渡邉 大地(ミキハウスベースボールクラブ)

渡邉 大地(ミキハウスベースボールクラブ)

ここでは、「渡邉 大地(ミキハウスベースボールクラブ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



177cm77kg 右右 MAX146km スライダー・フォーク・チェンジ・カット・カーブ 立命大 1年目
最速146㌔のストレートとスライダー、フォーク。3年春の関大戦で2安打9奪三振完封勝利を挙げた。

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   14春:         登板無し
   14秋:         登板無し
   15春: 1  0勝0敗    1  2  0  0  0  0.00
   15秋: 1  0勝0敗    1  0  2  2  1  9.00
   16春: 8  2勝2敗   36  28  17  20  15  3.75(9位)
   16秋:         登板無し
   17春:         登板無し
   17秋: 3  0勝0敗   1.2  0  0  3  0  0.00
   通算: 13  2勝2敗  39.2  30  19  25  16  3.63
          被安打率6.81 奪三振率4.31 四死球率5.67

 【 全国大会 】
   16選    回数 被安 奪三 四死 自責
   東海北 先  4.1  7  6  2  4 144㌔(東ド) ●

投手成績詳細

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責 
   京都大     1  2  0  0  0

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   京都大     1  0  2  2  1

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責
   関学大 先   4  2  1  3  2 
   京都大 先   6  3  4  1  0
   関西大 先   9  2  9  6  0 ○封
   近畿大 先  5.2  6  0  2  5
       先  6.2  7  2  4  4 ●
           2  1  1  1  0 ○
   同 大 先  1.2  6  0  2  4 ●
           1  1  0  1  0
          36  28  17  20  15 防3.75
      被安打率7.00 奪三振率4.25 四死球率5.00

   17秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   関西大    0.1  0  0  0  0
           1  0  0  1  0
   同 大    0.1  0  0  2  0
          1.2  0  0  3  0 防0.00
      被安打率0.00 奪三振率0.00 四死球率16.20

  最新記事

 ■ 立命大・渡辺大、152球熱投で初勝利(SANSPO) 16/4/24

 関西学生リーグ第4節第2日(24日、関大0-3立命大、南港中央)リーグ戦初勝利を完封で飾った立命大の渡辺大は「やっと勝てた。目の前の一人一人をアウトにすることに集中しました」と、152球の熱投を笑顔で振り返った。東に続く投手陣の柱が出てきたことに、後藤監督も「最後までよく投げた。自信になるだろう」と満足そう。6連勝で勝ち点3の首位となり「(勝ち点2の関大に)二つ続けて勝てたのは大きい」と、昨春からの3連覇に向けて手応えを感じたようだ。

  プロフィール

 大分・大分雄城台出身。
 渡邉 大地(わたなべ・だいち)投手。

 大分雄城台では2年12月に肘手術を経験。
 リハビリを経て翌3年3月から投球練習を再開し、3年夏の大分大会でベスト8進出を達成した。
 1回戦で最速1㌔更新の145㌔を計測し、8.1回4安打8K2失点の力投を披露。
 3回戦・大分鶴崎戦で自己最速の146㌔を投げ、7回5安打、8三振10対2完投勝利を挙げた。
 県大会8強が最高成績。甲子園経験は無し。

 立命館大では2年春からリーグ戦に出場。
 3年春に東克樹に次ぐ先発2番手の座をつかみ、四死球20個を出しながらも2勝の実績を残す。
 関西大相手に2安打9奪三振、152球6四死球完封の粘投で初勝利をマーク。
 全5カードで2回戦の先発投手を務めたが、計36回15失点、防3.75と内容には課題を残した。
 全国大会には3年春の全日本大学野球選手権大会(2回戦で敗退)に出場。
 2回戦・東海大北海道戦の先発投手を任され、全国舞台で144㌔直球(東ド)を披露した。
 0対1で迎えた5回に一死満塁のピンチを作った所で交代(4.1回7安打4失点)。
 89球を要する苦しい投球ながらも6奪三振(真っ直ぐ3、スライダー2、フォーク1)をマークしている。
 通算13試合、2勝(1完投1完封)2敗、39.2回、防御率3.63。

 177cm77kg、最速146㌔直球を持つ本格派右腕。
 セットからグラブを掲げて重心を下げ、インステップ気味に着地し、肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速146㌔、常時130㌔台後半から140㌔台前半(東京ドーム)のストレートと、
 110㌔台のスライダー、130㌔前後のフォーク、130㌔前後のカット、120㌔台のチェンジアップ。
 高校3年夏に146㌔をマーク。当時から県内屈指の右腕として注目されていた。
 140㌔台の真っすぐと大きく曲がるスライダーとのコンビネーションが持ち味。フォークで空振りを誘う。
 バラツキの残るコントロールが課題。与四死球率5.67。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2017-11-25(土)|2019年社会人投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年社会人投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑