 四死 自責
   立命大 先  6.1  5  8  3  1 153㌔(東ド)
   大商大     4  2  7  2  0 152㌔(神宮) ○
   佛教大 先  4.2  7  3  1  2
           15  14  18  6  3 防1.80
      被安打率8.40 奪三振率10.80 四死球率3.60

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   18春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   帝京大     2  0       0
       先   5  6       2 ○
   桜美林 先  6.1  5  7  0  0 ○
   筑波大 先  8.2  4  4  3  0 ○ 146㌔
   武蔵大 先  4.2  3  4  3  0
          26.2  18       2 防0.68

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   帝京大     2  0       0
   武蔵大 先   6  8       3 ○
           8  8       3 防3.38

 ■ 高校時代成績

   16春予        回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:神港学園    5  2  6     2 148㌔
   準々決:市川高校 先  9  2  9  0  0封143㌔
   決 勝:報徳学園 先  9  3  8  2  0
              23  7  23     2 防0.78(失点から算出)
                 被安打率2.74 奪三振率9.00

   16夏予       回数 被安 奪三 四死 失点
   決勝戦:市立尼崎    1  1  0  0  0 140㌔

  最新記事

 ■ 東海大・山崎 好投も初完封あと1人で逃す(スポニチ) 18/4/29

 東海大が筑波大に連勝し、勝ち点を4に伸ばした。山崎伊織投手(2年)が9回2死まで無失点。あと1人で死球を与えたところで降板し、初完封を逃したが、最速146キロをマークし8回2/3を4安打無失点の好投を見せた。

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   武蔵大 先   4  6       2   149㌔(平塚)
   日体大 先  7.2  7  8  0  3 ●
           2  4  0  0  1
   帝京大   (タイブレークから登板)   ○
       先  7.1  5       1 ○
   筑波大 先   8  5       0 ○ 150㌔(越谷)
           29  27       7 防2.17

 ■ プロ注目の東海大・山崎伊織が好投「楽しんでやろうと思って」(スポニチ) 18/4/22

 2回戦が行われ、東海大が桜美林大を破り勝ち点を3に伸ばした。最速148キロ右腕の山崎伊織投手(2年)が6回1/3を5安打1失点(自責0)に抑え今季2勝目。「緊張しないように楽しんでやろうと思って投げた」と白い歯を見せた。高校時代からプロ注目の逸材だった。切れのある直球とスライダーを武器に7三振を奪い、無四球の安定した投球を見せた。同じリーグの日体大には明石商の2年先輩の松本航投手(4年)がいる。山崎は「高校のときから凄い人やなと思っていた。頑張って追いついて追い越したい」と話した。

 ■ 明石商・山崎 最強2番手投手(デイリースポーツ) 16/6/29

 入学前の評価はエース・吉高壮投手よりも上だった。恵まれた体格から繰り出される力強いボール。だが兼ね備えられるべき制球力がなかったことから、山崎と吉高の差は開いていた。センバツでの登板機会はなし。だが春季兵庫大会で、その才能は一気に開花した。四球で自滅するパターンは一切、なくなった。「下を意識して使えるようになった」と下半身強化と下半身主導のフォームで制球力が安定した。さらにもう一つ、変えたのはマウンドでの意識。「8割の力で、低めにコントロール良く」と吉高の投球から学び、公式戦の舞台で実践してみせた。直球の最速は148キロを計測。ストレートと同じラインから曲がるスライダーで相手打者をほんろうした。狭間善徳監督は「山崎の成長は本当に大きい。控え投手の育成が春の課題だったので」と目を細める。右肘の故障で近畿大会はベンチを外れたが、夏には間に合う見通し。頼れる右腕が兵庫を勝ち抜くために、欠かせないピースとなる。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16夏予: 7 .429 28 12 1 1 1 2 2 2 0  .467  .643

過去記事

 ■ 明石商2季連続V 山崎が連続完封(デイリースポーツ) 16/5/5

 明石商が報徳学園を完封で下し、2季連続優勝を果たした。原動力となったのはドラフト候補のエース・山崎伊織投手。準々決勝に続く自身2試合連続完封で、センバツで好投したエース・吉高壮投手と並ぶまでに成長した。立ち上がりから落ち着き払った投球は、不安定な一面を感じさせなかった。「去年の秋に吉高が報徳を完封していた。追いつくために、自分もゼロで抑えたかった」と力を込めた山崎が、許した安打はわずか3本。8奪三振の快投に、狭間善徳監督は「夏の1番は分からない。今、吉高は調子に乗ってるから」と目を細める。「自信になりました」と満面の笑みを浮かべた山崎。吉高とのWエースで臨む夏に、現状、死角は見当たらない。

 ■ ドラフト候補の明石商・山崎2安打完封(デイリースポーツ) 16/5/1

 今秋ドラフト候補の明石商・山崎伊織投手(3年)が、市川打線をわずか2安打に抑え無四球完封。昨秋に続く2季連続優勝へベスト4に進出した。「立ち上がりは制球を重視して、打たせていこうと思った」と山崎。意識的に力を抑え、丁寧にボールを低めへ集めた。3回戦の神港学園戦では最速148キロを計測したが、この日はMAX143キロで確実にアウトを積み重ねていった。四回に「フルカウントになって力んでしまったところが反省」と1死から連打を浴びたが、許したヒットはこの2本。9回を打者28人で投げ抜いた。「これだけ投げると思わなかった。計算外です」と狭間監督。エース・吉高に次ぐ控え投手の育成をテーマとしているだけに、右腕の成長はチームにとっても大きい。ネット裏には阪神広島など4球団のスカウトが視察した。まだ直球の球速にバラツキはあるものの、ポテンシャルは高い。夏に向け「まだ9回投げるのはしんどいので、もっと体力をつけたい」と力を込めた山崎。「今は投げるのが楽しい。抑えるのが楽しいです」と確かな成長を見せている。
 9三振を奪った148キロ右腕に、4人態勢で視察した阪神スカウト陣も夏まで継続して追う方針だ。阪神・熊野スカウトは「ボールが指にかかるようになってきた進学濃厚と聞いてるけど、夏までは継続して見ていくことになる」と評価していた。(デイリースポーツ)

 ■ 明石商・山崎が最速148キロ(デイリースポーツ) 16/4/29

 明石商が神港学園を破ってベスト8に進出。今秋ドラフト候補の山崎伊織投手(3年)がリリーフでマウンドに上がり、5回2安打2失点で6三振を奪った。「公式戦の登板が久しぶりだったので、最初は浮き足立ってしまった」と山崎。同点の五回から登板すると、フォーム、制球ともにバラツキが目立った。それでも力強いストレートは最速で148キロをマーク。失策が絡んで2点を失ったものの、尻上がりに調子を上げ、八、九回で4つの三振を奪って見せた。この日は「5番・左翼」で先発出場し、打っても4安打をマークした山崎。走る姿やスイングの精度も高く、ネット裏では日本ハムなど4球団のスカウトが視察した。まだまだ粗削りだが、確かな潜在能力を秘めた右腕。「甲子園で吉高がずっと投げてて、自分も投げたかった。こういう大会でしっかり投げていかないといけない」と力を込める。今春のセンバツではエースの吉高壮投手(3年)が1人でマウンドを守り、登板機会はなかった。1年秋までは同等のチャンスがありながら、ライバルに引き離されてしまった。「吉高はコントロールがいい」。競争相手の投球と比較し、自分に足りないものを見つめ直した。「自信のあるボールは直球。でもこだわりすぎてよく打たれることもあった。制球することが大事」と山崎。夏に向けて狭間監督が期待する181センチの右腕が、キラリと光るものを見せた。

  プロフィール

 兵庫県明石市出身。
 山崎 伊織(やまさき・いおり)投手。
 人丸小1年から軟式野球を始め、大蔵中では明石ボーイズに所属。

 明石商業では1年秋の新チームからベンチ入り。
 翌2年夏の県大会3戦11回に控えとして登板し、3回戦で4安打9K1四死球完封勝ちを収める。
 同年秋にエース・吉高壮らを擁して県大会初優勝、近畿大会4強入りを達成。
 先発2戦・救援1戦に起用されたが、制球に課題を残し、合計6回で8安打2失点に終わった。
 翌3年春の選抜で8強進出を果たすも、吉高が全3試合完投で登板機会無し。
 続く春の県大会になって制球力に改善を見せ、23回7安打23三振2失点の好結果を残した。
 3回戦・神港戦で最速148㌔を計測し、5回2安打6K2失点の好リリーフを披露。
 準々決勝・市川戦で2安打9K無四球完封、準決勝・報徳戦で3安打完封を記録している。
 肘痛により近畿大会のベンチに入れず、3年夏の予選には1番・外野手で出場。
 ランニング弾を放つなど打率.429の活躍を演じ、決勝(2対3)で1回0封、最速140㌔をマークした。
 2学年上のチームメイトとして松本航(現日体大)ら。

 東海大では2年春からリーグ戦に出場。
 怪我の上級生に代わって先発2番手を務め、5試合26.2回で防0.68、3勝無敗の実績を残した。
 通算7試合、4勝(0完投)0敗、34.2回、防御率1.30。

 181cm71kg、長身細身のプロ注目153㌔右腕。
 ワインドアップから投げ込む最速153㌔の威力ある真っ直ぐが武器。カット、スプリットなどを操る。
 プロ複数球団から資質を注目される控え投手。細身の体で153㌔を計測する。
 高3春になって制球を改善。県大会3試合23回で7安打23K(率9.00)2失点の好投を見せた。
 遠投105m、50m6秒フラットの身体能力を備える。

  スカウトコメント

阪神・熊野スカウト|16/5/2
 「ボールが指にかかるようになってきた。進学濃厚と聞いてるけど、夏までは継続して見ていくことになる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-05-20(月)|2020年大学生投手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑