松山 仁彦(東海大)

ここでは、「松山 仁彦(東海大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



松山 仁彦(東海大)

177cm75kg 左左 MAX144km 外野手兼投手 遠投100m 50m6秒0 東邦高
サイド気味から144㌔直球とスライダー。長打力ある左打者。高2秋の東海大会で1戦2発を記録した。

  動 画

  投手・打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責 
   16春: 1    0.1  0  0  0  0 134㌔ 関東第一
   16夏: 3   17.2  20  8  4  6
        先   7  9  3  1  2 142㌔ 北陸高校 ○
           6.2  7  5  3  3 144㌔ 八学光星 ○
            4  4  0  0  1 143㌔ 聖光学院
   通算: 4    18  20  8  4  6 防3.00
       被安打率10.00 奪三振率4.00 四死球率2.00

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   16春: 2 .375  8  3 1 0 0 3 3 0 0  .375  .500
   16夏: 3 .300 10  3 0 0 0 2 2 5 1  .533  .300
   通算: 5 .333 18  6 1 0 0 5 5 5 1  .478  .389

  最新記事

 ■ 東邦 劇的サヨナラで3回戦進出!光星エース桜井から9回5得点(スポニチ) 16/8/14

 甲子園球場で2回戦の4試合が行われ、第3試合は2年ぶり17回目出場の東邦が2年ぶり8回目出場の八戸学院光星をサヨナラで下し、3回戦進出を決めた。東邦は5―9と4点を追う9回に一挙5得点を奪う逆転勝ち。1死二塁の場面で松山の右前適時打で3点差に迫ると、なおも2死一、二塁として中西の左前適時打と高木の2点適時二塁打でついに同点。最後は鈴木理の左前適時打が3時間11分の熱戦にピリオドを打った。八戸学院光星は序盤から試合を優位に進めていたが、7回から登板したエースの桜井が東邦打線につかまり、7回と8回にそれぞれ失点。9回も悪い流れを断ち切ることができず、この回だけで6安打5失点を喫した。

   16夏予         回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:渥美農     2  0  4  0  0
   4回戦:東 郷    2.1  0  4  0  0
   5回戦:時習館 先   6  1  7  1  0
   準々決:享 栄     6  4  9  1  2
             16.1  5  24  2  2 防1.10(失点から計算)
         被安打率2.76 奪三振率13.22 四死球率1.10

 ■ 東邦・松山、得意スライダーの切れ欠き5失点(SANSPO) 16/8/8

 第2日第4試合(東邦19-9北陸)東邦は注目の藤嶋ではなく、松山が先発登板した。森田監督に「きのうのブルペンで調子が良かったから」と託されたが、7回5失点(自責点2)得意のスライダーに切れを欠いた背番号9の左腕は「カウントを悪くして甘い球を打たれた。夏の甲子園の独特な雰囲気にのまれてしまったかな」と悔しがった。ただ、今後も登板機会はありそうで「藤嶋が投げない時に抑えて、安心させられるように頑張りたい」と奮起を誓った。

 ■ 東邦・松山 春の主役はオレ(中日スポーツ) 16/4/24

 背番号9の左腕がセンバツ後の公式戦初戦で好投した。2番手格の松山が6イニングを2安打無失点。4連続を含む7奪三振でアピールした。スリークオーターから投げ込む直球はこの日最速で139キロをマーク。鋭く変化するスライダーも光った。森田泰弘監督は「きょうは良かった。まだまとまりはないが、真っすぐもスライダーも目を見張るものがある」と高く評価した。センバツでは初戦・関東第一戦の9回2死から完封目前の藤嶋の後を受けてリリーフ登板。打者1人を打ち取った。これが甲子園での唯一の登板機会だったが、センバツ前の練習試合ではプロのスカウト陣がこぞって投球をビデオ撮影したほどの注目株。それだけに周囲の期待は大きい。

     試合 回数 被安 奪三 四死 防御率 被安率 奪三率 四死率 
   15秋: 6 25.1  8  36  8  0.36  2.84 12.79  2.84

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   15秋: 17 .420 50 21 6 2 4 23 9 13 0  .540  .860

  プロフィール

 愛知県岡崎市出身。
 松山 仁彦(まつやま・まさひこ)外野手兼投手。
 六ツ美北部小学校時代に軟式野球を始め、六ツ美北中では岡崎中央ボーイズに所属。

 東邦高では1年春からベンチ入り。
 早くから期待されながら肩と肘の張りに悩まされ、2年夏予選を救援1/3回の登板のみで終える。
 2年秋に5番・右翼手レギュラーを掴み、17戦打率.420本4点23の活躍を披露。
 中越え2点三塁打、左越え3ラン、右越え弾と、東海決勝・いな総戦で3長打2発を記録した。
 神宮2回戦で堀岡隼人の高めストレートを右翼フェンスに直撃させるツーベース。
 投手としても6試合(先発3)25.1回で防0.36、8安打36奪三振2失点の好成績を残している。
 神宮で5回1安打4K1失点救援を演じ、8球目に自己最速となる143㌔を計測。
 翌選抜で3番・ライトを務め、左中間適時2塁打(外カーブ)、左適安(外低チェンジ)を放った。
 3年夏に4試合(先発2)16.1回5安打2失点の活躍で2年ぶり県大会Vを達成。
 怪我で本調子でないエース・藤嶋健人を支え、合計25K(率13.78)を奪う力投を演じている。
 続く甲子園3試合17.2イニングに登板し、11失点しながらも2勝、144㌔を記録。
 2回戦・八学光星戦(6.2回5失点救援)で9回裏一挙5得点の劇的なサヨナラ勝利を経験した。
 同学年のチームメイトに藤嶋健人近久輝ら。

 177cm75kg、プロ注目の外野手兼スリークォーター左腕。
 セットから重心を下げて小さめのテイクバックを取り、肘を使ったサイド気味の腕の振りから繰り出す
 最速144㌔、常時130㌔台後半から140㌔前後(3年夏甲子園)の真っすぐと、
 110㌔台から120㌔台のスライダー、130㌔台のカット。その他チェンジアップ、小さいスプリット。
 真っすぐに切れ味の鋭いスライダー、130㌔台で小さく動く変化球を織り交ぜる。
 2年秋6試合25.1回で36奪三振(率12.79)、8四死球(率2.84)、防御率0.36の好成績を残した。
 打者としては長打力が魅力。リスト強く左右に長打を放つ。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-01-23(月)|2020年大学生投手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑