寺田 光輝(石川ミリオンスターズ)

ここでは、「寺田 光輝(石川ミリオンスターズ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野



175cm73kg 右右 MAX146km スライダー・カーブ・カット・ツーシーム 伊勢高→筑波大 25歳
最速146㌔直球とカット、2シーム。制球、キレが持ち味のサイドハンド。1年目に前期MVPを受賞した。
2017年DeNA6位(契約金2500万円、年俸600万円)

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   16年: 40 3勝1敗19S 40.2  32  38  11  5  1.11
   17年: 35 0勝3敗10S  41  38  31  18  11  2.41
   通算: 75 3勝4敗29S 81.2  70  69  29  16  1.76
          被安打率7.71 奪三振率7.60 四死球率3.20
    ※ 16年:前期MVP(投手部門)

  最新記事

 ■ DeNA、ドラフト6位寺田と合意 カットボールが武器(SANSPO) 17/11/13

 DeNAドラフト6位で指名したルートインBCリーグ石川の寺田光輝投手(25)=175センチ、73キロ、右投げ右打ち=の入団が13日、決まった。契約金2500万円、年俸600万円で合意した。サイドスローに近いフォームから投げるカットボールが武器で、中継ぎの即戦力として期待される。球団を通じ「将来は『横浜には寺田がいる』と相手に思われるような投手になりたい」とコメントした。

 ■ BC石川・寺田、6位指名に驚き「えっ俺!?」(スポーツ報知) 17/10/28

 プロ野球ドラフト会議で、BCリーグの石川ミリオンスターズでは、DeNA6位で寺田光輝(25)、楽天7位で寺岡寛治(24)、ヤクルト8位で沼田拓巳(23)の3投手が指名された。石川MSの支配下登録での本指名は初めて。さらに1球団から3人の本指名は、独立リーグ史上初となった。全く想定外の指名だった。寺田はDeNA6位で名前が呼ばれた瞬間、目を丸くして顔を指さし、「えっ、俺? マジ? 間違い?」と周囲に何度も確認した。調査書は、事前に5球団から届いていたが、DeNAは含まれていなかった。左隣に座る寺岡にはDeNAから調査書が届いていただけに「寺…って聞いた瞬間、寺岡が来たと確信した。ラミレス監督が間違えたんじゃないかとも思った。それくらい、信じられない」と興奮気味に語った。努力で夢をつかんだ。三重・伊勢高では控え投手。筑波大でも「4年まで、ずっとスタンドで太鼓をたたいていた。4年になって敗戦処理で投げたりしたが、レギュラーにはほど遠かった」という。昨年、石川MSに入団したのも「野球を諦めるため」だったが、サイドスローからの最速146キロの直球とスライダーを武器に、チームの守護神に成長した。「野球のセンスや才能がなくても、武器があればプロでも通用することを証明したい」という寺田。「変な投げ方だけど、バッターを翻弄して、ゆくゆくは気持ちで勝負できるピッチャーになりたい」と新たな夢を描いた。

 ■ ミリスタ、複数指名期待 20日、プロ野球ドラフト会議(北國新聞) 16/10/18

 BCリーグ・石川ミリオンスターズに所属する5選手が、20日に都内で開かれるNPBドラフト会議の指名候補リストに挙がっている。抑えのエース寺田光輝、リーグ最多16勝の安江嘉純の2投手にはそれぞれNPBの4球団から調査書の提出依頼が届いた。球団設立10年目を迎え、史上初の複数指名の期待が高まっている。

  プロフィール

 三重県伊勢市出身。
 寺田 光輝(てらだ・こうき)投手。
 厚生小3年時から野球を始め、厚生中を経て伊勢高に進学。
 中学時代に右肘手術を経験した。

 リハビリを経て進学校・伊勢高で野球を継続。
 制球力に課題を残しながらも主戦投手を務め、3年春(09年)に県大会ベスト4入りを経験した。
 3年夏予選は関啓扶らを擁する菰野高に7回コールド1対8で敗れ4回戦敗退。
 卒業後、地元国立大に進んだが、練習内容に納得がいかず、筑波大・地元医学部を受験した。
 県大会4強が最高成績。甲子園出場実績はなし。

 筑波大では4年春(15年)からリーグ戦に出場。
 すべてリリーフで春8試合、秋4試合に登板し、春季リーグ戦・城西大2回戦で初勝利を収めた。
 リーグ通算12試合、1勝1敗。同期に西島隆成ら。

 石川MSでは1年目からリーグ戦に出場。
 奪三振能力、制球を買われて抑えの座を掴み、20試合21回1失点(自責0)で前期MVPに輝く。
 前後期40試合40.2回で3勝1敗、19S(2位)、38K(率8.41)の好成績をマーク。
 四死球11個、防1.11の安定した投球を披露し、前後期地区優勝、地区CS優勝に貢献した。
 NPB複数球団から注目されるも同オフに行われたドラフト会議での指名はなし。
 2年目のシーズンでも抑えを担ったが、41回で18四死球、防2.41と前年に比べて成績を落とした。
 通算75試合、3勝4敗29S、81.2回、防御率1.76。

 175cm73kg、奪三振率の高いサイドハンド。
 セットポジションからゆっくり足を上げ、上体を倒して重心を下げ、右肘を使った腕の振りから繰り出す
 最速146㌔のストレートと、スライダー、カットボール、ツーシームなどの変化球。
 奪三振能力、コントロールの良さ、安定感を評価され、ルーキーイヤーから守護神を任された。
 右バッターへのカットボール、スライダー、左バッターへの外角ツーシームが武器。
 渡辺正人監督から切れの良さで長谷川潤(巨人15年育成8位)を上回る高い評価を受けている。
 2016年の奪三振率8.41、与四死球率2.43。

  スカウトコメント

DeNA・進藤スカウト|17/10/26
 「サイドスローに近い出所から最速145キロのストレートを投げ込む。スライダー、シンカーといったキレの良い変化球も武器」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-11-13(月)|2017年ドラフト指名選手 | 首都大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
ホントに寺岡を間違えられてそう
| いちご大福 | 2017年11月11日(Sat) 12:26 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年ドラフト指名選手 | 首都大学 コメント(1) Page Top↑