小豆澤 誠(上武大)

ここでは、「小豆澤 誠(上武大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



小豆澤 誠(上武大)

170cm70kg 右左 遊撃手 飛龍高
動きの良さが光る遊撃手。強豪校で2年春からレギュラー。4年春にMVP、首位打者を獲得した。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   14秋: 1   –  0  0 0 0 0 0 0 0 0   -   - 
   15春: 13 .311  45 14 4 0 1 8 5 12 2  .456  .467
   15秋: 7 .400  20  8 4 0 1 3 1 3 0  .478  .750
   16春: 10 .281  32  9 1 3 1 7 4 4 1  .361  .594(9位)
   16秋: 9 .207  29  6 1 1 0 3 4 6 0  .343  .310
   17春: 11 .438  32 14 2 1 0 7 2 11 2  .581  .563(1位)
   通算: 51 .323 158 51 12 5 3 28 16 36 5  .448  .519

    ※ 17春:MVP 15春:ベストナイン(二塁手) 17春:ベストナイン(遊撃手)
      17春:首位打者 17春:最高出塁率

 【 全国大会 】
     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15選: 4 .083  12  1 0 1 0 1 3 0 0  .083  .250
   15神: 3 .125  8  1 0 0 0 0 3 2 1  .300  .125
   16選: 3 .200  10  2 0 0 0 1 2 1 0  .273  .200
   16神: 3 .333  9  3 1 0 0 0 1 1 0  .400  .444
   17選: 3 .111  9  1 1 0 0 0 2 1 0  .200  .222
   通算: 16 .167  48  8 2 1 0 2 11 5 1  .245  .250

  最新記事

 ■ 上武大6連覇 コールドで決めた(西日本スポーツ) 17/5/17

 関甲新学生野球の春季リーグ戦は16日、伊勢崎市の上武大で最終日の2試合が行われ、上武大が10-0の7回コールドで白鴎大を下して勝ち点を5として、6季連続30度目の優勝を決めた。最高殊勲選手賞は、上武大の小豆沢誠遊撃手が受賞した。

 ■ 上武大、2戦連続のサヨナラ勝ちで4強進出/全日本大学野球(SANSPO) 16/6/9

 全日本大学選手権第4日(9日、上武大5x-4東北福祉大、神宮)上武大は悪夢から一転、歓喜の2戦連続サヨナラ勝ち。谷口監督は「よくミスをカバーしてくれた。練習量だけはやってきたという選手の思い、取り組みが出たと思う」と笑みを広げた。3-0の九回、好投の寺沢がつかまって4点を失った。土壇場の攻撃では市根井の左前打で同点。走塁ミスが出た後の2死一、二塁で8番小豆沢が変化球を捉えて右へ決勝打を放った。遊撃手として守備力が持ち味の3年生が人生初というサヨナラ打。「頭が真っ白。みんな練習からつらい思いをしてきたので負ける気がしなかった」と胸を張った。

  プロフィール

 大阪府大阪市出身。
 小豆澤 誠(あずきざわ・まこと)遊撃手。
 小学校4年時からソフトボールを始め、此花中では大阪福島シニアに所属。

 飛龍高では2年秋に東海大会を経験。
 1番・二塁手レギュラーとしてチームを引っ張り、豊川高を5対4で破って18年ぶり1勝を達成した。
 8回表の好機で森口練太郎(東海理化)から右翼線への適時三塁打を記録。
 同年12月末に県選抜チーム(メンバーに柴崎哲治高橋遥人)で台湾遠征を経験している。
 3年夏の県大会は聖隷クリストファーとの接戦を3対6で落とし初戦2回戦敗退。
 ドラフト候補・鈴木翔太と対戦し、先頭打者弾を放つなど、4打数で3安打の好結果を残した。
 県4強、東海2回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 上武大では2年春から2番、又は下位でレギュラー。
 開幕戦からセカンド、終盤からショートを任され、打率.311本1で二塁手ベストナインを獲得する。
 同年秋の神宮代決で小松から右中間フェンス上部直撃の適時3塁打を記録。
 1年秋以降の6季(6連覇)で51安打3発を放ち、リーグ通算打率.323、点28の実績を残した。
 打率.438の好成績を挙げた4年春に、MVP、首位打者賞、ベストナインを受賞。
 11試合(8番6、9番3、7番2)14安打11四死球の活躍で最高出塁率(.581)をマークしている。
 全国大会には2、3、4年春の選手権(4強)、及び2、3年秋の神宮(4強)に出場。
 全16戦(8番8、9番5、7番3)で遊撃を務めたが、計48打数で8安打の低調な成績に沈んだ。
 2年春1回戦で大野拓麻の外高め直球を中堅フェンス際に飛ばす適時3塁打。 
 同年秋2回戦で黒川雄太朗の低めに沈むボール球変化球を右安にする巧打を見せている。
 3年春準々決9回裏二死1、2塁から変化球を右翼線に運ぶサヨナラ打を記録。
 栗林良吏と対戦した3年秋2回戦で甘く入った真っすぐを中越えに弾き返す二塁打を放った。
 バッティングに物足りなさを残した一方で、ショートとして再三に渡る好守を披露。
 三遊間深い安打性の打球を軽快な動きで捌き、素早いスローイングでアウトに仕留めてみせた。
 リーグ通算51試合、打率.323、51安打、3本塁打、28打点。

 170cm70kg、守備力の高い小柄な遊撃手。
 フットワークの良さが光る遊撃手。グラブ捌き良く素早い送球で深い当たりをアウトに仕留める。
 強豪で2年春からレギュラーとして活躍。主に下位打線で起用されている。
 振り切るスイングで弾き返す左打者。小柄ながら関甲新学生リーグで通算3本塁打を放った。
 左打者で一塁到達4.3秒前後。盗塁数は少ない。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-06-15(木)|2017年大学生野手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生野手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑