市岡 奏馬(明大)

ここでは、「市岡 奏馬(明大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野



市岡 奏馬(明大)

180cm76kg 左左 MAX143km スライダー・チェンジ・カーブ 龍谷大平安
切れの良い直球とスライダー、チェンジアップ。選抜で3完投勝利を挙げた。左右に打ち分ける好打者。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

   16春     回数 被安 奪三 四死 自責
   明徳義塾 先   9  6  7  2  1 137㌔ ○
   八学光星 先   9  5  2  6  0 135㌔ ○封
   明石商業 先  12  5  10  5  1 135㌔ ○
   智弁学園 先  8.1  12  8  3  2 136㌔ ●
          38.1  28  27  16  4 防0.94
       被安打率6.57 奪三振率6.34 四死球率3.76

  最新記事

 ■ 龍谷大平安ミスで自滅 甲子園春夏通算100勝は持ち越し(デイリースポーツ) 16/7/21

 センバツ4強の龍谷大平安が福知山成美に逆転で敗れた。あと1勝と迫っている甲子園春夏通算100勝は、来年以降へ持ち越しとなった。選手たちの涙が止まらなかった。原田英彦監督は「何とかこの世代で100勝して名前を残してあげたかったけど…自滅ですよね」と厳しい表情のままだった。1点リードの五回、先頭の左前打を処理しようとした岡田悠希外野手(2年)がまさかの後逸。一気に三塁を陥れられ、次打者の犠飛で同点に追いつかれた。攻撃では走塁ミス、バントミス…。最後は最も注意していた打者にカウントを取りにいったスライダーを決勝本塁打にされた。「自分たちで流れを断ち切ってしまった」と指揮官は悔やんだ。主将の市岡奏馬投手は「勝つことの難しさを知った。100勝は後輩たちに達成して欲しい」と号泣しながらエールを送った。

   16夏予         回数 被安 奪三 四死 失点
   4回戦:福知成美 先   8  6  8  1  3

 ■ 龍谷大平安サヨナラ負けで決勝進出逃す(デイリースポーツ) 16/3/30

 史上2校目の春夏通算100勝に王手をかけていた龍谷大平安は、智弁学園にサヨナラ負けを喫し、あと一歩届かなかった。それでも原田英彦監督は「選手たちは本当に、よう頑張った」と目に涙をいっぱいにためながらたたえた。「もう指がダメやったんです。最後は根性やと本人には言い続けた」と指揮官。大会前からエース・市岡奏馬投手は左手中指のマメに悩まされた。最後はスライダーを投げきることができず、直球とチェンジアップのコンビネーションだけで強打の智弁学園をかわし続けた。しかし、あと2死まで迫っていたところか浴びた4連打。それでも原田監督はエースを責めなかった。「チームはもういっぱい、いっぱいやった。本当によく頑張ったんですよ。あの場面で自信を持って代える投手を作ってあげられなかったのは、彼に悪いことをした」と言う。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15選抜: 1 .250  4  1 0 0 0 0 0 0 0  .250  .250
   16選抜: 4 .471 17  8 1 0 0 1 0 0 1  .471  .529
   通 算: 5 .429 21  9 1 0 0 1 0 0 1  .429  .476

 ■ 龍谷大平安サヨナラ 市岡気迫の175球(デイリースポーツ) 16/3/28

 準々決勝が行われ、龍谷大平安が延長十二回サヨナラで明石商を下し、2年ぶりに4強へ駒を進めた。エースの市岡奏馬投手が気迫の175球で相手打線を1点に封じ、自ら二塁打を放ってサヨナラのホームを踏んだ。対する明石商の145キロ右腕・吉高壮投手は178球の熱投も実らず。ただ聖地のファンは雨が降りしきる中でも、両エースの投げ合いに大きな拍手を送った。サヨナラのホームを踏んだ市岡は「やっと勝てた。やっと終わった…」と心の底から声を絞り出した。「正直、前半は良くなかった。とにかくバックを信じて投げた」と市岡。尻上がりに調子を上げ、球数が150球を超えても球威は落ちなかった。

   15秋           回数 被安 奪三 四死 失点
   一次2回戦:東  山 先   5  1  7  1  0封
   二次2回戦:宮  津 先   8  7  12  0  1
     準々決:大  谷 先   9  9  14  6  4
     準決勝:京都国際 先   6  6  3  3  0封
     決 勝:福知成美 先   9  10  6  4  3
   近畿1回戦:高 野 山 先   7  5  5  5  1
     準々決:阪南大高 先   8  3  7  3  0封
     準決勝:滋賀学園 先   6  5  3  10  7
                 58  46  57  32  16 防2.48
             被安打率7.14 奪三振率8.84 四死球率4.97

過去記事

 ■ “バブバブ”龍谷大平安・市岡 完封(スポニチ) 16/3/27

 市岡が仁王立ちした。初優勝した2年前の選抜でも同じ2回戦で大勝した八戸学院光星との再戦。雪辱を狙う強敵を9回5安打無失点に抑え込んだ。8回まで毎回走者を背負っても決定打を許さなかった原田英彦監督から付けられたニックネームは「バブバブ」だ。1学年上の同じ左腕エースで「赤ちゃん」と呼ばれた高橋よりも未熟という意味。堂々の投球を演じ、「小学生くらいに成長できたかな」と笑った。「2人の主将を周りが支えようという気持ちがある。団結を感じた」。成長を実感した通算98勝目に原田監督は感極まって涙ぐんだ。
 ▼原田英彦監督「力む時もあったけど、崩れなかった。粘り強さは秋からの成長

 ■ 龍谷大平安・市岡、直球多投で明徳に6安打1失点の完投勝利(スポーツ報知) 16/3/22

 龍谷大平安の最速143キロ左腕・市岡奏馬が6安打1失点で完投した。打っても7回に右前適時打を放つなど、3安打1打点で15安打7得点の快勝発進に貢献した。「早い回に追いつかれたけど、そこから抑えられた。2死から走者を出したのが課題」と反省を忘れなかった。原田英彦監督は、明徳義塾・馬淵史郎監督が市岡のチェンジアップを意識していると感じたため「チェンジアップは見せ球でいい」と指示。「直球を多めに投げたのがよかった。バッテリーがよくやってくれた」と褒めたたえた。

 ■ 2016センバツ・龍谷大平安の挑戦(毎日新聞) 16/3/8

 昨年10月末、滋賀学園と対戦した秋季近畿大会準決勝。それまで安定していたエースの左腕・市岡奏馬投手が突然崩れ、相手に10四死球を与えてコールド負けした。公式戦8試合に登板し、7試合で完投。最速143キロの直球で勝負してきたが、「早いだけでは打ち取れない」と痛感した。課題は制球力の不足。悔しさをばねに課題克服に努め、ブルペンでは意識して力を抜いた。冬場は間食にバナナやおにぎりを食べて74キロだった体重を77キロに増やした。前チームのエース・高橋奎二投手を見習い、投手陣に課せられた外周20周のランニングのノルマも5周増やした。そんな効果が現れ、竹葉章人捕手も「直球の威力が増した」と市岡投手の冬場の成長を評価する。

  プロフィール

 京都府京都市出身。
 市岡 奏馬(いちおか・そうま)投手。
 修学院小学校1年時から軟式野球を始め、修学院中では京都嵯峨野ボーイズに所属。
 日本代表の外野手として3年夏の世界大会に出場した。

 龍谷大平安では2年春からベンチ入り。
 選抜1回戦・浦学戦に9番・右翼手で起用され、江口奨理から三塁内野安打(4.16秒)を放つ。
 同年夏の京都大会で2試合(先発2)14回4安打19三振2失点の好投を披露。
 高橋奎二の後を受けて2年秋から主戦を務め、58回57Kの力投で近畿4強進出を達成した。
 四死球が多く不安定さ、メンタルを課題としながらも8試合7完投3完封をマーク。
 京都準々決で14奪三振4失点完投勝ち、近畿準々決で8回3安打完封勝ちを挙げている。
 翌3年春選抜全4試合579球を投げ抜き、大きく崩れることなく4強進出を達成。
 初戦・明徳戦で6安打7三振7対1完投勝利、2回戦・光星戦で6四球2対0完封を記録した。
 吉高壮と12回に及ぶ投手戦を演じた準々決で175球完投、2対1サヨナラ勝利。
 準決・智弁戦でも8回無失点と粘投したが、9回1死からの4連打で1対2サヨナラ負けとなった。
 打っては5・6番打者で17打数8安打、打率.471本1盗1を記録する好打を披露。
 サヨナラ打を呼ぶ右翼線2塁打(スプリット)など、1回戦、準々でそれぞれ3安打を放っている。
 3年夏の京都大会は福知山成美に8回6安打8K2対3完投負けで4回戦敗退。
 攻撃、守備、走塁とチーム全体にミスが目立ち、最後は甘いスライダーを決勝弾にされて敗れた。
 同期に西川藍畝橋本和樹小川晃太朗ら。

 180cm76kg、切れの良い直球を持つ本格派左腕。
 ワインドアップからゆっくり足を上げ、ステップ幅広めに重心を下げ、肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速143㌔、常時120㌔台後半から130㌔台中盤のストレートと、
 110㌔台のスライダー、110㌔前後から110㌔台の外角チェンジアップ、100㌔台のカーブ。
 スピード表示以上の切れを備えた直球にスライダー、チェンジアップを交える。
 冬場のトレーニングで不安定さを改善。3年春センバツで4試合38.1回4失点の粘投を披露した。
 身体能力の高い左の好打者。遠投110m、50m5秒9。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-01-23(月)|2020年大学生投手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑