弓削 隼人(SUBARU)

ここでは、「弓削 隼人(SUBARU)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



弓削 隼人(SUBARU)

192cm94kg 左左 MAX147km スライダー・カーブ・フォーク 佐野日大→日大 1年目
最速147㌔の直球を武器とする大型スリークォーター左腕。2種類のスライダー、カーブを織り交ぜる。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   13春:         登板無し          二部
   13秋:         登板無し          二部
   14春: 1 0勝0敗  0.2  0  1  1  0  0.00二部
   14秋:         登板無し          二部
   15春:         登板無し          二部
   15秋: 3 1勝0敗   2  4  4  6  5 22.50
   16春: 7 1勝0敗  13.1  6  11  3  2  1.35
   16秋: 8 2勝0敗  32.2  25  17  6  7  1.93(2位)
   一部: 18 4勝0敗   48  35  32  15  14  2.63
         被安打率6.56 奪三振率6.00 四死球率2.81
   二部: 1 0勝0敗  0.2  0  1  1  0  0.00
        被安打率0.00 奪三振率13.50 四死球率13.50
    ※ 16秋:敢闘賞

 【 全国大会 】
   16神    回数 被安 奪三 四死 自責  
   東海北 先   7  1  7  2  0 142㌔ ○封
   桜美林    0.1  0  0  1  0 138㌔
          7.1  1  7  3  0 防0.00
      被安打率1.23 奪三振率8.59 四死球率3.68

投手成績詳細

   14春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   立正大    0.2  0  1  1  0

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   国学大    0.2  1  0  2  0 ○
   中央大    0.2  1  2  1  0
   亜 大    0.2  2  2  3  5
           2  4  4  6  5 防22.50
     被安打率18.00 奪三振率18.00 四死球率27.00

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責
   国学大    1.1  1  0  0  0 ○
          2.2  0  3  1  0
   専修大     3  3  1  1  1 144㌔
           1  1  1  0  0 144㌔
   東洋大    0.1  0  1  0  0
   亜 大 先  3.2  1  3  1  1 144㌔
          1.1  0  2  0  0 143㌔
         13.1  6  11  3  2 防1.35
      被安打率4.05 奪三振率7.43 四死球率2.03

  最新記事

 ■ 日大コールド勝ち4強 192センチ左腕弓削7K(日刊スポーツ) 16/11/14

 24年ぶり出場の日大が、東海大北海道に7回コールドで勝利した。192センチ左腕の弓削隼人投手が7回1死まで無安打投球。7三振を奪う好投で4強へ導いた。打線も13安打と大爆発。仲村恒一監督は「弓削は変化球が多めでボールの走りっぷりもいつもの感じではなかったが、悪いなりにストライクを先行させてくれた。リーグ戦3連戦のつもりで明日、明後日と戦っていきたい」と言った。

 ■ 日大・弓削、今秋初先発で初完封(日刊スポーツ) 16/10/11

 日大の弓削隼人投手が、今秋初先発でリーグ戦初完封勝利を飾った。192センチの長身から投げ下ろす直球と変化球がコーナーに決まった。左打者6人を並べた国学院大打線に的を絞らせず、4回まで完全投球。5回以降はピンチを招きながら要所を締め、7安打5奪三振1四球で120球を投げきった。プロ志望届は出さず、卒業後は社会人野球に進む最速147キロ左腕は「左打者は得意だし、打ちづらそうにしていた。ここまでうまくいくとはビックリです」と喜んだ。
 今春の亜大戦に続く2試合目の先発で通算4勝目。「チームはいい雰囲気で戦っている。僕は社会人(富士重工)で力をつけ、プロを目指す」と最後のリーグ戦に全力投球の構えだ。(SANSPO)

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   亜 大    3.2  1  1  2  0
       先   6  3  3  0  1
   専修大     1  5  1  0  3
          3.2  1  2  2  0 ○
          3.2  1  2  0  0
   国学大 先   9  7  5  1  0 ○封145㌔
   東洋大 先   5  6  3  0  3
          0.2  1  0  1  0
         32.2  25  17  6  7 防1.93
      被安打率6.89 奪三振率4.68 四死球率1.65

  プロフィール

 栃木県佐野市出身。
 弓削 隼人(ゆげ・はやと)投手。
 田沼東中時代は佐野シニアでエースとして活躍。

 佐野日大では1年夏に膝のケガを経験。
 戦線離脱期間を経て2年春からメンバー入りし、オフに球速10㌔以上アップの急成長を果たす。
 翌3年春1回戦・作新戦で10回まで1失点(11回2対6で敗戦)の好投を披露。
 続く3年夏の県大会全4試合(先発3)をこなし、計30.2回で24安打4失点の好結果を残した。
 2回戦で8回コールド4安打完封勝利、4回戦で7安打無四球1失点完投勝ち。
 準々決勝・宇都宮北高戦でも接戦を演じたが、9.2回9四死球完投、2対3サヨナラで惜敗した。
 県大会8強が最高成績。甲子園経験は無し。

 日大進学後は2年春から2部リーグ戦に出場。
 3年秋の1部開幕ゲームで3季ぶり登板を果たし、0.2回1安打無失点リリーフで初勝利を収める。
 4年春になって登板数を増やし、7戦13.1回で防1.35、11三振3四死球を記録。
 同年秋のリーグ戦で敢闘賞に輝く活躍を演じ、京田、木村らを擁して25季ぶりVを達成した。
 8試合(先発3)32.2回をこなし、2勝0敗、6四死球、防御率1.93(2位)をマーク。
 通算2度目の先発を任された国学大1回戦で、7安打1四球初完投初完封を記録している。
 続く明治神宮大会(桜美林に4対7でベスト4敗退)初戦2回戦で全国デビュー。
 東海大北海道を7回表1死までノーヒットに封じ、7回コールド1安打2四死球完封勝ちを挙げた。
 通算19試合、4勝(1完投1完封)0敗、48.2回、防御率2.59。

 192cm94kg、大型スリークォーター左腕。
 セットから上体を傾けて重心を下げ、テイクバック深めに、左肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速147㌔、常時140㌔強(救援時)の威力のあるストレートと、
 120㌔台から130㌔前後のスライダー、130㌔前後のフォーク、100㌔台の落差あるカーブ。
 救援中心に活躍。真っすぐに切れの良い2種類のスライダーを織り交ぜる。
 登板機会に恵まれず3年秋までの実績は少なめ。4年秋に規定投球回数到達を果たした。
 まずまずのコントロールで投げ込んで行く。 
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-11-20(日)|2018年社会人投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年社会人投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑