宮内 崇匡(国学院大)

ここでは、「宮内 崇匡(国学院大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm76kg 左左 MAX143km スライダー・チェンジ・カーブ 土浦日大高
最速143㌔直球とスライダー、チェンジアップ。3年春に救援3勝、9試合17回で16奪三振を記録した。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   14春:        登板無し
   14秋:        登板無し
   15春:        登板無し
   15秋:        登板無し
   16春: 9 3勝2敗   17  10  16  13  6  3.18
   16秋: 9 1勝3敗   19  15  14  18  8  3.79
   17春: 8 1勝2敗  31.1  18  16  23  10  2.87(6位)
   通算: 26 5勝7敗  67.1  43  46  54  24  3.21
         被安打率5.75 奪三振率6.15 四死球率7.22

投手成績詳細

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責
   亜 大   1.1  0  0  0  0 ○
         2.1  1  2  1  0
   日本大    3  2  4  3  3 ●
          1  1  0  0  0
   専修大    2  0  0  2  0 ○143㌔
         1.2  0  2  1  0  141㌔
         2.2  2  4  3  1 ○
   中央大    1  1  3  0  0  142㌔
   東洋大    2  3  1  3  2 ●143㌔
          17  10  16  13  6 防3.18
      被安打率5.29 奪三振率8.47 四死球率6.88

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   専修大    3  3  2  1  0 ○139㌔
         3.2  1  4  2  0  140㌔
   東洋大   2.2  1  2  4  1 ●
         1.1  3  1  0  1
   中央大   1.2  0  2  0  0
         0.1  0  1  1  0
   日本大    1  0  0  4  0
         2.1  3  0  2  2 ●
   亜 大 先  3  4  2  4  4 ●
          19  15  14  18  8 防3.79
      被安打率7.11 奪三振率6.63 四死球率8.53

  最新記事

 ■ 国学院大・宮内、毎回ピンチ背負うも無失点(SANSPO) 17/5/17

 第7週第1日(17日、亜大1-2国学院大)国学院大の宮内が粘りの投球で逃げ切り勝ちに貢献。七回から救援し、2安打3四球で毎回ピンチを背負いながらの無失点に「何とか投げ切れてよかった」とほっとした表情だった。宮内には期するものがあった。9日の東洋大1回戦で九回二死から2本塁打され逆転負けを喫していた。「寝ようとしても頭に浮かんできて…。何とか切り替えてマウンドに上がった。優勝をあまり意識せず役割を果たしたい」と話した。

   17春    回数 被安 奪三 四死 自責
   専修大    2  1  1  1  0 143㌔
         3.2  1  4  3  0
   日本大   2.2  3  2  3  1
   中央大    5  1  2  3  0 141㌔ ○
   東洋大   2.2  2  3  0  2 142㌔ ●
   亜 大    3  2  0  3  0 142㌔
         4.2  2  2  1  0
         7.2  6  2  9  7     ●
         31.1  18  16  23  10 防2.87
      被安打率5.17 奪三振率4.60 四死球率6.61

 ■ 国学院大が勝ち点1 宮内また好救援3回2/3無失点(スポニチ) 16/9/17

 国学院大が専大を5―3で下し、2勝1敗で勝ち点1を挙げた。2番手の宮内崇匡投手(3年)が3回2/3を1安打無失点。3回を1失点に抑えた1回戦に続く好救援を見せ、12季ぶり2度目の優勝へ向けて好発進した。2点差に詰め寄られた6回1死一塁で宮内が登板。後続を断ってピンチをしのぐと、7~9回は毎回走者を出しながらも得点を許さなかった。「1回戦では硬さがあった分、今日は闘争心を出して強気でいった」と満足げ。今春リーグ戦はリリーバーとして9試合に登板して3勝2敗。今秋もフル回転で投げ抜く覚悟だ。

  プロフィール

 茨城県行方市出身。
 宮内 崇匡(みやうち・たかまさ)投手。
 行方市立北浦中学校時代は大野シニアでプレー。

 土浦日大時代に目立った実績は無し。
 先発救援で3年夏の予選2戦4回に登板したが、藤代高に0対2完封負けで2回戦敗退となった。
 県大会8強が最高成績。甲子園経験は無し。

 国学院大では3年春からリーグ戦に出場。
 リリーフエースとして9試合、合計17回に登板し、優勝争いの中で3勝2敗、防3.18の実績を残す。
 140㌔前後の直球とスライダー、チェンジアップとのコンビネーションで16Kを奪取。
 専修大1回戦(6対5逆転勝ち)で143㌔を計測し、中大2回戦で三者連続奪三振を記録した。
 リーグ通算26試合、5勝7敗、67.1回、防御率3.21。

 180cm76kg、均整の取れた体格の143㌔左腕。
 ノーワインドアップからタメを作り、上体を傾けて重心を下げ、開き早めに肘を使った腕の振りから
 投げ込む最速143㌔、常時135㌔前後から140㌔前後(救援時)のストレートと、
 120㌔台のスライダー、120㌔台で小さく沈む外角チェンジアップ。その他に100㌔台のカーブ。
 140㌔を超える真っすぐを持つ救援左腕。スライダー、チェンジアップを織り交ぜる。
 甘く入る球もあるが、制球力はまずまず。3年春にリーグ戦デビューを遂げた。実績はまだ少ない。
 被安打率6.25、奪三振率7.50、四死球率7.75。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-05-17(水)|2017年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑