山崎 悠生(ミキハウス)|ドラフト・レポート

山崎 悠生(ミキハウス)

ここでは、「山崎 悠生(ミキハウス)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



173cm78kg 左左 MAX146km カーブ・スライダー・チェンジ 高知→群馬→信濃 1年目
プロ注目の最速146㌔救援左腕。守護神としてリーグ初Vに貢献。最多セーブのタイトルを獲得した。

  動 画

  投手成績

 ■ 独立リーグ時代成績

         試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   11年(高知):       練習生登録
   12年(高知): 20  0勝1敗    27  31  16  32  18  6.00
   13年(高知): 33  1勝5敗    46  37  33  37  17  3.33
   14年(群馬): 10  1勝0敗   13.1  14  9  10  4  2.70
   15年(群馬): 42  2勝0敗3S  47.2  40  51  45  19  3.59
   16年(群馬): 42  4勝1敗    46  20  62  20  5  0.98
   17年(信濃): 37  0勝2敗21S  44.1  23  49  9  11  2.23
   18年(信濃): 24  4勝1敗1S  60.2  57  69  23  22  3.26(8位)
   独立L通算: 208 12勝10敗25S  285 222 289 176  96  3.03
               被安打率7.01 奪三振率9.13 四死球率5.56
    ※ 17年:最多セーブ

  最新記事

 ■ 阪神、ドラフト“隠し玉”はBCL信濃・山崎!MAX146キロ左腕(SANSPO) 17/10/23

 阪神が26日のドラフト会議へ向けて、独立リーグのBCリーグ、信濃グランセローズ・山崎悠生投手(24)を“隠し玉”としてリストアップしていることが22日、明らかになった。中央球界では全くの無名の左腕だ。投げ込む快速球のMAXは146キロチェンジアップ、スライダー、カーブも駆使する守護神として、今シーズンはリーグ優勝に貢献。1メートル73と上背はないが、緊張感あふれる九回のマウンドを任され続け、肝は据わっている。21セーブでタイトルも獲得した。昨年は同じBCリーグ・群馬でも優勝。その時はセットアッパーだった。2年連続で所属チームを栄光に導いたV請負人が、タテジマの“恋人”だ。通信制のウィザスナビ高時代を知る人はほとんどいない。野球への情熱を断ち難く、四国IL高知を経て、BCリーグへ。独立リーグを渡り歩いた苦労人は、毎年のように評価をアップし、ついにはドラフト指名候補に。信濃球団の関係者によると、ことしは複数球団が密着調査を行ってきた。

        2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 通 算
   被安打率: 10.33  7.24  9.45  7.55  3.91  4.67  8.46: 7.01
   奪三振率: 5.33  6.46  6.08  9.63 12.13  9.95 10.24: 9.13
   四死球率: 10.67  7.24  6.75  8.50  3.91  1.83  3.41: 5.56

  プロフィール

 高知県高知市出身。
 山崎 悠生(やまさき・ゆうせい)投手。
 高知小学校2年時から野球を始め、南海中では南国マリナーズに所属。

 崇徳高では1年時(2010年)から控えとしてベンチ入り。
 春秋続けて中国大会に出場したが、その後退部を選択し、明徳を経てウィザスナビ高に進んだ。
 県大会4強、中国8強が最高成績。甲子園経験は無し。

 高知FDでは当初(2011年)練習生としてプレー。
 制球力を改善した2年目5月に選手登録を受け、3年目9月の愛媛戦でリーグ初勝利を収める。
 101球を要しながらも5回までを1失点に抑える粘りの投球でグラゼニ賞を受賞。
 四国IL選抜で10月のフェニックスリーグに出場し、いずれもリリーフで14試合中9試合に登板した。
 通算53試合、1勝(0完投)6敗、73回、防御率4.32.。

 高知FD自由契約を経て14年5月から群馬に所属。
 同年8月8日付けで練習生から選手に昇格され、8月24日の新潟戦で移籍初勝利を記録する。
 2年目15年になって出場機会を増やし、主に中継ぎ左腕として42試合に登板。
 計47.2イニングで51Kを奪ったが、45四死球と制球力を欠き、3点台後半の防御率に沈んだ。
 打線の大量援護を受けた6月13日の福島戦(11対6)で先発初勝利をマーク。
 制球力を改善した翌2016年に防0.98の好成績で前後期V、2年ぶりリーグVを達成している。
 体重を前年の67kgから78kgに増量し、5月の巨人3軍戦で最速146㌔を計測。
 被安打率3.91、奪三振率12.13、与四死球率3.91と、各投手指標で自己最高成績を残した。
 通算94試合、7勝(0完投)1敗3S、107回、防御率2.36。

 信濃(17年2月に移籍)では1年目からリーグ戦に出場。
 守護神として83戦中45試合をこなし、25Sを挙げる活躍で、後期V、地区V、BC初Vを達成する。
 レギュラーシーズンで21セーブ(1位)、計44.1回9四死球、防御率2.97をマーク。
 群馬とのリーグCS5戦中3試合に救援登板し、1勝無敗2Sの好成績でGCS進出に貢献した。
 独立L挑戦8年目となる翌18年に、24戦(先6)4勝、防3.26で十傑入りを達成。
 後期8月22日に行われた富山GRNサンダーバーズ戦で5安打11対4初完投勝利を収めている。
 通算61試合、4勝(1完投0完封)3敗22S、105回、防御率2.83。

 173cm78kg、小柄な最速146㌔力投型左腕。
 セットから重心を下げてインステップし、テイクバック小さめに、左ヒジを柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速146㌔のストレートと、2種類のスライダー、カーブ、チェンジアップ。
 常時130㌔台後半から140㌔前後の真っすぐと変化球とのコンビネーションで空振りを奪う。
 2016年リーグ戦42試合46回で62K(率12.13)、奪三振率の高いリリーフ左腕。
 投球フォーム改造、体重増により、課題のコントロールを改善した。気持ちの強さも魅力の一つ。
 独立リーグに8年間所属した26歳。50m走5秒7。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-03-20(水)|2020年社会人投手 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
かなりコントロールが改善されたみたいだね
いつの間にか最速が2キロ上がっている
| hoc | 2017年09月13日(Wed) 23:14 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年社会人投手 | コメント(1) Page Top↑