柳町 達(慶大)|ドラフト・レポート

柳町 達(慶大)

ここでは、「柳町 達(慶大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



柳町 達(慶大)

180cm72kg 右左 三塁・外野 遠投120m 50m6秒2 慶應義塾高
左右に打ち分ける対応力ある左打者。パンチ力を秘める。立大戦でバックスクリーン弾を記録した。
2019年ソフトバンク5位

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打  安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春: 13 .311  45  14 1 1 2 8 13 4 1  .367  .511
   16秋: 12 .317  41  13 2 0 1 5 8 3 1  .364  .439(10位)
   17春: 14 .291  55  16 2 1 1 9 5 9 0  .391  .418
   17秋: 13 .286  49  14 4 1 1 8 11 10 0  .407  .469
   18春: 13 .269  52  14 6 0 0 4 7 7 0  .356  .385
   18秋: 14 .259  54  14 3 0 0 2 15 5 0  .322  .315
   19春: 12 .378  45  17 2 0 1 9 8 12 0  .509  .489( 3位)
   通算: 91 .299 341 102 20 3 6 45 67 50 2  .389  .428
    ※ 16春:ベストナイン

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17神: 1 .250  4  1 0 0 0 0 0 0 0  .250  .250(3番/中)
   18選: 3 .455 11  5 0 0 0 4 3 3 0  .571  .455(3番/右)
   通算: 4 .400 15  6 0 0 0 4 3 3 0  .500  .400

 【 国際大会 】
      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19日米: 5 .500 12  6 2 0 0 1 4 5 1  .647  .667
   通 算: 5 .500 12  6 2 0 0 1 4 5 1  .647  .667

  最新記事

 ■ ソフトバンク5位指名柳町は「令和初」に挑戦(西日本スポーツ) 19/10/26

 ソフトバンクからドラフト5位で指名された慶大の柳町達外野手が25日、同大野球部第一合宿所で指名あいさつを受けた。「ずっと打撃フォームの参考にしてきたのは西武の秋山さん。1年目から試合に出続けて、安打を量産したい」。子どもの頃からファンというホークスの帽子をかぶると、自然に笑みがこぼれた。「シーズン200安打を打ってみたい。それが令和初ならなお最高ですね」。福山チーフスカウトは「ボールを見送るだろうというタイミングからバットを振る。それだけスイングスピードが速い証拠で、広角に打ち分けることもできる。体を大きくしたら秋山選手のように15本、20本打てるような選手になる可能性がある」と大きな期待をかける。

    1号:谷川  宗(法政大)  16/ 4/ 9  右翼席への2ラン
    2号:柴田 叡宙(東京大)  16/ 5/ 1  右越え先制2ラン
    3号:田村伊知郎(立教大)  16/10/15  中越えソロ本塁打
    4号:早川 隆久(早 大)  17/ 5/27  決勝右越え満塁弾
    5号:齋藤 大将(明治大)  17/10/ 7  同点の右中間ソロ
    6号:三浦 銀二(法政大)  19/ 4/29  右中間中段3ラン

     試合 打率  打  安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19秋: 5 .200  20  4 2 0 0 1 5 1 1  .238  .300

 ■ 今春に通算100安打の慶大・柳町が2安打1打点で2連勝に貢献(スポーツ報知) 19/9/23

 慶大は、柳町達中堅手の適時打などで、5回に6点を挙げ、東大に大勝した。バックネット裏で見守った楽天・鷹野スカウトは「バットコントロールが良く、率を残すタイプ」と評価。DeNA・八馬スカウトは「ミートできる力がありスイングも強い巧打者」と話した。

 ■ 慶大 柳町V3ラン!猛打賞で通算95安打(スポニチ) 19/4/30

 慶大は法大に7―4で逆転勝ちし、勝ち点2とした。今秋ドラフト候補の柳町達内野手が同点の6回に決勝の3ラン。打球は勢いを増し、右中間席中段まで達した。昨秋は3番だったが、今春は打席が多く回る1番を務めて5試合で10安打と量産DeNAの河原隆一スカウティングディレクターは「この調子で打っていけば上位(指名)の可能性もある」と高く評価した。

過去記事

 ■ 慶大・柳町 リーグ通算100安打へM10(デイリースポーツ) 19/4/14

 2安打を放って勝利に貢献。五回の第3打席では三振に倒れたが、左翼へ大きなファウルも飛ばした。「逆方向の打球は伸びていくのが自分の特長。自分本来のバッティングなのかな」と凡退の打席にも手応えを見せている。視察した阪神・畑山統括スカウトも「積極的になった」と評価した。

 ■ 慶大・柳町が3安打、スカウト絶賛(スポーツ報知) 19/4/14

 慶大・柳町達三塁手が立大戦で3安打を放ち、白星発進に導いた。初回先頭で初球を中前に運ぶなど、リーグ通算安打を「88」に伸ばした。昨秋は狙い球に固執し、自己最低の打率2割5分9厘。「追い込まれるほど打率は高くない。先に振っていく意識。ストライクゾーンに来た球をしっかり振れた」。昨季までの外野から高校で3年間守った三塁に転向。広島・苑田スカウト統括部長は「リストが柔らかく、インパクトまで速い左対左も苦にしない。挟殺プレーを見ても、野球をよく知っている三塁が欲しい球団は上位でしょう」と語った。

 ■ ドラフト候補の慶大・柳町達、郡司裕也が新たな挑戦(日刊スポーツ) 19/2/27

 リーグ戦通算85安打の柳町達外野手は、今季は内野手になる。27日、横浜商大とのオープン戦初戦で「2番三塁」でスタメン出場した。それでも適時三塁打を含む猛打賞。視察した日本ハムヤクルトのスカウトの前で、適応能力の高さを示した。
 日本ハムの大渕隆スカウト部長は「力はある。一年しっかり発揮してくれれば」と語った。(スポニチ)

 ■ 慶大コールド8強入り 河合、柳町が4安打大暴れ(日刊スポーツ) 18/6/13

 4年ぶり出場の慶大が猛打を爆発させ5回コールドで8強入りを決めた。中でも1番河合大樹外野手(4年)と3番柳町達外野手(3年)そろって4打数4安打の大暴れだった。柳町は「リーグ戦の後半から(調子が)上がっていた。基本のセンター返しが形となってできました」と振り返っていた。

 ■ 慶大・柳町 内野挑戦へ 大久保監督「2年後はドラフト上位候補」(スポニチ) 17/12/18

 慶大が17日、横浜市の同大で年内の練習を打ち上げた。秋春連覇に向け、大学日本代表候補の2年生外野手・柳町が内野に挑戦する。内野全ポジションのレギュラーが卒業して手薄になるため、慶応高時代に三塁を守った柳町に白羽の矢が立った二塁や遊撃でもテストする予定で大久保秀昭監督は「センスがある。遊撃もできるようになれば2年後はドラフト上位候補」と太鼓判。柳町も「内野は久しぶりで戸惑うこともあるけどやりがいはある」と頼もしい。

 ■ 史上初の満弾2発で慶大V王手(西日本スポーツ) 17/5/28

 92年を数える東京六大学の球史で一度もなかった快挙で王手をかけた。1点を追う7回、慶大は四球も絡んで1死満塁とし、慶大の柳町が、ルーキー早川の初球スライダーを右翼席に決勝グランドスラム。「スライダーをけっこう投げていたので、1球だけ狙ってみようと思った」と狙いが的中。6回の清水翔に続くチーム1試合2満塁弾は史上初だ。1年だった昨年、春も秋も打率3割をマークした天才バッターは2年目も3割をキープ。「警戒されるのは仕方がないので、それを上回るようにバットを振った」と胸を張った。

 ■ 慶大初の快挙!1年柳町がベストナインに「光栄だが、正直出来過ぎ」(SANSPO) 16/5/30

 慶大1年の柳町が打率3割1分1厘、2本塁打、8打点でベストナインに輝いた。慶大によると1年春での受賞は初めて。高橋由伸(巨人監督)でもできなかった快挙だ。「光栄だが、正直出来過ぎ。後ろにつなぐ意識が形になった」と淡々と喜んだ。最終戦は3打席凡退だったが、今季初戦で本塁打し、終盤まで首位打者争いを演じた。「簡単に三振していたのがファウルで粘れてきたのは成長した部分。もっと打ち損じをなくしていきたい」と飛躍を誓った。

 ■ 慶大・柳町、史上9人目の1年春に2発(スポーツ報知) 16/5/2

 慶大は、ルーキー・柳町達中堅手が先制2ランを放ち、史上9人目の1年春2本塁打をマーク。岩見雅紀左翼手(3年)は2打席連続本塁打と一発攻勢で東大に連勝し、勝ち点を2とした。柳町が早くも2本目のアーチをかけた。2回無死一塁でスライダーを乗せて、右越えに先制2ラン。大学の先輩・高橋由伸が持つ1年春3発のリーグ記録に王手をかけ「たまたまです。後ろにつなぐことを意識したい」と謙遜した。11安打はリーグトップタイで、大久保秀昭監督(46)は「高山みたいになってほしい」と昨年通算131安打でリーグ記録を更新した明大出身の阪神ドラフト1位ルーキーに重ね合わせた。

 ■ 慶大に「新ヨシノブ2世」1年柳町が開幕弾デビュー(日刊スポーツ) 16/4/10

 慶大に「新ヨシノブ2世」が現れた。柳町達外野手(1年)が、6回に右越え2ランを放つなど5打数2安打3打点でデビュー戦を飾った。7-0の6回2死一塁、柳町が7球目のスライダーを振り抜いた。右翼席に飛び込む2ランは、9年ぶりの新人開幕戦アーチ。1年春からレギュラーだった巨人高橋監督でも、初本塁打は2戦目だった。「甘い球が来たので思い切り振ったら、ホームランになっちゃいました。うれしかったです」と初々しい笑顔を見せた。三塁手として入学したが、抜群のミート力を買われて3月中旬に外野へ転向。主将の重田清一外野手から開幕スタメンを奪った。2回の初打席で中前へ初安打を放つと、4回には強烈なゴロを二塁手がはじき(記録は二失)、初打点もマーク。50メートル6秒2の俊足と遠投120メートルの強肩の持ち主は「外野は中学の時にやったことがあるので大丈夫。初めての神宮は楽しかった」と胸を張った。プロ経験のある指導者も絶賛した。元近鉄の大久保秀昭監督は「自分は1年の最初にホームランは打てなかった。すごいね」と話せば、江藤省三前監督も「(昨年卒業した)谷田(成吾)よりセンスは上」と言った。

      試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13夏予: 5 .500  16  8 1 0 0 3 3 2 2  .556  .563
   14夏予: 4 .385  13  5 0 0 0 1 2 4 2  .529  .385
   15夏予: 5 .316  19  6 1 2 1 9 0 2 2  .381  .737
   通 算: 14 .396  48 19 2 2 1 13 5 8 6  .482  .583

  プロフィール

 茨城県稲敷市生まれ。
 柳町 達(やなぎまち・たつる)サード兼センター。
 太田小学校1年時に軟式野球を始め、新利根中学校では取手シニアに所属。
 中学2年春に三塁手として全国大会Vを経験した。

 慶應義塾高では1年春から三塁手でレギュラー。
 同年夏の予選全5戦に3番・サードとして出場し、16打数で8安打、打率.500点3の実績を残す。
 8-3の快勝を収めた5回戦・武相戦で、中前適安、左前適安、左前打をマーク。
 以降、不動の3番サードとしてチームを支え、2年時春に県3位での関東大会進出を達成した。
 桐光・中川と対戦した同夏5回戦で左安(外直球)&右安を放つも1-2で敗戦。
 翌3年夏の予選で5戦4長打の活躍を見せたが、桐光に2-5で再び敗れ8強敗退に終わった。
 初戦2回戦・逗葉戦、3回戦・西湘戦で、右中間に弾き返す2点適時三塁打。
 4回戦・保土ケ谷戦7回裏2死1、2塁の好機で、右翼席に放りこむ3ラン本塁打を放っている。
 準々決勝・桐光学園戦は、恩地の内角攻めの前に、第3打席まですべて凡退。
 4点を追う9回の打席で内寄り低め直球を捉え、右越えに弾き返す意地の二塁打をマークした。
 県4強、関東1回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 慶大進学後は1年春から中堅手でレギュラー。
 6番、または7番として全13試合にスタメン出場し、打率.311(12位)本2点8でベストナインに輝く。
 開幕戦・法大1回戦で甘い変化球を右翼席に叩き込むリーグ戦1号の2ラン弾。
 同2回戦で左2点二塁打(外直球)をマークし、早慶1回戦で右中間を破る三塁打を放った。
 以降、3年時春まで中堅を務め、同秋からレフト、4年春からサードとしてプレー。
 7季90戦(3番53、7番14、1番13)の先発を担い、計102安打、打率.299本6点45を記録した。
 1年秋の立大1回戦で田村伊知郎の直球をバックスクリーンへと叩きこむソロ弾。
 翌2年春の開幕戦で宮台康平の直球を中堅フェンスに直撃させる先制三塁打を放っている。
 同早大1回戦で早川の内寄り低めスラを右ポール際に放りこむ決勝の満塁弾。
 2年春から翌秋までの4季を打率2割台で終え、4年春(1番3B)に.378のキャリアハイを残した。
 全国大会には2年秋の神宮(初戦敗退)、3年春の大学選手権(4強)に出場。
 全4戦に3番打者(17秋CF、18春RF)として臨み、15打数で6単打、打率.400点4をマークした。
 伊藤大海から3安打を打つなど3年春初戦で4安打2適時打の大活躍を披露。
 1・3回に中安(外変化球)を記録し、5回に中適安(外147㌔)、左適安(外低変化球)を放った。
 通算91試合、打率.299、102安打、6本塁打、45打点、2盗塁。

 180cm72kg、センスを評価されるサード兼センター。
 振り切るスイングで長打を放つ左打者。逆らわず逆方向に弾き返す巧打も持ち味のひとつ。
 ミート力を買われて1年春からレギュラー。現役最多の102安打をマークした。
 7季で90試合の先発を担い、うち53試合に3番として出場。4年春から1番打者を務める。
 ポジションは3年春までセンター。レフトを経て4年時春からサードを任された。
 高校時代は勝負強くパンチ力を秘めた打撃で1年時夏から3番。通算約30発を放っている。
 50m6秒2、左打者で一塁到達4.2秒前後。遠投120m。

  スカウトコメント

ソフトバンク・福山チーフスカウト|19/10/26
 「ボールを見送るだろうというタイミングからバットを振る。それだけスイングスピードが速い証拠で、広角に打ち分けることもできる。体を大きくしたら秋山選手のように15本、20本打てるような選手になる可能性がある」
ソフトバンク・山本省吾スカウト|19/10/17
 「しなやかにバットを振り抜けるヒットメーカー。特に逆方向への打撃はハイレベル。どんな投手も組んせずバットでレギュラー獲りに期待」
楽天・鷹野スカウト|19/9/23
 「バットコントロールが良く、率を残すタイプ」
DeNA・八馬スカウト|19/9/23
 「ミートできる力があり、スイングも強い巧打者」
DeNA・河原隆一スカウティングディレクター|19/4/30
 「この調子で打っていけば上位(指名)の可能性もある」
阪神・畑山統括スカウト|19/4/14
 「積極的になった」
広島・苑田スカウト統括部長|19/4/14
 「リストが柔らかく、インパクトまで速い。左対左も苦にしない。挟殺プレーを見ても、野球をよく知っている。三塁が欲しい球団は上位でしょう」
日本ハム・大渕隆スカウト部長|19/2/28
 「力はある。一年しっかり発揮してくれれば」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年10月26日(土)|2019年ドラフト指名選手 | 東京六大学 コメント(5) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
率は残せるがパワーに欠け、守備走塁も特筆すべきレベルではない。
正直、アピールポイントに欠ける印象です。
先輩の横尾が6位まで残っていたように、意外と遅くまで残るかも。
| K.S | 2019年10月10日(Thu) 00:05 | URL #- [ 編集]
2,3位で獲れ
ちなオリ
| 匿名 | 2019年06月10日(Mon) 13:07 | URL #- [ 編集]
期待していたんだけど年々成績が下降しているな

2016春 打率.311
2016秋 打率.317
2017春 打率.291
2017秋 打率.286
2018春 打率.269
2018秋 打率.195(早慶戦の前まで)
| @@@ | 2018年10月21日(Sun) 22:03 | URL #GCA3nAmE [ 編集]
順調なら3年後はドラフト上位候補でしょうね
| 匿名 | 2017年06月05日(Mon) 00:16 | URL #- [ 編集]
由伸2世だ
巨人にいらっしゃい
| 匿名 | 2017年04月22日(Sat) 14:10 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年ドラフト指名選手 | 東京六大学 コメント(5) Page Top↑