大道寺 拓(筑波大)

ここでは、「大道寺 拓(筑波大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



大道寺 拓(筑波大)

175cm72kg 右右 MAX148km スライダー・カーブ・ツーシーム 弘前高
最速148㌔直球を武器とするリリーフ右腕。2年8月に遊撃から投手転向。短期間で急成長を遂げた。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   14春:        登板無し
   14秋:        登板無し
   15春:        登板無し
   15秋: 2 0勝0敗  1.1  0  1  2  0  0.00
   16春: 8 2勝1敗 21.1  9  19  4  2  0.84(2位)
   16秋: 3 0勝0敗  2.2  1  1  2  2  6.75
   通算: 13 2勝1敗 25.1  10  21  8  4  1.42
         被安打率3.55 奪三振率7.46 四死球率2.84

投手成績詳細

   15秋     回数 被安 奪三 四死 自責
   城西大     1  0  1  1  0
   東海大    0.1  0  0  1  0
          1.1  0  1  2  0 防0.00
      被安打率0.00 奪三振率6.75 四死球率13.50

   16春     回数 被安 奪三 四死 自責
   帝京大     1  0  1  0  0  148㌔
          1.1  0  3  0  0  147㌔
   東海大    3.1  2  2  1  0 ○   ※12回2対1サヨナラ勝利
           2  4  1  0  2
   城西大    0.2  2  1  0  0 ●
   日体大     1  0       0
   桜美林     9  1  8  1  0 ○147㌔※12回3対2サヨナラ勝利
           3  0       0
          21.1  9  19  4  2 防0.84
       被安打率3.80 奪三振率8.02 四死球率1.69

   16秋     回数 被安 奪三 四死 自責
   城西大    0.1  0  0  0  0
   東海大    1.1  0  1  1  0
   日体大     1  1  0  1  2
          2.2  1  1  2  2 防6.75
       被安打率3.38 奪三振率3.38 四死球率6.75

  最新記事

 ■ 筑波大・大道寺、元G堀内氏の助言に開眼(SANSPO) 17/2/14

 全日本大学野球連盟の冬季特別トレーニング東日本が14日、川崎市のジャイアンツ球場室内練習場で行われ、94人が受講した。元巨人監督の堀内恒夫氏ら巨人OBが講師を務め、最速147キロでプロ注目の筑波大の右腕・大道寺拓投手は、堀内から「力のあるボールを投げる肘が上がる前に投げることがあるが、力まずに上がってから投げるように」と指導された。まだ本格的な投手歴が1年半で首都大学リーグで先発がなく、通算2勝1敗の大道寺は、「シンプルなことばで教えていただいた」とアドバイスに感謝していた。

 ■ 大道寺、9回ロングリリーフ0封2勝目!延長12回サヨナラ勝ち(スポーツ報知) 16/5/15

 勝ち点3で2位につける筑波大が、桜美林大に延長12回サヨナラ勝ちし、1勝1敗とした。最速148キロ右腕・大道寺拓(3年)が、4回から自己最長9回を投げ、1安打1四球無失点8奪三振と好投。12回無死満塁で、途中出場の大崎将弥一塁手(4年)が右翼にサヨナラ犠飛を放った。敗れた時点で日体大の優勝が決まる一戦で、投手歴9か月の大道寺が踏ん張った。同点の4回に2番手で登板。1死から147キロをマークするなど、4者連続三振を奪った。これまでリーグ戦では東海大戦で3回1/3を投げたのが最長。途中から「未知の領域。省エネで打たせた」とツーシーム、スライダー中心に切り替えた。110球で9イニング無失点の今季2勝目に「しんどかった」と笑みがこぼれた。小学生時代の軟式チームでは主に内野で、投手としては2、3番手だった。高校3年夏は「3番・二塁」で青森大会準V。教員志望で筑波大に一般受験で合格した。昨春のリーグ戦ではグラウンド整備の係員だったが、夏に遠投105メートルの強肩を買われて投手に転向。「ずっと投手をやりたかった。こんないい思いができると思わなかった。今は野球を続けたい」。国立大の新星右腕が目を輝かせた。

 ■ 筑波大 19季ぶりVへ快勝発進、投手歴半年の大道寺が締めた(スポニチ) 16/4/2

 首都大学野球春季リーグが2日、バッティングパレス相石スタジアムひらつかで開幕。19季ぶり5度目の優勝を目指す筑波大は、帝京大と対戦。先発・石黒敦也投手が8回2失点と粘投し、9回は守護神・大道寺拓投手(3年)が3者凡退に締めて5―2で勝利した。大道寺は投手歴はまだ半年ながら、チームのスピードガンで最速148キロを計測。昨夏までは遊撃手だったが、「肩の強さは自信があった」と昨年8月に遊びで投球してみると、いきなり140キロを計測。川村卓監督に「投手をやってみないか?」と打診されて快諾し、本格的に投手の練習を始めた。スライダー、カーブ、ツーシームを操り、今春リーグ戦はクローザーとして期待されている。川村監督は「まさかこうなるとは。元々、野手だったのですぐ肩ができる。嬉しい誤算です」とニヤリ。大道寺は「まだ1戦目をとっただけ。先は長い。もっときつい場面で投げてチームを助けられる信頼される投手になりたい」と気を引き締めた。

  プロフィール

 青森県弘前市出身。
 大道寺 拓(だいどうじ・たく)投手。
 弘前桔梗野ボンバーズで野球を始め、6年時に楽天Jr.チームの主将を経験。
 弘前四中を経て弘前高に進学した。

 弘前高では旧チームから二塁手でレギュラー。
 3年夏の予選全6試合に3番・二塁手で出場し、不振に苦しみながらも40年ぶり準Vを達成した。
 計22打数で3安打6四死球(15打数連続無安打)、打率.136本1点5をマーク。
 7回コールド勝利を収めた準々決勝・八戸北高戦で野球人生初めての本塁打を記録している。
 県大会準優勝が最高成績。甲子園経験は無し。

 筑波大では当初ショートとしてプレー。
 強肩を買われて2年8月から投手の練習を始め、ストレートを武器に同年秋からリリーフを務める。
 救援エースの座をつかんだ3年春にV争いの中で2勝、防0.84の好成績を記録。
 延長12回2対1サヨナラ勝ちを収めた東海大1回戦(3.1回2K0封リリーフ)で初勝利を挙げた。
 桜美林2回戦(12回3対2サヨナラ勝ち)で9回1安打8K0封の好リリーフを披露。
 日体大との優勝決定戦でも接戦を演じたが、3.2回1失点救援、3対4で競り負け優勝を逃した。
 リーグ通算13試合、2勝1敗、25.1回、防御率1.42。

 175cm72kg、148㌔直球を持つ救援右腕。
 セットポジションから投げ込む最速148㌔、常時130㌔台後半から140㌔台前半の直球が武器。
 ストレートで押し、スライダー、ツーシーム、90㌔台のカーブを織り交ぜる。
 2年夏にショートからピッチャーに転向。3年春の開幕戦で自己最速148㌔(平塚)を叩き出した。
 肩の仕上がりの早さも魅力の一つ。地肩が強い。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-02-14(火)|2017年大学生投手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生投手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑