関根 智輝(慶大)

ここでは、「関根 智輝(慶大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



関根 智輝(慶大)

182cm87kg 右右 MAX145km スライダー・カーブ・チェンジ・フォーク 都立城東
都立高校に在籍するプロ注目145㌔右腕。4番・エースとして活躍。高3春の都大会で4発を放った。

  動 画

  最新記事

 ■ 都城東高・関根が慶大合格!“都立の星”となる期待大(SANSPO) 16/12/11

 今夏の高校野球東東京大会で4強入りした都城東高のエース・関根智輝投手が、慶大環境情報学部に推薦入試(自己応募)で合格したことが10日、分かった。東東京大会準決勝では、優勝した関東第一高に0-3で惜敗したが、1メートル82、87キロのがっしりした体から最速145キロの直球を投げ込む右腕。高校時代の佐々木主浩(元マリナーズなど)をイメージさせ、プロ側はリストアップしていたが本人はプロ志望届を出さず、進学を望んでいた。“都立の星”となりえる関根に、慶大・大久保秀昭監督も「球に力がある投手が受験することに期待していた」と注目してきた。

   16夏予         回数 被安 奪三 四死 失点 
   4回戦:安田学園 先  1.2  1       0 144㌔
   5回戦:東海高輪 先   9  7  7  3  3 142㌔
   準々決:帝京高校 先   9  12  6  3  6
   準決勝:関東第一 先   8  9  4  2  3 141㌔
              27.2  29       12 防3.90(失点から計算)

 ■ 城東・関根が準決勝で散る…関東第一に雪辱できず(スポーツ報知) 16/7/26

 プロ注目の最速145キロ右腕・関根智輝を擁する城東が、関東第一に零敗して準決勝で散った。エースは「こっちがミスをして相手がミスをしなかった、力の差を感じた。(相手打線に)怖さはないが、知らないうちに点を取られていた感じがした」と涙をぬぐった。今春都大会の準々決勝で敗れた相手にリベンジを果たせず、15年ぶり3度目の夏出場はならなかった。初回2死一、三塁から自らの暴投で先制点を献上6回も暴投や捕逸でピンチを広げて2失点して、8回を9安打3失点(自責1)。3試合連続完投も実らなかった。打線も右腕を援護できず、本塁が遠かった。

 ■ 城東・関根「アメトーーク」効果で帝京撃破(日刊スポーツ) 16/7/25

 城東のプロ注目右腕・関根智輝投手が、「アメトーーク」効果で帝京を撃破した。初回に2ランを浴びるなど毎回走者を出して9回12安打6失点も、142球の熱投で4強入りに導いた。「前回より球は走らないし、コースも甘くて打たれた。(自己採点は)30点で赤点だけど、仲間に助けてもらった」と感謝した。度重なるピンチを笑顔で乗り切った。15日の初戦を欠場。エース不在で乗り切った池上茂監督は、16日に放送されたテレビ朝日系「アメトーーク」の高校野球企画を見てひらめいた。14年夏の石川大会決勝で、星稜が9回8点差を逆転。「星稜のように、苦しい時こそ笑おう」と選手に話した。5回戦で勝った東海大高輪台から受け取った千羽鶴は、偶然にも星稜のスローガン「必笑」。関根も苦しい表情を出さず、140キロ前後の直球を投げ続けた。

過去記事

 ■ プロ注目、城東・関根が胃腸炎から復帰!3年ぶり8強入り(スポーツ報知) 16/7/21

 城東のプロ注目の最速145キロ右腕・関根智輝の粘投で3年ぶりの8強入りだ。国内9球団のスカウトが視察する中、今大会初先発。初回に2失点と制球に苦しんだが、9回を7安打3失点と踏ん張った。打線が同点の9回に勝ち越し、チームは接戦をものにした。エースはこの日の最速は142キロで、1週間前に胃腸炎にかかった影響で完調とはいかず、「体が重かった。球が走らず、コントロールが悪かった。今日は味方に助けられた」と反省しきりだった。

 ■ 都城東・関根 最速145キロ 5球団スカウト視察(スポニチ) 16/7/18

 プロ注目の都城東の最速145キロ右腕・関根が今大会初登板した。安田学園との4回戦に1―1の8回1死から救援。1回2/3を1安打無失点に抑えて勝利に貢献した。「調子は3、4割くらい」と振り返ったが、5球団のスカウトの前で最速144キロを計測した。13日に胃腸炎になり、初戦となった15日の日大一戦は自宅静養。高野主将からLINEで「勝つから試合に来るな、安静にしてろよ」と励まされた。39度の高熱により87キロあった体重は2キロ減ったが、16日に練習復帰。池上茂監督は「関根を登板させずに負けたら後悔する」と起用を決断した。関根は打っても8回に中前適時打を放ち、投打で奮闘した。DeNAの武居邦生スカウトは「病み上がりにしてはストレートが良かった」と評価。01年以来15年ぶりの甲子園へ、エースが復活へのノロシを上げた。

 ■ 145キロ!4番!成績上位の“三刀流”、15年ぶり甲子園導く(スポーツ報知) 16/7/3

 城東の関根智輝投手は、最速145キロを誇る本格派右腕だ。しかもパンチ力のある打撃で4番に座り、進学校の理系コースで成績上位と“三刀流”。「化学と数学は得意な方だったんですけど、最近は難しくて…。体育が楽しいです」と苦笑いするが、2年の学年末試験では約350人中、4位と秀才ぶりを発揮した。春の都大会準々決勝では強豪・関東第一と対戦。4―4の9回降雨コールド引き分けで、翌日の再試合は8回8失点で散るも、「甘い1球をホームランにされて、コントロール、配球や気持ちの部分を直そうと思った」と糧にした。センバツ出場校に2試合連続で完投し「(甲子園は)今までは遠いと思っていたが、思ったより近いのかなと」と手応えを感じた。高校通算本塁打は5本だが、今春だけで4発と打撃も急成長中だ。「柵を越える当たりも増えて、変化球を待ってボールを見られるようになった」。昨秋から栄養講習で筋肉を増やす食生活を意識し、ウェートトレや走り込みで体重は6キロ増の86キロ。下半身の粘りが増したことが、投打のレベルアップにつながった。すでに国内数球団が視察に訪れ、巨人・吉武スカウトは「指にかかった時の角度のあるボールがいい(打撃は)粗削りだけど、振る力はある」と評価する。プロ志望について右腕は「今の実力ではないかなと思いますけど、夏次第です。(興味は)あります」と冷静に分析した。クレバーな投球で夏こそ“満点”を取る。

 ■ 関東一が相手、城東エースが2日連続の力投(asahi.com) 16/4/19

 18日、前日の雨による9回引き分け再試合の準々決勝が八王子市民球場であり、関東一が8―6で城東に勝利した。城東はエース関根が2試合連続で完投したが、最後は力尽きた。前日は9回で123球、この日も8回で118球を一人で投げた。打っては4番として五回に右翼線への2点二塁打を放った。だがマウンドでは三回に3点本塁打を浴び、五回には4長短打で3点を奪われた。いずれも1点リードの場面で踏ん張れなかった。それでも、関根は「公式戦での連投は初めてで、いい経験になりました関東一相手でも力の差は感じなかった。夏に向けてがんばります」と手応えを口にした。

 ■ 城東・関根 完投&3戦連発(スポーツ報知) 16/4/18

 城東の最速144キロ右腕・関根智輝がセンバツ出場の関東第一を相手に力投。9回を9安打4失点で、最速143キロ。惜しくも降雨コールド引き分けとなり「6、7回から気負っていつも通りできなかった」と悔しげに汗をぬぐった。2回先頭の打席では3試合連続アーチとなる左越えソロで先取点を挙げ、3安打1打点とバットでも貢献。高校通算5本目ながら、今大会だけで4発を放つなど、冬場の下半身強化が実を結んだ。この日は広島ヤクルトなど4球団のスカウトが熱視線を送った。都立進学校のエースで4番は、好きな科目は数学と化学。成績は約300人いる学年全体で4位、理系コースではトップの秀才肌だ。「(プロに)興味はあります。夏が終わってから考えたい」。15年ぶり3度目の夏出場を目指す先に大きな可能性が広がる。

   15秋         回数 被安 奪三 四死 自責
   2回戦:明大中野 先   9  3  7  5  2
   3回戦:紅 葉 川 先   9  8  11  5  3
   準々決:二松学舎 先   2  5  1  1  4
              2.2  4  0  2  2(再登板)
              22.2  20  19  13  11 防4.37
           被安打率7.94 奪三振率7.54 四死球率5.16

  プロフィール

 東京都葛飾区出身。
 関根 智輝(せきね・ともき)投手。
 小1から三塁手として野球を始め、新宿中では軟式野球部で投手。

 都立城東では1年夏からベンチ入り。
 2年秋の新チームになって5番・エースの座を掴み、3戦22.2回20安打19K11失点の実績を残す。 
 初戦・明大中野戦で2失点完投勝利、続く紅葉川で11三振3失点完投勝利。
 右中間適時2塁打、中越え適時2塁打を放つなど、打っても11打数4安打の活躍を見せた。
 二松学舎大附属高に2回5安打4失点KO、3打数無安打で敗れベスト8敗退。
 翌3年春の都大会で左越え4発の活躍を演じ、2シーズン連続のベスト8進出を果たしている。
 3回戦・立教池袋戦で2ラン2発、4回戦・創価戦で同点ソロ&2対1完投勝利。
 プロ4球団が訪れた準々決で143㌔を計測し、4失点完投(引き分け)、先制ソロを記録した。
 3年夏予選は胃腸炎で出遅れた影響もあって準決で関東一に0対3完投負け。
 帝京戦で12安打7対6完投勝ちを挙げるなど、27.2回12失点の粘投で15年ぶりの4強に導いた。
 東大会4強が最高成績。甲子園経験は無し。

 182cm87kg、投打で活躍する145㌔右腕。
 セットポジションから溜めて重心を下げ、早めに着地し、角度を付けた腕の振りから投げ込む
 最速145㌔、常時130㌔台中盤から140㌔前後(3年夏の準決)の直球と、
 110㌔台から120㌔前後のスライダー、110㌔台のカーブ。その他チェンジアップ、フォーク。 
 145㌔直球を武器とする本格派。縦スラ、カーブを交えて丁寧に投げ込む。
 打っても4番の柱。3年春4試合で左越え4発(通算5発)を放った。右中間の打球も持ち味。
 登板時以外は三塁手を務める。50m6秒6。

  スカウトコメント

DeNA・武居邦生スカウト|16/7/18
 「病み上がりにしてはストレートが良かった」
巨人・吉武スカウト|16/7/3
 「指にかかった時の角度のあるボールがいい。(打撃は)粗削りだけど、振る力はある」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-12-11(日)|2020年大学生投手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑