吉川 峻平(パナソニック)

吉川 峻平(パナソニック)

ここでは、「吉川 峻平(パナソニック)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



183cm77kg 右右 MAX148km スライダー・カーブ・シンカー 関大北陽→関西大 2年目
伸びのある直球と決め球シンカー。都市対抗初戦で14Kを記録。日本選手権で完封勝利を挙げた。

  動 画

  投手成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   17都: 2   14.1  9  22  3  4
        先   9  5  14  2  2 146㌔ 三菱岡崎 ○
        先  5.1  4  8  1  2 144㌔ 日本通運 ●
   17日: 1 先   9  4  11  2  0     日  立 ○封
   通算: 3   23.1  13  33  5  4 防1.54
       被安打率5.01 奪三振率12.73 四死球率1.93

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   13春: 1  0勝0敗   0.1  1  0  0  1 27.00
   13秋:         登板無し
   14春:         登板無し
   14秋:         登板無し
   15春: 6  1勝1敗   24  19  21  13  7  2.63
   15秋: 3  0勝0敗    4  4  7  1  1  2.25
   16春: 6  2勝2敗  41.2  26  37  8  6  1.30(2位)
   16秋: 7  2勝3敗  37.2  36  24  9  8  1.91(5位)
   通算: 23  5勝6敗  107.2  86  89  31  23  1.92
          被安打率7.19 奪三振率7.44 四死球率2.59

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   16神: 1 先   3  5  4  0  3 143㌔(神宮) 明治大 ●

 【 国際大会 】
      試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   16日米: 2  1.1  2  3  0  2 13.50

投手成績詳細

   13春    回数 被安 奪三 四死 自責
   同 大    0.1  1  0  0  1

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責
   京 大 先   9  5  9  3  0 ○封
   近 大 先  0.1  1  0  4  5 ●
   同 大     2  2  3  1  0
   立命大     4  3  1  0  1
   関学大 先   6  6  7  2  0
       先  2.2  2  1  3  1
          24  19  21  13  7 防2.63
      被安打率7.13 奪三振率7.88 四死球率4.88

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   同 大     1  1  2  0  0
   京 大     2  3  2  1  1
   立命大     1  0  3  0  0
           4  4  7  1  1 防2.25
      被安打率9.00 奪三振率15.75 四死球率2.25
 
   16春    回数 被安 奪三 四死 自責
   京 大 先   4  8  3  0  3
   同 大 先   7  3  4  2  1
   立命大 先   7  4  6  2  1 ●
   近 大 先  13  5  12  2  0 ○封
          1.2  3  3  0  1 ●
   関学大 先   9  3  9  2  0 ○封
         41.2  26  37  8  6 防1.30
      被安打率5.62 奪三振率7.99 四死球率1.73

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   近畿大 先   8  6  10  3  1 ●
       先   6  4  1  2  0
   同 大 先   6  4  3  2  0 ○
   京都大 先   7  5  1  0  0 ○
   立命大 先   6  4  6  2  2 ●
       先  0.2  5  0  0  2 ●
   関学大 先   4  8  3  0  3
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   立命大 先  5.1  6  6  1  1 ○…優勝決定戦
          43  42  30  10  9 防1.88
      被安打率8.79 奪三振率6.28 四死球率2.09

   16秋代決  回数 被安 奪三 四死 自責 
   大体大 先   9  2  15  4  0 ○封

  最新記事

 ■ 社会人ではパナソニック吉川らが上位候補(スポニチ) 18/1/25

 社会人では、パナソニックで入社直後から活躍する右腕・吉川上位候補の呼び声が高い。昨年の日本選手権で好投したトヨタ自動車の高卒3年目左腕・富山も評価が急上昇中。関東勢では日本通運・生田目や、NTT東日本・堀、Honda・斎藤ら右腕が豊作。

   17年          回数 被安 奪三 四球 失点
   春季大会:大阪ガス     1  0  2  1  0
   スポニチ:JR西日本 先   9  2  8  0  0封148㌔(神宮)
   静岡大会:ヤ マ ハ 先   9  8  5  3  3
   京都大会:三菱広島 先   6  9  4  0  2
   都対予選:関メディ 先   9  5  9  0  0封
       :神戸高砂 先  6.2  7  3  2  2
       :ニチダイ 先   8  3  9  2  0
       :日本新薬 先   8  10  7  2  1
   都対本戦:三菱岡崎 先   9  5  14  2  2 146㌔
       :日本通運 先  5.1  4  8  1  2 144㌔
   選手権予:日本生命 先   5  4  6  2  4
   選手権本:日  立 先   9  4  11  2  0
                85  61  86  17  16 防1.69(失点から計算)
            被安打率6.46 奪三振率9.11 与四球率1.80

 ■ パナソニック ルーキー吉川が快投14K スカウト陣も色めき立つ(スポニチ) 17/7/15

 関大からパナソニックに入社した吉川峻平投手が三菱自動車岡崎相手に14奪三振の快投。2失点に抑え初登板初勝利を飾った。1回、いきなり三者三振でスタートすると2回も死球を出したがアウトはすべて三振。3回はシンカーが高めに浮いてソロアーチを浴びたが、この回も3三振。ネット裏のスカウト陣3回9奪三振色めき立った。昨年、神宮大会で対戦したため、吉川を研究・分析した明大の田中武宏コーチは「ストレートが速くなったのと、シンカーの質が変わったというか良くなった。右打者にシンカーをあまり投げられていなかったが、きょうは投げられてるものね」とスタンドから吉川の成長を感じ取っていた。関大4年時には阪急で活躍した関大OBの山口高志氏から「左手の使い方が大事やぞ」とアドバイスを受け急成長。入社1年目ながらエース格となって東京ドームの初戦を任された。

 ■ 関大・吉川、7回無四球無失点で三塁踏ませず「緩急つけられた」(SANSPO) 16/9/24

 持ち味の打たせて取る投球で関大の吉川が京大打線を抑えた。四回まで毎回安打を浴びたが連打を許さず、7回を68球で無四球無失点。三塁を踏ませなかった投球に「球の切れとかあまり良くなかった。(調子が)悪いなりに緩急をつけられた」と話した。打席では五回に自らを援護するスクイズを決めた。「打てないんで。あれで点が入るなら」と4年生右腕ははにかんだ。

  プロフィール

 大阪府吹田市出身。
 吉川 峻平(よしかわ・しゅんぺい)投手。
 佐竹台ストロングアローで軟式野球を始め、高野台中時代は千里山ボーイズに所属。

 関大北陽時代2年夏にピッチャー転向。
 3年夏の予選で26.1回連続無失点の好投を演じ、主将・エースとしてベスト16進出を達成した。
 交野高戦で7安打7奪三振完封勝利、大冠高戦で無四球完封勝利を記録。
 続く近大付戦で6回まで1対1の接戦を演じたが、惜しくも6安打6三振1対3で完投負けとなった。
 2学年上のチームメイトに田村丈(DeNA15年育成3位)ら。

 関西大では1年春からリーグ戦に出場。
 3年春の開幕週・京大2回戦で初先発を果たし、5安打9K4対0完封の好投で初勝利を収める。
 翌4年春のリーグ戦(阪本に次ぐ先発2番手)で防1.30(2位)の好成績を記録。
 近畿大を延長13回12K1対0、関学大を3安打4対0で破り、先発2勝(2完2封)をマークした。
 この活躍により代表候補に選出され、選考合宿・紅白戦で最速143㌔を計測。
 2試合3回の登板で空振り3K(田口耕蔵、上田哲平、北村拓己)1失点の結果を残している。
 決め球シンカーを買われて本代表に残り、7月の日米大学野球(優勝)に出場。
 救援で2試合1.1イニングに登板し、2ランを浴びた一方で、3三振(シンカーで2個)を奪取した。
 エースを務めた同年秋に4季ぶりリーグV(立命大とのプレーオフに勝利)を達成。
 菅原秀と投げ合った代表決定戦・大体大戦で2安打15三振2対0完封の快投を演じている。
 全国大会には4年秋の神宮大会(明治大に1対4で初戦2回戦敗退)に出場。
 変化球で4三振を奪い、最速143㌔を出したが、5安打4長打を浴び、3回4失点で降板となった。
 通算23試合、5勝(3完投3完封)6敗、107.2回、防御率1.92。

 パナソニックでは1年目から公式戦に出場。
 スポニチ・JR西戦(148㌔計測)で初先発を遂げ、2安打8K無四球の好投で完封勝ちを収める。
 都市対抗2次予選(第4代表獲得)で、4戦31.2回29K、防0.28の活躍を披露。
 続く本大会全2試合に先発として登板し、計14.1回で9安打22K、防2.51の好成績を残した。
 日本通運・阿部にノーノーを喫して0対2(5.1回8奪三振2失点)で2回戦敗退。
 初戦・三菱岡崎戦で14奪三振(3回裏までに9個)2四死球2失点完投の好投を演じている。
 同年秋の日本選手権2回戦・日立戦で4安打11三振7対0完封勝利をマーク。
 JABA代表として11月末開幕のAWBに出場し、計13回で16K、防御率2.08の好結果を残した。
 二大大会3試合、2勝1敗、23.1回、防御率1.54。

 183cm77kg、長身スリークォーター右腕。
 セットポジションから重心を下げてインステップし、右ヒジを柔らかく使った腕の振りから投げ込む
 最速148㌔、常時130㌔台後半から140㌔台前半の伸びのあるストレートと、
 独特の軌道で落ちる120㌔台のシンカー、120㌔台のスライダー、110㌔前後の縦カーブ。
 1年目の都市対抗初戦で14K(変化球9)を記録。高2夏から投手を始めた。
 真っ直ぐに変化球を交えて緩急をつける投球が持ち味。決め球であるシンカーに自信を持つ。
 被安打率6.46、奪三振率9.11、与四球率1.80。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-01-25(木)|2018年社会人投手 | 関西学生 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
今年の目玉!
順調に行けば1位でもおかしくないよ!
| KT | 2018年01月30日(Tue) 21:56 | URL #- [ 編集]
スタッツすごい、球速もうちょいあがると面白いね
| 匿名 | 2018年01月13日(Sat) 20:17 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年社会人投手 | 関西学生 コメント(2) Page Top↑