辰己 涼介(立命大)

ここでは、「辰己 涼介(立命大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



辰己 涼介(立命大)

180cm70kg 右左 外野手 遠投120m 50m5秒8
身体能力が高い細身の外野手。1年春からレギュラー。日米野球で豪快バックスクリーン弾を放った。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   15春: 8 .367  30 11 0 0 1 6 5 2 1  .406  .467
   15秋: 11 .300  40 12 4 0 0 5 7 1 2  .317  .400
   16春: 14 .263  57 15 4 1 0 8 10 8 2  .354  .368
   16秋: 13 .314  51 16 4 0 2 11 13 4 2  .364  .510(9位)
   17春: 13 .273  55 15 3 1 1 10 10 4 6  .322  .418 
   通算: 59 .296 233 69 15 2 4 40 45 19 13  .349  .429
    ※ 16秋:ベストナイン

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   15選: 1 .250  4  1 1 0 0 0 1 0 0  .250  .500
   15神: 2 .143  7  1 0 0 0 1 1 0 0  .143  .143
   16選: 2 .500  8  4 1 0 0 1 0 1 0  .556  .625
   通算: 5 .316 19  6 2 0 0 2 2 1 0  .350  .421

 【 国際大会 】
      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   16日米: 5 .273 11  3 1 0 1 1 3 1 1  .333  .636
   17日米: 5 .125 16  2 0 1 0 1 8 2 0  .222  .250
   17ユニバ: 7 .320 25  8 4 0 1 5 4 0 2  .320  .600 
   通 算: 17 .250 52 13 5 1 2 7 15 3 3  .291  .500

  最新記事

 ■ 立命大、延長で関大に惜敗 関西学生野球(京都新聞) 17/5/6

 関西学生野球は6日、ほっともっとフィールド神戸で2回戦2試合を行った。立命大は延長十三回、5-6で関大に敗れ、1勝1敗のタイ。立命大は八回、辰己(3年、社)の3点本塁打で追いついたが、最後に4番手の左腕坂本(2年、福岡大大濠)が2点適時打を浴びた。

    1号:江口 雅治(関西大)  15/ 5/ 3  右越え満塁弾
    2号:岩本 大和(京都大)  16/ 9/ 3  右越え3ラン
    3号:阪本 大樹(関西大)  16/10/ 9  右越え2ラン
    4号:山本 隆広(関西大)  17/ 5/ 6  中越え3ラン
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    1号:T.ホウク(米代表)  16/ 7/17  中越えソロ弾

 ■ 立命大、中軸が力を発揮! 5安打の辰己「球場の相性が良い」(SANSPO) 16/9/24

 第4節第1日(立命大8-3関学大、ほっともっと神戸)立命大は中軸が力を発揮した。一回2死から連打で一、二塁とし、5番辰己が初球の変化球を捉え、中越え二塁打で2点を先制。三回は1死一、二塁から4番高島の右越え二塁打などで3点を加えた。5安打と大当たりだった辰己は「球場の相性が良い。初球を狙ってしっかり打てた」と白い歯を見せた。

 ■ 立命大・大学日本代表の辰己が3安打4打点(デイリースポーツ) 16/9/3

 リーグ4連覇を目指す立命大が京大を圧倒した。日米大学野球で活躍した辰己涼介外野手(2年)が、一発を含む3安打4打点の活躍で打線をけん引した。ジャパンのユニホームを着た経験からか、1人だけ存在感が違った。五回2点を先制しなおも2死一、二塁の場面で「1球目と同じボールを狙った」と真ん中に来た直球を完ぺきに振り抜いた。打球は右翼席に飛び込む3ラン。初回の第1打席では左中間にポトリと落ちる安打で、一気に二塁を陥れた。九回2死一、二塁の場面では右前へ痛烈なタイムリーを放ち、計4打点。「開幕戦でいいスタートを切れて良かったです」と安どの表情を浮かべた。

過去記事

 ■ 日本が延長十回タイブレーク制し連覇 日米大学野球(デイリースポーツ) 16/7/17

 日本が2大会連続18度目の優勝を決めた。大会規定により延長十回からタイブレークとなり、無死一、二塁の場面からスタート。無死満塁とし、島田海吏外野手(上武大)が左犠飛を放った。初回に相手投手の暴投で1点を先制し、二回には辰己涼介外野手(立命大)がセンターバックスクリーンへのソロ本塁打で2点目。五回には2死二、三塁で佐藤拓也外野手(立大)が左前2点適時打を放ちリードを広げた。米国は七回、2死満塁でスコウグが日本の2番手・田村伊知郎投手(立大)から右翼への本塁打を放ち、同点に追いついた。

 ■ 立命大・辰己3安打、代表候補入りは「まさか」(日刊スポーツ) 16/6/6

 立命大が毎回の12安打で8点を奪って快勝した。大学日本代表候補入りした辰己涼介外野手(2年)は、初回に50メートル5秒8の快足を飛ばして内野安打。5回には右翼線に適時二塁打を放つなど、3安打1打点で勝利に貢献した。辰己は「代表候補入りは、まさかだった選んでいただいて自信になったし、自分の形で打てた」とうなずいた。
 50m走5秒8遠投120メートルバットのヘッドスピード150キロ超と身体能力の高い中堅手。リーグ戦は打率・263と低迷したが、代表候補入りしたことで「恥はかけない」と気持ちを入れ直した。(スポニチ)

 ■ 辰巳がV打!立命大が首位関大に快勝(デイリースポーツ) 16/4/24

 立命大が、先勝した。立命大は昨季からクリーンアップに座る辰巳涼介外野手(2年・社)が決勝打を放つなど、首位を走る関大に快勝。3番・辰巳が価値ある決勝打を放った。六回2死二塁から内角低めのカットボールをきれいに左中間へはじき返す適時二塁打。「直球だったらあきらめようと思って。内の変化球を左翼方向に打つのは得意なので」と笑顔で振り返った。1年春から中軸として活躍し、遠投130メートルを誇る強肩強打の外野手は「今年、神宮に出られたら上を目指せるように」と力を込めていた。

 ■ 立命大・辰巳 満塁本塁打含む2安打(デイリースポーツ) 15/5/4

 立命大は7-1で関大に雪辱し、近大は7-5で関学大に連勝して勝ち点2とした。立命大は二回に1年の辰巳涼介外野手(社)の満塁本塁打などで6点を先制し、西川大地投手(4年・高知)が1失点で完投した。辰巳が二回に満塁本塁打を放って試合の流れを決めた。「監督から思い切っていけ、と言われた。甘いスライダーで手応えありました」。リーグ戦初出場の前日は2安打1盗塁。この日も2安打の辰巳は「好きな野球が思う存分にできた」と初々しかった。

      試合 打率 打 安 本 点
   13夏予: 4 .214 14  3  0  1
   14夏予: 6 .296 27  8  0  2
   通 算: 10 .268 41 11  0  3

  プロフィール

 兵庫県神戸市出身。
 辰巳 涼介(たつみ・りょうすけ)外野手。
 藤原台小学校時代から硬式野球を始め、有野中では神戸三田ドジャースに所属。

 社高では旧チームから外野手でレギュラー。
 2年夏の県大会全4戦で左翼手スタメンを務め、2年秋予選から中堅手としてチームを牽引した。
 3年夏の兵庫大会は優勝校・神戸国際大付に0対3完封負けでベスト4敗退。
 3・4回戦で3安打、5回戦で2安打を記録したが、終盤ふるわず6試合で打率.296点2に留まった。
 県大会4強が最高成績。甲子園経験は無し。
 
 立命大では1年春からリーグ戦に出場。
 リーグ戦中盤から主に1番・ライトとして起用され、関西大2回戦で右越えの満塁本塁打を放つ。
 1年秋から右翼、2年春から中堅を務め、3・5番(各25試合)で69安打を記録。
 1年春以降3シーズン続けてリーグVを経験し、2年6月の5リーグ対抗戦で敢闘賞を受賞した。
 2年秋に打率.314(9位)本2、リーグ最多11打点で、外野手ベストナインを獲得。
 京都大1回戦で右越え3ラン、関学1回戦で5安打、関大1回戦で右越え2ランを放っている。
 全国大会には1年春、2年春の大学選手権、1年秋の神宮大会(8強)に出場。
 5番・ライト(1年)、3番・センター(2年)を務め、19打数で6安打、打率.316本0点2を記録した。
 1年春の1回戦で山根大幸の高め直球を中堅フェンス際まで飛ばすツーベース。
 2年春1回戦で右翼線タイムリー二塁打(内寄り直球)など3安打1四球の活躍を演じている。
 これらの実績が認められて代表入りし、2年夏の日米野球に下位打線で出場。
 第2戦で左中間を破る二塁打(外高め142㌔)、第5戦で中越え弾(外寄り151㌔)を記録した。
 59試合、打率.296、69安打、4本塁打、40打点、13盗塁。

 180cm70kg、身体能力が高い細身の外野手。
 通算69安打、振り切るスイングではじき返す左の好打者。勝負強い打撃で3、5番打者を担う。
 細身の体格ながらツボにはまれば150キロ超のヘッドスピードで一発長打を記録。
 2年夏の日米大学野球で草薙球場バックスクリーン(122m)に叩き込むパワーを披露した。
 一塁到達4.0秒前後から4.0秒台の俊足。3年春に最多タイ6盗塁を決めている。
 守っては遠投120mの強肩が武器。右翼手を経て2年春のリーグ戦で中堅手の座を獲得した。
 日米野球&ユニバ大学日本代表。50m5秒8。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-06-27(火)|2018年大学生野手 | 関西学生 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
三振数がやばいが、身体能力を考えると2位、3位くらいで指名されそう
| 平峰 | 2017年08月07日(Mon) 22:57 | URL #- [ 編集]
センターが守れる外野手で体格や肩、脚力とかは去年、ドラフト3位で楽天に指名された田中和に似てますが、打撃力をどこまで研けるかがドラフトのカギになりそうな選手ですね。
去年から結構、他でも名前が出てましたし順調に行けば来年は野手が豊作と言っても2位くらいでしょうか。
遊撃手なら1位競合もあったと思いますが、外野手でも需要は結構あると思うので最大で単独や外れ1位くらいまでは行くかも知れませんね。
レフト→オコエ
センター→辰巳
ライト→田中和
とか見てみたいですが、来年はまた来年で楽しみにしておきます。
| ぽにぽにぽにー | 2017年06月28日(Wed) 03:21 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生野手 | 関西学生 コメント(2) Page Top↑