福森 耀真(九州産業大)

福森 耀真(九州産業大)

ここでは、「福森 耀真(九州産業大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



177cm82kg 右右 MAX151km スライダー・カーブ・チェンジ 北九州高
最速151㌔の威力あるストレートとスライダー、カーブ。1年春の大学選手権で最速146㌔を計測した。

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   16春: 4 0勝0敗  3.2  1       0  0.00
   16秋:        登板無し
   17春: 2 0勝0敗   2  1       1  4.50
   17秋:        登板無し
   18春: 5 0勝1敗  10.1  7       7  6.10
   通算: 11 0勝1敗   16  9       8  4.50

 【 全国大会 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   16選: 1   2  2  1  1  0 146㌔(東ド) 東福大

投手成績詳細

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責   
   九工大     1  0       0
           1  0       0
   九共大    0.2  1       0
           1  0       0
          3.2  1       0 防0.00

   17春    回数 被安 奪三 四死 自責
   福工大     1  0       1
   九工大     1  1       0
           2  1       1 防4.50

  最新記事

 ■ 九産大・福森耀けが克服 自己最速の151キロ(西日本スポーツ) 18/4/15

 九産大の3年生右腕、福森耀が故障を乗り越えて自己最速の151キロをマークした。「球が軽く感じて思ったより走っていた」。調子の良さを自覚し、これまでの最速(147キロ)更新をねらっていたという。それでもスコアボードの151キロの表示には「びっくりした」と目を見張った。昨秋は右肘痛でベンチ入りできず、リーグ戦の登板は1年ぶり。「150キロという一つの壁をやっと越えたなと思った。今季はいい投球ができそう」と自信を見せた。

   18春    回数 被安 奪三 四死 自責
   九工大     2  1       0 151㌔
           1  0       0
   福工大     4  2       0
   日経大 先  3.1  4       5 ●
   九共大     0  0       2
         10.1  7       7 防6.10

 ■ 九産大 春5連覇へ 福森兄弟で全国切符だ(西日本スポーツ) 18/4/13

 5季連続の春季優勝を狙う九産大は福森耀真(3年)と秀太(1年)の兄弟がけん引。兄は今季は救援に加えて先発としても期待され、弟は1年生ながら遊撃の定位置を狙う。兄は1年時の春季リーグ戦で自己最速の147キロをマークしたが、その後も肘を痛めて1年秋と2年秋のリーグ戦はベンチから外れた。3年になった今年は「もう肘に違和感はない」と順調。オープン戦は先発、救援の両方で登板した。

 ■ 九産大 収穫1敗!!1年生コンビ0封リレー(西日本スポーツ) 16/6/9

 九産大は大きな収穫を得ての敗戦となった。1回4失点で降板した先発伊藤奨太(4年・九州学院)を救援し、試合を作った1年生右腕コンビだ。浦本千広(必由館)が6回、福森耀真(北九州)が2回をそれぞれ無失点に抑え、初の大舞台で躍動した。浦本は無四球の6奪三振。福森も最速146キロの真っすぐを主体に力投。「浦本に負けないように頑張ろうと思った」と“相乗効果”で、東北福祉大打線相手にもひるまなかった。

  プロフィール

 千葉県市川市出身。
 福森 耀真(ふくもり・ようま)投手。
 小学校1年時に軟式野球を始め、守恒中では軟式野球部に所属。

 北九州高時代3年夏は県4回戦で敗退。
 エースとして全試合(2完投)の先発投手を務め、計21イニングで12安打6失点の力投を見せた。
 初戦2回戦・行橋戦で5回参考ノーヒット継投(先発として4回無失点)を達成。
 3回戦・八幡戦で6安打10K4失点完投勝利、4回戦・八幡南6安打1対2完投をマークしている。
 県4回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 九産大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 続く全日本選手権2回戦に救援として登板し、146㌔直球を武器に2回0封の好結果を残した。
 右肘痛により1、2年秋のベンチを外れ、3年春になって自己最多10.1回に登板。
 リリーフとして起用された開幕戦・九工大1回戦で自己最速4キロ更新の151㌔を計測している。
 リーグ通算11試合、0勝1敗、16回、防御率4.50。

 177cm82kg、ガッチリとしたリリーフ右腕。
 ワインドアップから重心を下げて早めに着地し、肘を柔らかく使った鋭い腕の振りから投げ込む
 最速151㌔、常時140㌔前後から145㌔前後(救援時)の威力ある真っ直ぐと、
 120㌔台のスライダー、100㌔前後のスローカーブ。その他にカーブ、チェンジアップを操る。
 スクワットで鍛えた強靭な下半身を生かして投げ込む最速151㌔直球が武器。
 リリーフ登板した1年春の大学選手権2回戦で最速146㌔、平均142.2㌔(東ド)を計測した。
 堂々としたマウンドさばきも持ち味の一つ。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-05-21(月)|2019年大学生投手 | 福岡六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生投手 | 福岡六大学 コメント(0) Page Top↑