高椋 俊平(九州国際大)

ここでは、「高椋 俊平(九州国際大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



174cm80kg 右右 MAX146km スライダー・チェンジ・カーブ・カット 柳川高
投げっぷりのいい小柄な右腕。2年春にMVP受賞、4完投勝利を挙げた。縦スラを武器に三振を奪う。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   15春: 7 1勝2敗   34  22       4  1.06(3位)
   15秋: 6 3勝1敗  34.2    34     5  1.30(3位)
   16春: 6 4勝1敗  47.1  30  57     5  0.95(4位)
   16秋: 7 1勝4敗  35.2  31       10  2.52
   通算: 26 9勝8敗  151.2         24  1.42
    ※ 16春:MVP

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   15神: 1    3.1  6  5  1  2 142㌔(神宮) 上武大
   16選: 2   12.2  8  12  0  1
        先  9.2  6  8  0  0 143㌔(神宮) 広経大 ○
            3  2  4  0  1 143㌔(神宮) 奈良学 ●
   通算: 3    16  14  17  1  3 防1.69
       被安打率7.88 奪三振率9.56 四死球率0.56

投手成績詳細

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責
   久留米     1  1       0
           2  0       0
   西南大 先   9  7  8  3  2 ●
   北九大 先  4.2  5       0
           1  0       0
   福岡大 先  7.1  7       2 ●
   九州大 先   9  2  12  3  0 ○封
          34  22       4 防1.06

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   福岡大 先              ●
   九州大 先              ○
   西南大    1.2  1       1
           2  4       1
   北九大 先   9  5  9  1  0 ○
   久留米 先   9  6  10  0  0 ○封
         34.2    34     5 防1.32

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責
   九州大 先   9  3  13  1  1 ○
   久留米 先   9  3  11  1  0 ○封
   北九大 先   9  12  7  1  4 ●
   西南大 先   9  4  12  1  0 ○封
   福岡大    2.1  2  3     0
       先   9  6  11  2  0 ○
         47.1  30  57     5 防0.95
            被安打率5.70 奪三振率10.84

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   九州大    0.1  0       0
           1  1       0
   久留米 先   9  4  7  0  0 ○封
          6.2  6       2 ●
   西南大 先 10.2  8  12  2  0 ●
   北九大 先   5  5       5 ●
   福岡大 先   3  7       3 ●
         35.2  31       10 防2.52

  最新記事

 ■ 九国大・佐藤 7回10K零封(西日本スポーツ) 17/5/15

 九国大は11安打で8点を奪い、3投手の継投で九州大を完封。佐藤卓実(3年)が最速149キロの速球などを武器に先発で7回無失点と好投した。現3年生が投手陣の中心。その中には1年春からリーグ戦で投げ、2年春にMVPになった高椋俊平もいる。そのエースが故障で離脱中の今、佐藤は「チームのために常にベストピッチを目指す」と言い切る。

 ■ 九国大・高椋が完封(西日本スポーツ) 16/9/4

 九国大のエース高椋が今季初先発し、久留米大を無四球で完封した。「1点取れば、勝てる。そう思わせる投球だった」と伊藤監督。高椋の今季のテーマは「どんなピンチでも最少失点に抑え、防御率1位のタイトルを取る」。3回と4回の2度、三塁に走者を背負ったが、踏ん張った。

 ■ 九国大2年生エース高椋 決勝被弾(西日本スポーツ) 16/6/9

 九州国際大の2年生エースが力尽きた。同点の8回。3番手の高椋俊平が奈良学園大の3番宮本に右翼席に決勝ソロを運ばれた外角を狙った直球が内寄りに甘く入った痛恨の1球。試合後は「勝ちたかった。自分の責任」と悔やんだ。2試合で計12回2/3を投げた右腕は「全国でも気負わずに自分の投球ができたことは良かった。もう少し制球力をつけないと」と口にした。

過去記事

 ■ 九国大・高椋投げ抜く 6安打1失点(西日本スポーツ) 16/6/7

 九国大先発の高椋俊平(2年)が、延長10回に及ぶ接戦を投げ抜き勝利に貢献した。序盤から安定した投球を披露し、終わってみれば被安打6で無四球。1死満塁から始まるタイブレークも中犠飛による1失点で切り抜け、チームに流れを呼び込んだ。「(延長10回のタイブレークは)とにかく打者に集中することを心掛けた。リズムよく終われたと思う」と胸を張った。

 ■ 九国大 2季連続V 2年生新エース高椋 4勝でMVP(西日本スポーツ) 16/5/23

 春季リーグ戦最終週第2日は22日、北九州市民球場で3試合があり、九国大が福岡大を3-1で下して8勝2敗とし、2季連続49度目の優勝を飾った。9回1失点の好投で今季4勝目を挙げた高椋俊平(2年)が、今季の最優秀選手に選ばれた。今季は6試合で4勝1敗。140キロ台の直球とカットボールを主体とした力強い投球で、2完封を含む5完投と大車輪の働きを見せた。福岡大との1回戦ではリリーフで2回1/3を無失点に封じるなど、今季のMVPにふさわしい活躍だった。昨秋のMVPで主将の丸田隆成(4年)が右肘痛で今季の登板は3試合(1勝)。投手陣の柱の調子が上がらない中で、堂々とエースの役割を果たした。9日間の日程のキャンプでは陸上競技場での走り込みを重視。徹底的に足腰を鍛えたことで、高椋も最速が141キロから146キロにアップ。制球力も増した。

 ■ 高椋13K 九国大2季連続Vへ白星発進(西日本スポーツ) 16/4/21

 九六で2季連続優勝を狙う九国大が九州大を2-1で破り、白星スタート。2年生右腕の高椋俊平が13奪三振で1失点完投した。持ち前の制球力でボールを操り、6回まで1人の走者も許さない完璧な投球を見せた。外野に飛んだヒットは1本だけ。キレのあるスライダーを武器に13奪三振と相手打線を寄せ付けなかった。「高椋が落ち着いて投げてくれるから助かる」と伊藤健治監督は2年生右腕に大きな信頼を寄せる。

  プロフィール

 福岡県柳川市出身。
 高椋 俊平(たかむく・しゅんぺい)投手。
 矢留小学校3年からソフトボールを始め、中学時代は柳川有明ボーイズに所属。
 同期に柿木映二(SB14年育成5位)ら。

 柳川高では1年時からベンチ入り。
 背番号1で3年夏の予選全4試合の先発を務め、29回4失点の好成績でベスト16入りを果たす。
 初戦2回戦で柿木映二とのノーヒット1失点リレー(6回無失点で降板)を記録。
 3回戦・大牟田戦で6安打4三振4対1完投、続く修猷館戦で8回2安打1失点の好投を見せた。
 県5回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 九州国際大では1年春からリーグ戦に出場。
 先発リリーフで7試合、合計34イニングに登板し、1勝(1完封)2敗、防1.06(3位)の実績を残す。
 同年秋のリーグ戦で3勝1敗を記録し、先発2番手として6季ぶりリーグVを達成。
 主戦として翌2年春のリーグ連覇に貢献し、4勝(4完投2完封)、防0.95でMVPを初受賞した。
 春季キャンプでの徹底した下半身強化で真っすぐの自己最速を146㌔にアップ。
 開幕戦・九大戦で3安打13K1失点完投勝ち、福大戦で11K1失点完投勝ちを収めている。
 全国大会には1年秋の神宮(初戦敗退)、2年春選手権(2回戦敗退)に出場。
 先発救援で全3試合(先発1)に起用され、1勝1敗、16回17K、防御率1.69の実績を残した。
 1年秋の神宮1回戦・上武戦で3.1回5奪三振(変化球4)2失点リリーフを披露。
 2年春の1回戦で尾仲祐哉との投げ合いを制し、10回TB2対1、無四球完投勝利を挙げている。
 通算26試合、9勝(8完投5完封)8敗、151.2回、防御率1.42。

 174cm80kg、投げっぷりのいい小柄な右腕。
 セットポジションから溜めて重心を下げ、早めに着地し、開き早めに右ヒジを使った腕の振りから
 投げ込む最速146㌔、常時130㌔台後半から140㌔前後の伸びのある直球と、
 120㌔台の切れの良いスライダー、110㌔前後の落差あるカーブ、120㌔台のチェンジアップ。
 縦スラを武器に空振りを奪取。2年春47.1回で57三振(率10.84)をマークした。
 甘く入る球もあるが、制球力はまずまず。下半身強化で最速146㌔まで球速アップを果たした。
 1年春から先発で活躍。2年春から主戦を務める。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-05-15(月)|2018年大学生投手 | 九州六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生投手 | 九州六大学 コメント(0) Page Top↑