原田 拓実(JR西日本)

ここでは、「原田 拓実(JR西日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm73kg 右左 外野手 遠投100m 50m5秒8 秀岳館 1年目
50m5秒8の俊足を備えた1・2番センター。高3夏予選5試合で打率.560盗9をマークした。プロ注目。

  打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春: 4 .333 15  5 1 0 0 1 0 2 2  .412  .400
   16夏: 4 .200 15  3 0 1 0 1 2 2 2  .294  .333
   通算: 8 .267 30  8 1 1 0 2 2 4 4  .353  .367

  最新記事

 ■ 秀岳館が春夏連続甲子園へ(asahi.com) 16/7/27

 秀岳館の先頭打者、原田拓実が試合開始早々、4球目の直球を中前にはじき返す。マウンドの光田一貴が、しきりに牽制を入れる。「一番警戒していた」。それでも原田は次打者の松尾大河への3球目で難なく二塁を陥れる。「九学の投手のモーションを何度もビデオで見て研究していた」という原田。三回には右前適時打を放った後に2盗を決め、九回も3盗を決めて、松尾の適時打で生還した。この日は6打数6安打、3盗塁。チームを勢いづけた。今大会で放った14安打のうち、長打はこの日の三塁打1本だけ。「単打でも出塁して盗塁すれば二塁打と同じ」。5試合で9盗塁と足でチームを引っ張った。チームで走塁リーダーを務め、練習や試合の後に盗塁や進塁での課題を指摘するなどしてきた原田。原田が盗んだ塁の数だけ、全国の頂点が近づく。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16夏予: 5 .560 25 14 0 1 0 7 2 1 9  .577  .640
   ※ 初戦で3安打4盗塁、決勝で6安打3盗塁

 ■ センバツ4強・秀岳館2人の「タクミ」原田母「この出会いは運命」(スポニチ) 16/3/31

 鍛治舎巧監督のもと全4戦で不動の2番・中堅手を務めたのが原田拓実だ。「トップスピードになるのが速く、オコエ並み」と指揮官に評される50メートル5秒8の快足が魅力で、部員によると野球メーカーのゼットが昨年12月に来校して測定した30メートル走では高校の野球部で全国1位のタイムを記録という、チーム最速の男だ。準々決勝・木更津総合戦での初回2死二塁の場面ではライナー性の打球を前進しスライディングし好捕。9回2死からのサヨナラ逆転勝ちに貢献していた。春のメンバー18人のうち、唯一の中学軟式野球部出身。武雄中時代は足が速すぎて陸上部、サッカー部に借り出され「タクミを早く返して」と部活動内で取り合いになった人気者だった。その俊足を鍛治舎監督は、見逃さなかった。人生初の外野手にコンバートし、先発で起用し続けた。

      試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15秋公: 11 .395  43 17 3 1 1 2 1 3 5  .435  .581
   15秋全: 34 .288 111 32 4 1 1 7 7 11 15  .352  .369

  プロフィール

 佐賀県武雄市出身。
 原田 拓実(はらだ・たくみ)外野手。
 朝日小1年から軟式野球を始め、武雄中では軟式野球部に所属。

 秀岳館では遊撃、二塁を経て中堅手としてプレー。
 外野転向から間もない1年秋に背番号8を掴み、2年秋に2番・中堅で県V、九州Vを達成する。
 強力打線の中で11戦打率.395本1点2、43打数17安打5盗塁の活躍を披露。
 3回戦・熊本第二戦でランニングホームラン、準々決・開新戦でライト線適時3塁打を放った。
 翌3年春選抜1回戦で花咲徳栄・高橋昂也から左安(外直球)、二盗を記録。
 左翼線二塁打(7秒78)、適時中安、左安(内寄りスラ)と、2回戦で3安打をマークしている。
 続く木総戦1回表に中前飛球をスライディングキャッチ(併殺)するファインプレー。
 しぶとい打撃で早川隆久から2四球を奪い、9回にサヨナラ勝ちに繋がる同点ホームを踏んだ。
 1番を任された同年夏に5戦打率.560、9盗塁の好成績で15年ぶり県Vを達成。
 内角球を右越え3塁打にする等、決勝・九学戦で6安打、盗3(三盗1)の活躍を演じている。
 甲子園では15打数3安打、打率2割と振わず、準々決から2番打者として出場。
 3回戦・いな総戦で右中間適時三塁打を放ち、準々決勝・常総学院戦で二盗・三盗を決めた。 
 同期のチームメイトに有村大誠九鬼隆平松尾大河ら。

 175cm73kg、俊足巧打好守の中堅手。
 コースに逆らわずコンパクトに弾き返す左の巧打者。強力打線の中で1・2番打者を務める。
 50m5秒8、一塁到達4.0秒台から4.1秒前後、二塁到達7.8秒前後の俊足。
 次の塁を狙う積極的な走塁が持ち味。守っては守備範囲が広く遠投100mの肩を備える。
 プロスカウトからも注目される資質の持ち主。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-01-03(火)|2019年社会人野手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年社会人野手 | コメント(0) Page Top↑