平内 龍太(亜大)|ドラフト・レポート

平内 龍太(亜大)

ここでは、「平内 龍太(亜大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



平内 龍太(亜大)

186cm90kg 右右 MAX151km スライダー・カーブ・スプリット 神戸国際大附
角度のある直球と縦スラ、カーブ、スプリット。1年秋の中大2回戦で12三振2失点完投勝利を収めた。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   17春:         登板無し
   17秋: 5 1勝1敗  16.1  11  21  6  3  1.65
   18春: 2 0勝1敗  4.1  9  5  3  3  6.23
   18秋: 6 1勝1敗  10.2  9  6  7  2  1.69
   19春: 8 1勝1敗  17.2  18  13  5  4  2.04
   通算: 21 3勝4敗   49  47  45  21  12  2.20
         被安打率8.63 奪三振率8.27 四死球率3.86

投手成績詳細

   17秋(1完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責 
   国学大    0.1  0  1  0  0 149㌔
   立正大    0.2  0  1  0  0 151㌔
   中央大 先   9  6  12  4  2 150㌔ ○
   東洋大 先   4  3  6  2  1     ●
          2.1  2  1  0  0
          16.1  11  21  6  3 防1.65
      被安打率6.06 奪三振率11.57 四死球率3.31

   18春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責 
   中央大     3  3  3  2  0
   立正大    1.1  6  2  1  3 146㌔ ●
          4.1  9  5  3  3 防6.23
      被安打率18.69 奪三振率10.38 四死球率6.23

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責 
   中央大     1  0  0  0  0 147㌔
   立正大     4  3  3  1  1 146㌔ ○
   国学大     2  0  0  1  0 144㌔
          2.2  1  2  3  0 147㌔
   駒澤大    0.1  2  1  1  1 143㌔
       先  0.2  3  0  1  0 145㌔ ●
          10.2  9  6  7  2 防1.69
       被安打率7.59 奪三振率5.06 四死球率5.91

 ■ 高校時代成績

   16夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:明石西 先   9  7  10  5  1 143㌔
   4回戦:西脇工 先  2.2  4       2
   5回戦:兵庫商     1  0       0
   準々決:明石商 先  6.2  11       5 146㌔…6回まで無失点
             19.1  22       8 防3.72(失点から算出)

  最新記事

 ■ 亜大が勝ち点 平内、1回2/3無失点で初勝利(SANSPO) 19/4/12

 亜大が駒大に延長十回、押し出し四球で4-3のサヨナラ勝ち。3番手で登板した平内が1回2/3を1安打無失点に抑え、今季初勝利を挙げた。好救援の3年生右腕は、ソフトバンク・永井編成育成部長のおい。生田監督は「前半は先発でなく、後ろで試合を締めてほしい」と抑えとして期待した。

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責 
   駒澤大     2  3  1  1  0 148㌔
          1.2  1  1  0  0 149㌔ ○
   立正大    2.1  1  2  0  0 149㌔
   国学大     3  4  1  2  1 149㌔
   中央大     2  1  2  1  0 149㌔
           1  2  0  0  0 149㌔
          1.2  0  2  0  0 148㌔
   東洋大     4  6  4  1  3 147㌔ ●
          17.2  18  13  5  4 防2.04
       被安打率9.17 奪三振率6.62 四死球率2.55

 ■ 亜大の1年生右腕・平内が初先発で12K初完投勝利!(デイリースポーツ) 17/10/12

 亜大が連勝。勝ち点3とした。平内龍太投手(1年)がリーグ戦初先発初勝利を挙げた。自己最速まであと1キロと迫る150キロを計測した直球は威力十分。鋭く落ちるスライダーも効果的で、12三振を奪った。九回2死から失点して惜しくも完封は逃したものの、6安打2失点で完投した。プロ志望届を提出した昨年は指名なし。悔しさを胸に「ここでもう1回成長しよう」と亜大に進んだ。現在使用するグラブには、昨年のドラフトの日付が刺しゅうされている。入学前のキャンプで右太ももを疲労骨折夏には、今度は投球練習中に左脇腹の肉離れを発症した。それでも、生田勉監督は「ものすごく練習をする。頑張り過ぎてケガをしてしまう子」と期待。傷が癒えた今秋は「どこかで先発をさせようと思っていた」と、満を持して送り出したマウンドだった。「やっと先発を任せてもらえてうれしかった。楽しみで緊張はなかった。チームが勝てたことが一番うれしい」と笑みを浮かべた平内。3年後のドラフト1位指名を目標に掲げる185センチ、88キロの大器が、堂々たる投球でつかんだ初白星だった。

 ■ 未来へ誓い、感謝と共に 神戸国際大付・平内龍太投手(毎日新聞) 16/7/26

 六回まで被安打4。センバツ8強の明石商に粘投を続けた。一挙に7安打を浴びて逆転を許したのは七回。「低めを見送られ、浮いた球を打たれた。相手の打者が良かった」と涙が頬を伝う。185センチの長身から投げ下ろす直球は140キロ台を記録。スライダーやスプリットなどの変化球もキレがあり、大会中はプロ球団からも注目を集めた。1年秋からベンチ入りしたが、秋季近畿大会で制球に苦しみ、涙をのんだこともあった。プロ野球への志望届を検討している。「野球は一人ではできない。謙虚さを大事にする選手になりたい」。誓う言葉には周りへの感謝の気持ちがあふれていた。

過去記事

 ■ 神戸国際大付 平内、1失点完投 オリ、広島など6球団が熱視線(スポニチ) 16/7/18

 今秋ドラフト候補の神戸国際大付・平内(へいない)が、9回7安打1失点で完投し、チームの初戦突破に貢献した。オリックス広島など6球団が見守る中、最速は143キロを計測。3回には自らのソロで先制するなど、投打で見せ場をつくった。

 ■ 神戸国際大付・平内が15K完封(デイリースポーツ) 16/4/2

 今秋ドラフト候補の神戸国際大付・平内龍太投手が、市神港を相手に15三振を奪って3安打完封。直球の最速は自己記録を更新する145キロをマークし、急成長した姿を見せつけた。ボールのキレが昨秋とは違った。テークバックをコンパクトに変えた投球フォームから投げ込んだ直球は、アベレージで140~142、最速で145キロに到達した。もともと変化球は光る物を持っていたが、直球のキレがよくなったことで空振りを奪えるようになった。本人も「フォームを変えてからボールが指にかかるようになった。2月の終わりくらいに自分で試してみて、そこからボールが変わった」と言う。昨年の秋季大会では最速138キロだったが、一気に球速もアップした。相手を圧倒する15奪三振にも「三振の数はあまり意識して無いけど、うれしい。まだ直球がシュート回転するので、精度を上げていきたい」と今後の課題を語っていた。
 視察した5球団のスカウトも高評価を下した。広島・鞘師スカウトは「スライダーもいいし、直球も強い。秋からの成長を感じる」と目を細める。(デイリースポーツ)

 ■ 永井氏の甥・神戸国際大付の平内が好投(デイリースポーツ) 15/9/13

 神戸国際大付が七回コールドで須磨学園を下した。最速142キロ右腕・平内龍太投手が5回9Kの好投で流れを引き寄せた。4-3と1点を勝ち越した直後の三回からマウンドに上がると、キレのいい直球と縦のスライダーで三振を量産。5回3安打無失点と好投した。母の兄にはダイエー・ソフトバンクで投手として活躍し、99年の日本シリーズで優秀選手賞を獲得した永井智浩氏がいる。「(中学の時)正月に会ったときはキャッチボールをしてもらいました」と明かす。1年生だった昨秋の近畿大会1回戦では、立命館宇治を八回までリードしながら自身の3連続押し出し四球などで敗戦。センバツ出場を逃した。「今でも思い出しますし、悔しかった」と平内。冬場に腰痛を発症し、今年の春夏は登板機会が少ないまま終わった。その間、同級生の左腕・東郷が活躍し、来年のドラフト上位候補と目されるまで成長した。「意識してます」とライバルの存在を励みに復調してきた平内。左右の2枚看板で秋を勝ち抜く。

  プロフィール

 兵庫県明石市出身。
 平内 龍太(へいない・りゅうた)投手。
 錦が丘小時代から軟式野球を始め、魚住東中では軟式野球部に所属。
 元プロ・永井智浩氏を母の兄に持つ。

 神戸国際大附では1年秋からベンチ入り。
 1学年上の塩田大河らを擁して県大会を制し、救援として近畿デビュー(2.1回5失点)を果たす。
 腰痛により2年春・夏を登板なく終え、同年秋1回戦で5回9K0封救援を披露。
 続く2回戦・滝川高戦の先発投手に抜擢され、8回3安打7Kの好投で完封勝利を記録した。
 翌3年春の地区予選・市立神港戦で自己最速を3㌔更新する145㌔をマーク。
 テイクバックをコンパクトに変えた投球フォームで、見事3安打15K4対0完封勝ちを収めている。
 3年夏の県大会は吉高壮を擁する明石商に4対5逆転負けで準々決勝敗退。
 6回裏までを4安打無失点に封じ、最速146㌔を計測したが、7回に7安打5失点で降板となった。
 同学年のチームメイトとして東郷太亮投手ら。

 亜細亜大では1年秋からリーグ戦に出場。
 先発救援の両面で5試合(先発2)に起用され、計16.1回で21K、防御率1.65の好結果を残す。
 入学前(太腿)、夏(脇腹)のケガを克服し、立正1回戦で最速151㌔をマーク。
 終盤の中大2回戦で初先発を務め、9回2死まで12K0封、5対2完投の好投で初勝利を飾った。
 通算21試合、3勝(1完投0完封)4敗、49回、防御率2.20。

 186cm90kg、恵まれた体格の本格派右腕。
 セットから始動して溜めを作ってから重心を下げ、テイクバック小さめに右肘を使った腕の振りから
 投げ下ろす最速151㌔、常時140㌔前後から140㌔台後半(救援)の真っすぐと、
 110㌔台から120㌔前後の縦スラ、110㌔前後のカーブ、130㌔弱から135㌔前後のスプリット。
 角度のあるストレートが武器。縦のスライダー、縦カーブ、スプリットを織り交ぜる。
 高校3年春先にコンパクトなテイクバックに改造。同4月に最速145㌔、7月に146㌔を計測した。
 大2秋の立正大戦で151㌔を叩き出している。

  スカウトコメント

広島・鞘師スカウト|16/4/3
 「スライダーもいいし、直球も強い。秋からの成長を感じる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-05-24(金)|2020年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑