虎谷 貴哉(亜大)

虎谷 貴哉(亜大)

ここでは、「虎谷 貴哉(亜大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



虎谷 貴哉(亜大)

178cm73kg 右右 遊撃・三塁 遠投90m 50m6秒1 星稜高
センター中心に弾き返す打撃が持ち味の右打者。高3春の北信越大会で中越え特大弾を記録した。

  打撃成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17春: 3 .000  5  0 0 0 0 0 1 2 0  .286  .000
   17秋: 7 .294 17  5 1 0 0 3 1 2 0  .368  .353
   通算: 10 .227 22  5 1 0 0 3 2 4 0  .346  .273

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏: 2 .333  3  1 0 0 0 0 0 1 0  .500  .333
   16夏: 1 .250  4  1 0 0 0 1 0 0 0  .250  .250
   通算: 3 .286  7  2 0 0 0 1 0 1 0  .375  .286

  最新記事

 ■ 初戦敗退の星稜、虎谷主将「後輩たちには日本一になってほしい」(スポーツ報知) 16/8/10

 星稜は市和歌山に2―8で敗れ、初戦突破はならなかった。1年生のときにも甲子園を経験し、主将となって2年ぶりに聖地に帰ってきた虎谷貴哉遊撃手は、「初回から相手に勢いを持っていかれてしまった。打線もつなぎきれず、守備も見えないミスをして、流れを持ってこられませんでした」と敗因について話した。日本一を目指した中、早過ぎる敗退となったが、「たくさんの声援の中で野球ができて楽しかったです。後輩たちには、絶対にここに帰ってきて、必ず日本一になってほしいです」と思いを託した。
 赤羽は切れのいい球で打たせてとり、大会記録に並ぶ5併殺をとった。(asahi.com)

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16夏予: 5 .450 20  9 1 1 1 7 1 0 3  .450  .750

 ■ 星稜12年連続8強、2者連続アーチなどで7回コールド勝利(スポーツ報知) 16/7/21

 星稜が七尾東雲を7―0の7回コールドで下し、12年連続で8強入りを果たした。3回には、2死一塁から5番・木倉朋輝一塁手(2年)が自身高校公式戦1号となる左翼場外2ラン、6番で主将の虎谷貴哉遊撃手が自身高校通算30号と、2者連続アーチで試合を決めた。木倉は単打が出ればサイクル安打達成だった。3打数3安打3打点の虎谷も、「この前(6打数1安打と)ふがいないバッティングをしたので、自分のためにも、応援してくれるメンバーのためにも打ちたかったです」と、しっかり結果を出した。

        試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   16春石 川: 6 .333  24  8 2 2 1 5 4 3 1  .407  .708
   16春北信越: 3 .400  10  4 0 0 1 6 1 1 2  .455  .700
   16春通 算: 9 .353  34 12 2 2 2 11 5 4 3  .421  .706

 ■ 星稜・虎谷 特大先制アーチ(中日スポーツ) 16/6/7

 会心の当たりがグングン伸びた。2回1死走者なし。星稜の5番・虎谷が富山第一の注目右腕・森の直球を強振。打球は122メートル先の中堅フェンスを越えた高校通算24本目の特大のソロ本塁打は、試合の流れを呼び込む先制弾になった。1年春から名門のレギュラー。逆方向にも打てる強打と好守、リーダーシップはチームに欠かせない。5日の敦賀気比戦を視察した中日・中原スカウトは「派手さはないが、いい仕事をする終わってみたら虎谷の守備や打撃が効いたと思わせてくれる。好きなタイプの選手」とほれ込む。現時点では進学する方針だが、「上のステージでやれるように体をつくっていきたい」と虎谷。将来的にプロを目指す気持ちは持っている。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏予: 5 .471 17  8 2 0 0 5 3 0 0  .471  .588

  プロフィール

 石川県かほく市生まれ。
 虎谷 貴哉(とらたに・たかや)遊撃手。
 小学校1年で軟式野球を始め、河北台中では野球部でエース。
 中3春に全国大会準優勝を経験した。

 星稜高では1年春から8番・遊撃手でレギュラー。
 同年夏の県大会で打率.471点5の活躍を演じ、岩下大輝らを擁して2年連続の優勝を果たす。
 小松大谷相手の決勝で9回裏一挙9得点の大逆転サヨナラ劇(9対8)を経験。
 続く甲子園3戦中2試合(スタメン1)に出場し、2回戦・鹿屋中央戦で遊撃内安を記録した。
 翌2年夏の予選で2、9番・遊撃を務め、12打数で5安打、打率.417点5をマーク。
 同年秋(6番サード)の石川大会2回戦・金沢西戦(2対3)で先制の左越えソロを放っている。
 県内屈指の好内野手として注目され、2年12月に石川選抜で米遠征を経験。
 主に3番で全4試合にスタメン出場し、打率5割(16の8)、本1(左2ラン)点5の結果を残した。
 翌3年春に主将・3、5番・遊撃として北信越V(10打数で4安打6打点)を達成。
 中日スカウトが視察に訪れた準決・富山第一戦で先制の中越えソロアーチをマークしている。
 同年夏の予選を打率.450の活躍で制し、2年ぶり18度目となる甲子園に出場。
 1回戦1回裏に同点右安を放ったが、その後3打席は凡退し、市立和歌山高に2対8で敗れた。
 1学年下のチームメイトとして清水力斗寺西建ら。

 亜大では1年春から3試合のスタメンを経験。
 同年秋のリーグ戦7試合に三塁手として出場し、日大2回戦で左中間への適時2塁打を放った。
 通算10試合、打率.227、5安打、0本塁打、3打点。

 178cm73kg、プロ注目のショート兼サード。
 高校通算30発、センター中心に弾き返す打撃が持ち味の右打者。主に3・5番打者を務める。
 プロからも注目される資質の持ち主。強豪で高1春から正遊撃手を任された。
 3年春の北信越大会準決・富山第一戦で中堅フェンス(122m)越えの特大弾を放っている。
 派手さは無いが堅実なプレーで攻守に貢献。主将としてもチームを牽引した。
 幼少時から阪神ファンで鳥谷敬遊撃手が目標とする選手。大学経由でのNPB入りを目指す。
 右打者で一塁到達4.5秒台から4.6秒前後。

  スカウトコメント

中日・中原スカウト|16/6/7
 「派手さはないが、いい仕事をする。終わってみたら虎谷の守備や打撃が効いたと思わせてくれる。好きなタイプの選手」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-02-06(火)|2020年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑