喜久川 大輔(JR東海)|ドラフト・レポート

喜久川 大輔(JR東海)

ここでは、「喜久川 大輔(JR東海)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm80kg 左左 MAX145km スライダー・チェンジ・カーブ・フォーク 沖尚→関東学院大 5年目
内角直球とスライダー、チェンジアップ。5年目の都対予選・東海レックス戦で4安打初完封を記録した。

  動 画

  投手成績

 ■ 社会人時代成績

     試合  回数 被安 奪三 四死 自責
   16日: 1   1.2  1  2  1  0     富士重工
   18都: 1   3.2  2  3  2  0 141㌔ セガサミ
   18日: 1    0  0  0  1  2     東  芝
   通算: 3   5.1  3  5  4  2 防3.38
      被安打率5.06 奪三振率8.44 四死球率6.75

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   14春: 9 0勝0敗  12  9  12  6  0  0.00
   通算: 9 0勝0敗  12  9  12  6  0  0.00(不明分を除く)
         被安打率6.75 奪三振率9.00 四死球率4.50

  最新記事

 ■ 喜久川完封!JR東海全国切符 東海7代表出そろう(中日スポーツ) 19/6/9

 第90回都市対抗野球大会に、JR東海が2年連続29度目の出場を決めた。8日に岡崎市民球場で行われた東海地区第7代表決定戦で、日本製鉄東海REXを7-0で下した。勝利の原動力は先発した左腕・喜久川だった。コーナーを丁寧に突く投球で、チームにリズムの良さを生んだ。許した安打は散発の4本。つけいる隙を与えない投球は自らの予想以上で社会人初完封に満面の笑みだ。

   19都予    回数 被安 奪三 四死 失点
   三菱岡崎     2  0  5  1  0
   矢場とん     1  0  1  0  0
   永和商事    1.2  1  2  0  0
   三菱岡崎 先  5.2  3  9  4  1
   東海レックス 先   9  4  7  3  0
          19.1  8  24  8  1 防0.47
       被安打率3.72 奪三振率11.17 四死球率3.72

  プロフィール

 沖縄県久米島町出身。
 喜久川 大輔(きくがわ・だいすけ)投手。
 久米島町立久米島西中学校時代は軟式野球部に所属。

 沖縄尚学では3年春にエースとして県8強入りを達成。
 同年夏の予選3試合中2試合(先1)に登板し、1回戦で7回12奪三振9-2完投勝利を挙げた。
 チームメイトとして2学年上に東浜巨、1学年下に與座健人ら。

 関東学院大では2年時秋からリーグ戦に出場。
 4年時春になって救援として登板機会を増やし、合計12回で防0.00、12K1失点の実績を残す。
 同年秋(6試合12.1回で防4.38)に13年春以来3季ぶりとなる2位浮上を達成。
 続く横浜市長杯全2戦で救援を務め、帝京戦で2回2K0封、創価戦で1.2回2K0封を記録した。
 チームメイトに中野ジャスティン今崎淳次郎ら。

 JR東海では1年目から公式戦に出場。
 新人ながら全27戦中10試合(先4)に起用され、33.1回で32安打、23K、防4.32の実績を残す。
 春のスポニチ大会・東京ガス戦で、5回5安打、2発被弾4失点のホロ苦デビュー。
 その後、救援先発の両面で活躍の場を広げ、最終的にはチーム最多タイとなる3勝を挙げた。
 2年目春の東海大会・ホンダ鈴鹿戦で2四死球6K1失点初完投勝利を記録。
 中日スカウトが訪れた同5月のベーブ杯・伏木海陸戦で4回6K(4失点)の力投を演じている。
 東海レックスと対戦した5年目の都対予選・第七代決で4安打初完封をマーク。
 4年間で二大大会3試合(救援3)5.1回に登板し、通算0勝0敗、防御率3.38の結果を残した。
 二大大会3試合、0勝0敗、5.1回、防御率3.38。

 175cm80kg、プロ注目の145㌔左腕。
 ノーワインドから溜めて前傾しながら重心を下げ、インステップ気味に左ヒジを使った腕の振りから
 投げ込む最速145㌔、常時135㌔前後から140㌔前後(救援時)のストレートと、
 120㌔前後から120㌔台のスライダー、120㌔台のチェンジアップ、その他100㌔台の緩いカーブ。
 140㌔超の直球と変化球とのコンビネーションが持ち味。内外角へと投げ分ける。
 救援先発の両面でチームに貢献。関東学院大時代は中継ぎ、及び抑えとして起用されていた。
 4年目の奪三振率8.50、四死球率6.50。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-07-12(金)|2019年社会人投手 | 神奈川大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年社会人投手 | 神奈川大学 コメント(0) Page Top↑