山野 敏毅(光シーガルズ)|ドラフト・レポート

山野 敏毅(光シーガルズ)

ここでは、「山野 敏毅(光シーガルズ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



184cm86kg 右右 MAX144km スライダー 西市高→九州国際大 1年目
恵まれた体格の右サイドハンド。144㌔直球と縦スラが武器。高3春1回戦で18Kの快投を披露した。

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   15春: 3 0勝0敗  2.1  3       0  0.00
   15秋: 3 0勝0敗   3  2       1  3.00
   16春: 1 0勝0敗  0.1  0       0  0.00
   16秋: 2 0勝0敗   4  1        1  2.25
   17春: 3 0勝0敗   4  4       0  0.00
   17秋: 1 1勝0敗   5  1       0  0.00
   18春: 2 0勝0敗  3.2  4       1  2.45
   18秋: 8 2勝1敗   26  21       11  3.81
   通算: 23 3勝1敗  48.1  36       14  2.61

投手成績詳細

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責
   西南大     1  1       0
   福岡大    0.1  1       0
   九州大     1  1       0
          2.1  3       0 防0.00

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   九州大     1  2       1
   西南大     1  0       0
   北九大     1  0       0
           3  2       1 防3.00

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責
   九州大    0.1  0       0

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   九州大     1  0       0
   北九大     3  1       1
           4  1       1 防2.25

   17春    回数 被安 奪三 四死 自責
   北九大    0.1  0       0
   久留米     2  2       0
          1.2  2       0
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   福岡大     2  1       0…優勝決定戦
           6  5       0 防0.00

   17秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   九州大 先   5  1       0 ○

   18春    回数 被安 奪三 四死 自責
   西南大    0.2  1       0
   福岡大     3  3       1
          3.2  4       1 防2.45

   18秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   北九大 先   5  4       0 ○…開幕投手
       先   6  3       2 ○
   西南大    2.1  4       3
   九州大 先  3.1  3       2 
   久留米     3  1       0
           4  3       1
   福岡大     2  3       3 ●
          0.1  0       0
          26  21       11 防3.81

  プロフィール

 山口県下関市出身。
 山野 敏毅(やまの・としき)投手。
 下関市立豊田東中学校を経て県立西市高校に進学。

 西市高では1年時から控えとしてベンチ入り。
 少人数の野球部で旧チームからエースを任され、2年夏1回戦で13K1失点完投勝利を収める。
 続く2回戦・宇部鴻城(8強校)戦で、8回11安打5K、2対6完投の力投を披露。
 翌春の県初戦・厚狭戦で18Kの快投を演じ、県内屈指の本格派右腕として注目を集めた。
 3年夏の県大会(主将・3番・エース)は、山口高校に5対10で敗れ1回戦敗退。
 5打数4安打&143キロと投打に渡って奮闘したが、9安打7四死球完投の乱調で敗退となった。
 県2回戦が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 九州国際大では1年春からリーグ戦に出場。
 以降8季で23試合(救援19)48.1回に登板し、3年秋の九大2回戦で初先発初勝利を挙げた。
 最終学年秋になって登板数を増やし、8試合(先発3)26イニングで2勝を記録。
 続く九州選手権初戦・一工大戦の先発を務め、5回6四死球、6K12対2で完投勝ちを収めた。
 通算23試合、3勝1敗、48.1回、防御率2.61。

 184cm86kg、恵まれた体格の右サイドハンド。
 最速144㌔の直球と落差ある130㌔台のスライダーが武器。高3春1回戦で18三振を記録した。
 同年夏1回戦で7四死球(9回)を出すなどバラツキの残るコントロールが課題。
 高校時代から山本晃希(九国大)、柳川健大(中央大)らと並ぶ好投手として注目されていた。
 九国大では主に中継ぎ、抑えで起用されている。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2018年11月04日(日)|2020年社会人投手 | 九州六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年社会人投手 | 九州六大学 コメント(0) Page Top↑