古屋敷 匠真(八戸工大一)

ここでは、「古屋敷 匠真(八戸工大一)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm80kg 右左 MAX152km スライダー・カーブ・フォーク・チェンジ・ツーシーム
切れの良い直球とスライダーが武器。3年春に最速152㌔を計測。弘前東戦で15三振を記録した。

  動 画

  最新記事

 ■ 八戸工大一の最速152キロ右腕・古屋敷は進学(スポーツ報知) 17/7/26

 八戸工大一のエース・古屋敷は2回に直球が152キロを記録したが、2本の本塁打に沈んだ。試合後、青森山田の選手から「プロで頑張れ」と声をかけられたことに「ありがたいこと。負けは悔しいけど、ここで野球ができたことは幸せ」と涙は見せなかった。今後は進学する意思を表明し「大学では1年目からレギュラーになって、いずれは160キロを超えられる選手になりたい」と将来のプロ入りの夢も明かした。

   17夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:八戸高校 先   7  2  6  5  1 151㌔
   準々決:青森東高 先   7  6  9  4  1
   準決勝:青森山田 先   8  8  3  6  5 152㌔
               22  16  18  15  7 防2.86(失点から計算)
           被安打率6.55 奪三振率7.36 四死球率6.14

 ■ 八戸工大一・古屋敷151キロ!7回1失点&コールド決める2ラン(スポーツ報知) 17/7/21

 最速152キロの八戸工大一のプロ注目エース右腕・古屋敷匠真が、今大会初登板初先発。7回を2安打1失点に抑え、6奪三振の力投で、チームを6年連続8強に導いた。立ち上がりは「緊張もあった」と、自慢の直球が上ずり、2回に4四死球を与えるなど乱れ、中犠飛で1点を先行されてしまった。しかし、チームメートの声掛けや、長谷川菊雄監督の助言で立ち直り、3回以降は1安打無失点に抑えた。6回には、この日最速の151キロで見逃し三振を奪うなど復調。味方打線が逆転し、6―1の7回2死一塁の攻撃では、6番打者として「狙っていた」と、右翼へ豪快な2ラン。自らのバットで“サヨナラコールド勝ち”を決めた。

 ■ 八戸工大一「東北No.1右腕」決断 古屋敷 進学1本(日刊スポーツ) 17/7/8

 今秋のドラフト上位候補の八戸工大一(青森)古屋敷匠真投手がプロ志望届を提出せず、進路を大学進学1本に固めたことが7日、分かった。古屋敷の登板日には複数の球団が視察に訪れていたが、大学4年間でさらに力をつけてプロ入りを目指す方向に決断した。東北NO・1右腕の呼び声高い古屋敷は、180センチ、80キロの恵まれた体格から投げ込むキレのある直球が持ち味。プロ4球団が見守った今春の県大会準々決勝の弘前東戦では、9回1失点15奪三振の圧巻の投球を見せ、自己最速となる152キロを計測。翌週の青森山田との準決勝でも先発し2-4で敗れたが、自慢の直球で10球団近くのスカウトたちをうならせた。

過去記事

 ■ 八戸工大一・古屋敷匠真「速さより質」を重視する150キロ右腕(スポーツ報知) 17/7/4

 青森生まれの剛腕だ。青森山田や八戸学院光星など県外から選手が集まる私立校が強い中、部員のほとんどが県内出身の八戸工大一。古屋敷は「打たれても後悔しない球を投げていけば、点を取られることはない」と言い切った。今春の青森県大会では、視察したプロのスカウト陣のスピードガンで自己最速の150キロを計測。巨人・岡崎スカウト部長が「これから2度、3度と見たい選手」と話した本格派右腕だ。高1の秋で144キロを出すなど直球に定評があったが、「変化球が曲がらず、曲げようとする球が遅くなった」(古屋敷)。長谷川菊雄監督(40)から球の握りやコツなどを教わり、今は2種類のスライダーやツーシームなど、多くの球種を操るようになった。現法大・内沢航大(20)や現ロッテ・種市篤暉(18)と、古屋敷に似た直球が魅力の先輩投手がおり、古屋敷は「速さより質が大事と気づいた」。最高のお手本を参考に、冬場は学校近くの神社の階段をダッシュし、寮までの約6キロを走って帰ったりと下半身を徹底強化。その成果を球速だけでなく、チームの勝利につなげたい。

 ■ 八戸工大一・古屋敷15K完投、最速更新150キロ(日刊スポーツ) 17/5/22

 八戸工大一のドラフト候補右腕古屋敷匠真が弘前東戦に先発し、9回4安打15奪三振1失点で完投した。視察に訪れたプロ4球団のスカウトを前に、6回には自己最速を1キロ更新する150キロをマーク。夢の大台に到達した。6回先頭、古屋敷が相手3番に投げ込んだ4球目。空振り三振を奪った直球が、DeNA河原隆一スカウトのスピードガンで自己最速の150キロを計測した。常時140キロ前半の直球で押しまくり、今春の公式戦初完投で15奪三振。試合後に球速を伝え聞いた剛腕は「すごくうれしい」と笑顔を見せたが、すぐに顔を引き締め「夢は甲子園で158キロを出すことなんで」と平然と言ってのけた。昨秋の県大会初戦で宿敵八戸学院光星に打ち込まれ「分かっていても打たれない直球」の研究を始めた。出した結論は「球のスピン」。今春からリリースの瞬間を意識し「しっかり指でたたいて球の回転数を上げたい」と球を離すギリギリまで力を伝えるようにした。「去年まではただ投げていただけ。今は直球でファウルがとれるし、芯に当たっても飛ばなくなった」。手応えを口にする古屋敷の右手人さし指と中指の指先にはマメの上にマメができ、黒ずんで硬くなっていたDeNA河原スカウトは「馬力がある。今年の全国レベルでも150キロ出す投手はなかなかいない」。巨人柏田貴史スカウトも「東北の高校生右腕でNO・1。いい投手に決まっている」と興奮気味に話した。
 さらに同日に他球団のガンで152キロを計測していたことも判明しました。古屋敷は「夢は甲子園で158キロ出すこと」と強気に宣言しています。(日刊スポーツ)

   17春         回数 被安 奪三 四死 失点
   準々決:弘前東高 先   9  4  15     1 152㌔(プロ計測)
   準決勝:青森山田 先   8  8  8  3  4
               17  12  23     5 防2.65(失点から計算)
                 被安打率6.35 奪三振率12.18

 ■ 八戸工大一プロ注目古屋敷、最速147キロ光星斬り(日刊スポーツ) 17/4/25

 八戸工大一の古屋敷匠真投手がドラフト候補の片りんを見せた。八戸学院光星を相手に3点リードの9回に登板。無死満塁のピンチを招き1点こそ失ったが、この日最速147キロの直球を武器に2個の三振を奪った。県大会につながる八戸地区予選のシードを決める同大会で宿敵光星を撃破。夏の甲子園に出場した10年以来、7年ぶりに優勝した。長谷川菊雄監督は2学年上の内沢航大や昨年のエース種市篤暉を育ててきた。「投手は球速だと思っています。見てても球が速い方が面白い。制球重視とは言ったことがないですね」。ひたすら球速を追求するのが剛腕育成のコツで、特に冬場の練習に秘密が隠されていた。「器具を使った筋力トレーニングはあまりやらせません。自然な筋肉をつけてほしいので」と意図を説明する。古屋敷は長谷川監督の指示に従い、ひたすら走り込みや神社の階段ダッシュ、懸垂などで自分を追い込んだ昨秋から6キロ増の80キロまで増量して臨んだ3月の関西遠征では、3キロ増の最速149キロまで到達。「球の質が秋とは全然違う。直球でファウルや空振りがとれるようになった」と成長を実感し、春を迎えていた。7年ぶりの夏の甲子園出場をステップに、プロ入りを目指す。「地元勢だけでも甲子園で勝てるのを見せたい」と胸を張り、「種市さんが刺激になった。プロ野球選手になりたい」と目を輝かせた。

 ■ 八戸学院光星…4点差はね返す!(スポーツ報知) 16/9/19

 八戸学院光星が4点差をひっくり返し、八戸工大一に7―5の逆転勝ちで初戦を突破。逆転の立役者は、公式戦初出場の1番・馬場文冶三塁手だ。0―4の4回、先頭の5番・花房大晴左翼手のソロ本塁打などで2―4とすると、2死二塁で馬場が左翼席上段へ同点2ラン。デビュー戦での公式戦1号に「気持ちいいですね」と笑顔を見せた。5―4と勝ち越した8回2死二、三塁では、試合を決定づけるダメ押しの左越え2点二塁打。4打数2安打4打点で、八戸工大一のエース右腕・古屋敷匠眞(ふるやしき・たくま、2年)を攻略し「あまり緊張はしなかった。気持ちで打ちました」と振り返った。

   16夏        回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:五所商 先   9  7  7  3  1
   準々決:大 湊 先   8  7  6  7  4
              17  14  13  10  5 防2.65(失点から計算)
          被安打率7.41 奪三振率6.88 四死球率5.29

 ■ 春季東北高校野球 八戸工大一投手が活躍(河北新報) 16/6/11

 八戸工大一が逃げ切った。0-1の三回に種市の2点二塁打などで3点を挙げ逆転し、五回は古屋敷の2点三塁打などで4得点。古屋敷は8回4失点ながら14奪三振と力投した。光南は追い上げも届かなかった。八戸工大一は継投した2人が打撃で計4打点と気を吐いた。種市は0-1の三回、2死一、二塁から「変化球を狙っていた」と、甘いカーブを捉えて中越えに逆転の2点二塁打。「(投球で)失点した分、強い気持ちで打席に立った」と言う6番古屋敷も3-2の五回に右越え2点三塁打を放った。投げては共に140キロ台の直球を武器に、相手の終盤の反撃をかわした。

   16春東北      回数 被安 奪三 四死 自責
   1回戦:盛岡附 先   8  11  5  2  5
   2回戦:光 南 先   8  8  14  4  4 146㌔
   準々決:東 陵     1  0  2  0  0
              17  19  21  6  9 防4.76
         被安打率10.06 奪三振率11.12 四死球率3.18

  プロフィール

 青森県東北町生まれ。
 古屋敷 匠真(ふるやしき・たくま)投手。
 蛯沢小学校3年から野球を始め、東北中では軟式野球部に所属。
 上北選抜で中3秋の全国KB大会に出場した。

 八戸工大一では1年春からベンチ入り。
 早くから140㌔を超える真っ直ぐで注目を集め、1年秋2回戦で5.0回1安打1失点の結果を残す。
 翌2年春に主力の一角として青森大会3位での東北大会ベスト8進出を達成。
 県3決・五所川原工戦で大会初先発を務め、6回2安打、4四死球2失点の粘投を披露した。
 東北大会全3試合(先発2)に登板し、計17回で21K、19安打10失点をマーク。
 2回戦・光南高戦(146㌔計測、8回4失点)で、6者連続含む14奪三振の力投を演じている。
 2年夏の青森大会は大湊高に7安打7四死球4失点完投負けでベスト8敗退。
 続く秋予選で主戦の座を掴んだが、初戦で光星とあたり、2発含む7失点で完投負けとなった。
 翌3年春の県大会(背番号10)準々決勝で152キロ(プロスピードガン)を計測。
 9回4安打15Kの力投で7対1完投勝利を収め、視察に訪れた4球団スカウトから評価を受けた。
 2学年上に内沢航大、1学年上に種市篤暉ら。

 180cm80kg、最速152㌔直球を持つ本格派右腕。
 ワインドアップから投げ込まれる最速150㌔のキレの良い真っすぐと鋭く曲がるスライダーが武器。
 2年春の東北大会で146㌔(花巻球場)、3年春の県大会で152㌔を計測した。
 真っすぐ主体に押すピッチングを持ち味とする力投型の右腕。スライダーなどを織り交ぜる。
 冬場の下半身強化で体重を6キロ増し、同時に投球フォームの修正にも着手。
 プロ4球団スカウトが視察に訪れた3年春の県大会準々決・弘前東戦で15Kの結果を残した。
 外野手として打撃でもチームに貢献する。50m6秒1。

  スカウトコメント

巨人・岡崎スカウト部長|17/7/4
 「これから2度、3度と見たい選手」
DeNA・河原スカウト|17/5/22
 「馬力がある。今年の全国レベルでも150キロ出す投手はなかなかいない」
巨人・柏田貴史スカウト|17/5/22
 「東北の高校生右腕でNO・1。いい投手に決まっている」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-07-26(水)|2017年高校生投手 | コメント(7) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
https://www.youtube.com/watch?v=x_B8MnvVSSE
今年に入ってからのフォームが誰かに似てるなぁ・・・というモヤモヤ感がずっとあって、ようやく思い当たったのが元巨人の高橋尚成。
右と左の違いはあるし、古屋敷の方が既に球速も5kmくらい上だけど、足腰のバネを感じさせる素晴らしいフォームだなと。

やっぱり余計な回り道はせずに、即プロに入った方がいい。今の時点でも大学レベルなら即通用してしまうから、最初の1年目でやれることをやり尽くして、残りの3年間を惰性で過ごしてしまわないだろうか。
高卒時点でドラフト上位の力量を持った選手が、大学の4年間モチベーションを維持して成長し続けるのは難しいよ。
| 東京漢(とんちんかん) | 2017年07月21日(Fri) 23:02 | URL #mQop/nM. [ 編集]
古屋敷は大学進学ですか。今年は昨年と比べて投手が不作気味なので相対的に高めの順位でプロ入りできそうだったのに少し残念。
大学はどこに進むのかな?東京六大学か東都か、それとも地元の東北の大学か。まぁ最近は10年前とかに比べて地方の大学リーグからもドラフトにかかるようになってきたのでどこに進んだとしても4年後が楽しみですね。
| 北風 | 2017年07月10日(Mon) 07:26 | URL #- [ 編集]
残念です。高卒プロで見てみたい逸材でしたが、仕方ないですね。
これだけ注目されてますから内沢くんに続いて東京六大学進学もありますかね?
| 匿名 | 2017年07月09日(Sun) 18:20 | URL #- [ 編集]
昨年のフォームに比べて下半身のバネが利いて、より勢いのあるフォームになったね。
152kmという数字よりも、足の上げ幅の大きさ、弾むような足腰のバネ、打者に向かっていくような勢いなど、高校でもトップクラスにフォームの見栄えがいい。
https://www.youtube.com/watch?v=x_B8MnvVSSE

本人が希望していることなら大学進学も致し方ないが、これだけの選手が大学に行って、今さら何を得ることがあるのかな。
最終目標がプロというなら、よほど「六大学で投げたい」とか「東京オリンピックに出たい」とか、そういう明確な目標でもない限りは高校からプロに行った方が良い、そういうタイプの選手のように思う。
| 東京漢(とんちんかん) | 2017年07月09日(Sun) 16:41 | URL #mQop/nM. [ 編集]
内沢くん→種市くん→古屋敷くんとドラフト候補を県内出身の選手だけで毎年のように輩出しているのは流石ですよね。
甲子園は八戸学院光星が強いので、中々難しいところがありますが。
| ぽにぽにぽにー | 2017年05月23日(Tue) 00:41 | URL #- [ 編集]
150キロ出したよ
| 芸ニューの名無し | 2017年05月22日(Mon) 16:38 | URL #- [ 編集]
古屋敷匠真選手は最速147㎞/hです。
訂正お願いします
| 匿名 | 2016年07月11日(Mon) 12:05 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年高校生投手 | コメント(7) Page Top↑