和田 洸輝(JR北海道硬式野球クラブ)

ここでは、「和田 洸輝(JR北海道硬式野球クラブ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



172cm67kg 左左 MAX144km スライダー・カット・カーブ・チェンジ 久御山→IPU 1年目
最速144㌔直球と4種類の変化球。粘投が持ち味。4年秋にMVP受賞、神宮で完投勝利を挙げた。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 自責 防御率
   15秋: 7  7勝0敗   56  5  0.80(1位)
   16春: 6  2勝1敗  39.1  5  1.14(3位)
   16秋: 6  5勝0敗   43  1  0.21(1位)
   通算: 19 14勝1敗 138.1  11  0.72
    ※ 16秋:MVP 15秋16秋:ベストナイン

 【 全国大会 】 
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責 
   15秋: 2    10  9  5  6  2
        先   6  3  4  4  0 138㌔(神宮) 天理大 ○(雨天試合)
        先   4  6  1  2  2 141㌔(神宮) 東海大 ●
   16選: 1     2  1  2  1  0 139㌔(東ド) 東海北
   16神: 2   13.1  12  12  2  5
        先 10.1  6  9  2  2 139㌔(神宮) 大体大 ○
            3  6  3  0  3 138㌔(神宮) 桜美林
   通算: 5   25.1  22  19  9  7 防2.49
       被安打率7.82 奪三振率6.75 四死球率3.20

投手成績詳細

   15秋    回数 被安 奪三 四死 失点 
   吉国大 先   6          1 ○
       先   8          0 ○封
   岡商大 先   9  3  12     0 ○封…1対0
       先   8          3 ○
   徳山大 先   9  7       0 ○封…1対0
   福山大 先   7          1 ○
   東亜大 先   9  4       0 ○封…2対0 
          56          5 防0.80(誤差あり)

   16秋    回数 被安 奪三 四死 失点 
   東亜大 先   7  6       0 ○
   福山大 先   9  6  8     0 ○封
   岡商大 先   9  7  9     1 ○ …2対1
   徳山大 先   9     9     0 ○封…1対0
   吉国大 先   9          0 ○封…1対0
           1          0
          44          1 防0.20(誤差あり)

  最新記事

 ■ 新名称はJR北海道硬式野球クラブ(北海道新聞) 16/12/5

 来年度からクラブチームとして活動するJR北海道の名称が「JR北海道硬式野球クラブ」となることが4日、分かった。既に入社内定済みの新人4人も予定通り加入する方向で調整している。同日、札幌市内で行われた道内社会人野球のベストナイン表彰式後にJR北海道の狐塚監督が明かした。クラブ化後も同社はクラブ入りを希望する社員の採用を続ける。また、スタッフを含めた30人の部員のうち数人が移籍や引退を検討しているという。

 ■ 【明治神宮大会】環太平洋大、タイブレイク制し2回戦進出(スポーツ報知) 16/11/12

 2年連続3度目出場の環太平洋大が、今大会初のタイブレイクを制し、初戦を突破した。環太平洋大は終盤に反撃。5回に1点を返すと、8回1死三塁から3番・浅野大真登右翼手(1年)の適時二塁打で同点に追いついた。延長10回からタイブレイクに突入すると、3―3で迎えた11回表2死満塁の場面で、10回裏から守備で入った押部智樹中堅手(1年)が値千金の2点タイムリー。援護をもらった先発左腕・和田洸輝が裏の攻撃を無失点に抑え、激戦を制した。ベンチ入りメンバーで唯一の4年生という和田は、「ホッとしました」と完投勝利に安どの表情。卒業後は、今季限りで野球部を休部し、今後はクラブチームとして活動するJR北海道に進む。「正直(進路を)迷ったこともありますが、今はもう行くと決めました。厳しい環境になるとは思いますが、自分のできることを頑張りたい」と前を向いた。

  プロフィール

 京都府・久御山出身。
 和田 洸輝(わだ・こうき)投手。

 久御山高では2年夏に府大会4回戦進出。
 3年夏の予選は立命館宇治に5回8安打8四死球10失点完投負けで1回戦敗退に終わった。
 府大会4回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 環太平洋大では1年春から救援で2部リーグ戦に出場。
 1年秋の2部リーグ優勝、2年春の1部5位を経て、同年秋に3位、3年春に2位浮上を経験する。
 先発投手の座を獲得した3年秋に10シーズンぶり二度目となるリーグVを達成。
 先発7試合で最多7勝、5完投4完封を記録し、防御率0.80(1位)でベストナインを受賞した。
 以降、先発としてリーグ3連覇に貢献し、3季で計14勝(10完投7完封)を記録。
 最多タイ5勝(4完3封)、防0.21(1位)の活躍を見せた4年秋にMVPなど2冠を獲得している。
 近藤弘樹と投げ合った岡商大1回戦で7安打9三振2対1完投の粘投を披露。
 続く代決・近大工戦を9回1失点、11回TB4対3完投で制し、2年連続の神宮進出を決めた。
 全国大会には3年春の大学選手権、及び3、4年秋の明治神宮大会に出場。
 先発救援で5試合(先発3)、25.1回に登板し、2勝(1完投)1敗、防2.49の実績を残している。
 3年秋の初戦・天理大戦(6回3安打0封)で悲願の全国大会初勝利を記録。
 菅原秀との投げ合いとなった4年秋初戦で延長11回TB6安打9三振5対3完投勝利を挙げた。
 チームメイトとして同期に宮本広大、1学年下に野村颯一郎ら。

 172cm67kg、小柄なスリークォーター左腕。
 セットから溜めを作って重心を下げ、小さめのテイクバックを取り、肘を柔らかく使った腕の振りから
 繰り出す最速144㌔、常時130㌔台中盤から140㌔弱ほどのストレートと、
 130㌔台のカットボール、120㌔台のスライダー、120㌔台のチェンジアップ、110㌔台のカーブ。
 ストレートと4種類揃えた切れの良い変化球とのコンビネーションが持ち味。
 常時球速はさほど無いが、最速では144㌔を計測。粘り強いピッチングで先発として試合を作る。
 甘く入るボールもあるがコントロールはまずまず。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-12-10(土)|2018年社会人投手 | 中国地区大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年社会人投手 | 中国地区大学 コメント(0) Page Top↑