森下 翔平(日立製作所)

森下 翔平(日立製作所)

ここでは、「森下 翔平(日立製作所)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm87kg 右右 三塁手 東海大相模→東海大 2年目
左右に打ち分ける右の強打者。坂本光士郎からサヨナラ場外弾。都市対抗予選で満塁弾を放った。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率
   17都: 1 .000  1  0 0 0 0 0 1 0  .000  .000
   17日: 2 .167  6  1 0 0 0 0 4 0  .167  .167
   通算: 3 .143  7  1 0 0 0 0 5 0  .143  .143

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13春:           出場無し
   13秋: 3 .000  3  0 0 0 0 0          .000 
   14春: 14 .304  46 14 3 0 0 8 4 5 0  .373  .370(10位)
   14秋: 14 .315  54 17 1 1 1 9 7 6 2  .383  .426
   15春: 14 .409  44 18 3 1 0 3 6 11 3  .527  .523( 1位)
   15秋: 14 .327  49 16 2 1 0 9 2 9 0  .431  .408( 6位)
   16春: 12 .250  48 12 4 0 1 5 4 6 0  .333  .396
   16秋: 12 .286  42 12 2 0 2 7 2 6 1  .375  .476
   通算: 83 .311 286 89 15 3 4 41          .427
    ※ 15春:首位打者 14春15春:べスイトナイン(三塁) 15秋:ベストナイン(一塁)

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14選: 4 .300 10  3 0 0 0 2 2 2 1  .417  .300
   15選: 1 .000  1  0 0 0 0 0 0 3 0  .750  .000
   15神: 2 .222  9  2 0 1 0 0 2 0 0  .222  .444
   通算: 7 .250 20  5 0 1 0 2 4 5 1  .400  .350

 【 国際大会 】
      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16日米: 2 .000  4  0 0 0 0 0 3 0 0  .000  .000 

 ■ 甲子園成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   11選: 5 .381  21  8 0 2 1 8 2 0 3  .381  .714

  最新記事

 ■ 東海大5年ぶりV ドラフト組が優勝に貢献(日刊スポーツ) 15/11/7

 東海大(首都大学1位)が、上武大(関甲新学生1位)に大勝し、5年ぶり2度目の優勝を飾った。中日育成ドラフト6位の1番渡辺勝外野手が3安打1打点、日本ハム7位の吉田侑樹投手は、5回途中2安打1失点で優勝に貢献。最優秀選手賞は、森下翔平内野手(3年=東海大相模)が獲得した。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17都予: 5 .385 13  5 1 0 1 5 2 2 0  .467  .692

 ■ 東海大相模が史上初2度満弾/センバツ(日刊スポーツ) 11/4/3

 東海大相模が、春夏通じ甲子園で史上初となる1試合2本の満塁本塁打などで16点を奪い、11年ぶりの決勝進出を決めた。4回に森下翔平内野手(2年)、7回には田中俊太内野手(3年)が満塁の好機に1発を放った。4点リードの4回表2死満塁。今大会全試合にスタメン出場している唯一の2年生、6番森下が、真ん中136キロの直球を振り抜く。ゆっくり弧を描いた打球は、左翼ポール横の前列席にポトリと落ちた公式戦初ホーマーの森下は「あたった感触が全然ない。軽かった」。第2回WBCの決勝戦で決勝打を放ったイチローにあこがれ、自らも大舞台の甲子園で1発打つことを夢としてきた。秋の関東大会までベンチにも入れなかった努力家は「(イチローは)大舞台で打てるのがすごい。ぼくのはたまたまです」と、はにかんだ。

  プロフィール

 東京都町田市出身。
 森下 翔平(もりした・しょうへい)三塁手。
 七国山小時代から町田リトルで野球を始め、東海大相模中では青葉緑東シニアに所属。

 東海大相模では1年秋からベンチ入り。
 翌2年春の選抜に6番、主にファーストで出場し、強力打線の一員として11年ぶりVを経験する。
 5試合21打数で8安打、3長打を放ち、打率.381本1点8盗3の好成績をマーク。
 2回戦1回裏2死1・2塁の好機で、葛西の外直球を捉え、左中間への2点三塁打を記録した。
 野田昇吾相手の準々決勝・鹿児島実戦(2対0)で3安打の固め打ちを披露。
 続く準決で右中間2点三塁打(外寄り直球)、左ポール際満塁弾(高め直球)を放っている。
 翌3年夏の予選は荒川雅樹を擁する立花学園に2対4逆転負けで32強敗退。
 全3戦に5番サードとしてスタメンで出場したが、打撃振わず打率.182本0点0の不振に終わった。
 チームメイトとして庄司拓哉、石川裕也ら。

 東海大では1年秋からリーグ戦に出場。
 翌2年春のリーグ戦で定位置(主に5番)を掴み、3年時春から4番打者としてチームを牽引する。
 7シーズンで計83戦(サード79)に出場し、リーグ通算89安打、本4点41を記録。
 1年秋から5シーズン続けてリーグ優勝を果たし、ベストナインを3度(三塁2・一塁1)受賞した。
 3年春に.409(44打数18安打)の自己最高打率で首位打者のタイトルを獲得。
 4年秋の筑波大戦で木部拓実の148㌔直球を左翼ポール際に叩き込むソロ弾を放っている。
 全国大会には2年(6番)、3年春(4番)の選手権、3年秋(4番)の神宮に出場。
 全11戦(三塁10、DH1)にスタメンで起用され、計20打数で5安打、本0点2の実績を残した。
 2年春準決で田中正義の外寄り144㌔をきっちりライトに飛ばす駄目押し犠飛。
 濱口遥大と対戦した決勝・神奈川大戦でセンター前ヒット(外チェンジアップ)を記録している。
 3年秋の神宮初戦2回戦で和田洸輝からレフト前ヒット(低め変化球)をマーク。
 続く準決・亜細亜大戦で諏訪洸の外高めスライダーを右フェンスに直撃させる3塁打を放った。
 4年夏の日米野球に日本代表で出場し、控え野手として2大会連続Vを経験。
 青島が1対0完全試合を達成した同年秋の代決・国武戦で左越え決勝弾(伊藤)をマークした。
 通算83試合、打率.311、89安打、4本塁打、41打点。

 日立製作所では1年目から公式戦に出場。
 主に8番・三塁手(その他に7番)として起用され、スタメン19試合で年間3本塁打の実績を残す。
 坂本光士郎相手の京都大会・住金広畑戦でレフト場外サヨナラ2ランを記録。
 都市対抗2次予選6戦中5試合に先発出場し、全足利lクラブ戦で左越えの満塁弾を放った。
 続く本戦を代打(三振)出場で終え、秋の選手権全2戦に7番・サードで出場。
 吉川峻平と対戦した2回戦・パナソニック戦(0対7)で二大大会初安打となる右安を放っている。
 二大大会3試合、打率.143、1安打、0本塁打、0打点。

 180cm87kg、ガッチリした体格の三塁手。
 振り切るスイングから強い当たりを弾き返す右の強打者。大学時代は4番サードとして活躍した。
 センターから逆方向に打ち返す打撃も持ち味のひとつ。右方向にも長打を放つ。
 体重を高校3年夏予選時点での76キロから87キロまでアップ。体作りにより力強さを増した。
 サード守備はまずまず堅実。レギュラーを務めた大学2年春以降の6季で8失策。
 遠投100m(高校2年春選抜時点)の強肩を生かした安定したスローイングでアウトに仕留める。
 右打者で一塁到達4.3秒台から4.4秒前後。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-01-30(火)|2018年社会人野手 | 首都大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
オリックス指名候補!
| 匿名 | 2016年07月11日(Mon) 23:23 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年社会人野手 | 首都大学 コメント(1) Page Top↑