喜久川 大輔(JR東海)

ここでは、「喜久川 大輔(JR東海)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm73kg 左左 MAX143km スライダー・チェンジ・カーブ 沖尚→関東学院大 2年目
内角ストレートとスライダー、チェンジアップ。ホンダ鈴鹿戦で5安打2四死球1失点完投勝利を挙げた。

  動 画

  プロフィール

 沖縄県久米島町出身。
 喜久川 大輔(きくがわ・だいすけ)投手。
 久米島町立久米島西中学校時代は軟式野球部に所属。

 沖縄尚学では3年春にエースとして県8強入りを達成。
 夏予選(3回戦敗退)2試合(先発1)に登板し、1回戦で7回12三振、9対2完投勝ちを挙げた。
 チームメイトとして2学年上に東浜巨、1学年下に與座健人ら。

 関東学院大では2年秋からリーグ戦に出場。
 4年春になって救援左腕として登板数を増やし、合計12回で防0.00、12三振1失点を記録する。
 同年秋に6試合(先発1)12.1回、防御率4.38で神奈川リーグ2位浮上を達成。
 続く横浜市長杯・帝京大戦で2回2K無失点、同・創価大戦で1.2回2K無失点救援を見せた。
 チームメイトに中野ジャスティン今崎淳次郎ら。

 JR東海では1年目から公式戦に出場。
 先発4試合を含む10試合33.1イニングに登板し、32安打23奪三振、防御率4.32の実績を残す。
 春のスポニチ大会・東京ガス戦で2発を含む5安打、5回4失点のホロ苦デビュー。
 入社早々壁にぶつかりながらも、着実に活躍の場を広げ、チーム最多タイとなる3勝を挙げた。
 2年目の東海春季大会・ホンダ鈴鹿戦で2四死球6K1失点完投勝ちをマーク。
 ベーブルース杯・伏木海陸戦で4回6Kを記録し、4失点ながらも中日スカウトから評価を受けた。
 二大大会(都市対抗、日本選手権)での登板経験は無し。
 
 175cm73kg、プロ注目の143㌔左腕。
 ノーワインドアップから溜めを作って重心を落とし、インステップして肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速143㌔の切れの良いストレートと、スライダー、チェンジアップなどの変化球。
 真っすぐに変化球を交え、内外角に投げ分ける。大学時代は中継ぎ、抑えとして起用されていた。
 1年目の奪三振率6.21、与四死球率4.32。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-05-04(水)|2016年社会人投手 | 神奈川大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2016年社会人投手 | 神奈川大学 コメント(0) Page Top↑