中川 颯(立大)

ここでは、「中川 颯(立大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



中川 颯(立大)

184cm79kg 右左 MAX134km スライダー・シンカー 桐光学園
マウンド度胸が光る長身サブマリン。浮き上がる真っすぐに変化球を交える。強打でも注目を集めた。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   17春: 10 2勝0敗  21  14  24  9  6  2.57
   通算: 10 2勝0敗  21  14  24  9  6  2.57
        被安打率6.00 奪三振率10.29 四死球率3.86

 【 全国大会 】
   17選   回数 被安 奪三 四死 自責 
   天理大    6  4  4  1  0 132㌔(神宮) ○
   東海北   1.1  0  2  0  0 132㌔(神宮)
   国武大   4.2  2  3  0  0 133㌔(神宮) ○
         12  6  9  1  0 防0.00…最優秀投手賞
     被安打率4.50 奪三振率6.75 四死球率0.75

  最新記事

 ■ 1年生投手中川 最優秀投手賞 12イニング無失点(西日本スポーツ) 17/6/12

 立大の右下手投げの1年生投手・中川が、12イニング無失点で最優秀投手賞に輝いた。準々決勝から3試合続けてリリーフし、全て最後まで投げ切った。この日も5回途中から登板し、「人生最後の試合と思って投げた。大げさかもしれないけど、それくらいじゃないと勝てなかったと思う」とほっとした表情を見せた。

 ■ 立大・中川の好リリーフに溝口監督「強心臓がある」(日刊スポーツ) 17/6/8

 立大・中川颯投手(1年)が、好リリーフで流れを引き寄せた。3点ビハインドの4回2死二塁から登板。無失点で流れを作って、8回に山根佑太外野手(4年)の2ラン、9回に熊谷敬宥内野手(4年)の同点打を呼び込んだ。「プレッシャーに強いのが自分の持ち味。(勝利の瞬間は)心からうれしかった」と笑顔で話した。溝口智成監督は「思い切りと腕の振りの良さ、強心臓がある。中川じゃないとロングリリーフはできないし、平然とは投げられないです」と評価した。

 ■ 立大、1年生・中川が九回満塁ピンチで連続K!(SANSPO) 17/4/23

 春季リーグ第3週第1日(22日、立大2-2慶大、神宮)九回に登板した1年生の中川が、一死満塁でフルカウントのピンチから連続三振を奪取。救援で4回無失点だった法大1回戦に続き、1回無失点の好投で引き分けに持ち込んだ。1メートル84の長身ながら、中学から下手投げの右腕は「自分はピンチになるとスイッチが入る性格」とひょうひょう。溝口監督は「まだ1年生でわからないところもあるけど、よく踏ん張った」と評価した。

   17春   回数 被安 奪三 四死 自責
   法大     4  3  1  1  0 134㌔
   慶大     1  3  3  0  0 134㌔
          2  0  3  0  0 133㌔
          1  1  1  0  0 132㌔
   東大     1  0  0  0  0
   早大     4  5  6  3  3 ○
         0.1  0  1  0  0
   明大     2  0  3  1  1
          1  0  1  0  0
         4.2  2  5  4  2 ○
         21  14  24  9  6 防2.57
     被安打率6.00 奪三振率10.29 四死球率3.86

過去記事

 ■ 桐光プロ注目中川涙「甲子園はほんと遠い」(日刊スポーツ) 16/7/30

 桐光学園が2年連続、準決勝で横浜の前に散った。2点を先行された1回裏、プロ注目の4番中川颯投手の左越え3ランで一時逆転。しかし直後の2回に同点とされると、その後もじわじわと点差が開いた。中川は、下手投げのエースとしても3回途中から救援。それでも6回に手痛い2ランを浴びるなど7安打3失点と苦しんだ。打撃では二塁打、三塁打、本塁打の3安打3打点と気を吐き「甲子園はほんとに遠いもので、あと1歩のところでずっと折れてきたので、最後は何が何でも出たかった。ほんとに、悔しいです」と涙を流した。
 昨年と同じく準決勝で横浜に負け。「将来、絶対にプロ野球選手になって、支えてくれた方々に恩返しできるようにしたい」と涙声で誓った。(西日本スポーツ)

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏予: 4 .500 10  5 0 0 0 2 0 0 0  .500  .500
   15夏予: 6 .353 17  6 1 1 0 5 2 5 0  .500  .529
   16夏予: 6 .455 22 10 3 2 1 8 0 6 0  .571  .909
   通 算: 16 .429 49 21 4 3 1 15 2 11 0  .533  .694

   16夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:湘南学院 先   7  3  3  2  0封
   3回戦:厚木北高     6  1  5  2  0
   4回戦:横創学館 先  8.2  11  3  8  6
   5回戦:湘南高校    1.1  0  0  0  0
   準々決:藤沢翔陵     7  4  3  2  0 133㌔
   準決勝:横浜高校     7  7  3  2  3 129㌔
               37  26  17  16  9 防2.19
           被安打率6.32 奪三振率4.14 四死球率3.89

 ■ 桐光学園サヨナラ4強プロ注目中川7回0封(日刊スポーツ) 16/7/28

 桐光学園が延長11回サヨナラ勝ちで4強入りを決めた。11回裏1死二塁で清水太一内野手(3年)が左前打を放ち、激闘をものにした。プロ注目の中川颯投手は5回から救援し7回を無失点に抑えた。

 ■ 桐光学園エースで4番中川 完封&2打点(スポニチ) 16/7/19

 桐光学園はエースで4番の中川が投打で活躍し、湘南学院を7―0の7回コールドで下した。散発3安打で完封し「こういう形で勝てて、いいスタートが切れた」と納得の表情。94球中、変化球はスライダーを1球投じただけで、直球で押した。打っては5回1死二、三塁から左中間を破る三塁打で2打点を挙げた。野呂雅之監督は「中川はケガもなく走り込みもしてきたので体力もある」と信頼を寄せた。

 ■ 桐光学園・中川が二刀流アピール ロッテスカウト「渡辺俊介のよう」(SANSPO) 16/7/2

 桐光学園が1日、浦和学院と練習試合を行った。試合は2-5で敗れたが、エースで4番の中川颯投手が、投打で順調に調整が進んでいるところを示した。「甘い球が来なくて、本塁打は出ませんでしたがまずまず。投手としては、これから一球一球、大事にいきたい」。高校通算25本塁打の左打ちのスラッガーは3打数3安打1打点で、2四球。投げても、下手から最速132キロの直球にシンカーなどを織り交ぜ、六回から4回を投げて3安打1失点。野呂監督は「順調ですね」とうなずいた。視察した阪神・北村スカウトは「(打者としての)球の待ち方、とらえ方。魅力十分」と評価。ロッテ・高橋スカウトも「渡辺俊介のように下からの変化球と制球はいい」と舌を巻いた。

 ■ 桐光学園・中川 春に13発(日刊スポーツ) 16/6/30

 4番として通算23本塁打を放つ中川颯投手は、今春だけで13本塁打を固め打ちした。昨年の秋季大会後は、3カ月間ほぼバットを触らずトレーニングに明け暮れた。「力がついて、逆方向にも本塁打が打てるようになりました」。アンダースローのエース右腕としても、けん引する。

 ■ 桐光学園、作新学院に連勝!(SANSPO) 16/6/4

 夏の高校野球で4年ぶり5度目の神奈川代表を狙う桐光学園が4日、川崎市麻生区の同校グラウンドで作新学院との練習試合に4-2、7-5と連勝し、春の神奈川県大会優勝の横浜に次ぐ優勝候補の一角に推される力を見せた。エースで4番の中川颯(はやて)投手は第1試合の八回に左中間に決勝2ラン(高校通算22号)を放ったが、「自分が引っ張っていくつもりだけど、失点したし、これから投球もよくしていかないといけない」と反省した。

 ■ 桐光の里中だ!サブマリン1年生が乱調エース救った(スポニチ) 14/7/25

 桐光学園の1年生、中川颯投手が慶応戦で好救援を見せチームを8強に導いた初回、先発の3年生エース・山田が3連続四球を与えると、無死満塁で背番号「13」の中川がマウンドに上がった。「先輩が声を掛けてくれて緊張がほどけたけど、スタンドを見ると緊張するから見ないようにした」。1年生とは思えない、強心臓ぶりを発揮した。渡辺俊介に憧れて大正中1年時から練習を始めたというアンダースローで、打者を翻ろう。いきなり空振り三振を奪うと、次打者は投ゴロ。最後も空振り三振で大ピンチを脱した。2回以降は6度も得点圏に走者を背負いながら要所を締め、11安打を許しながらも9回を1失点。最後まで試合を託した野呂雅之監督は「打者との間(の取り方が)がうまい。笑顔でマウンドに立っている姿はまだ怖さを知らない、怖いもの知らず」と目を細めた。

  プロフィール

 神奈川県横浜市出身。
 中川 颯(なかがわ・はやて)投手兼一塁手。
 小雀小1年時から軟式野球を始め、大正中では横浜泉シニアに所属。

 桐光学園では1年夏から背番号13でベンチ入り。
 いずれもリリーフとして5試合中4試合に起用され、20.2回で24安打10三振6失点の実績を残す。
 慶應義塾戦(2対1)で1回無死満塁から9回11安打1失点の好リリーフを披露。
 低め変化球を右前打にする巧打を見せるなど、打者としても10打数5安打の活躍を見せた。
 同年秋の関東大会に4番・遊撃、投手で出場するも1回戦で浦学に完封負け。
 2安打に封じられたチームの中で左腕・江口奨理から中越え3塁打を放つ奮闘を演じている。
 翌2年夏予選で5番・一塁、投手を務め、17打数6安打、13回6失点をマーク。
 準決勝で石川達也の高めスライダーを捉え、右中間フェンスに直撃させる3塁打を記録した。
 2年秋から4番・エース兼一塁を任され、3年春の県大会で4発(7試合)を量産。
 地区予選・法政第二高戦で左右に1発ずつ、3回戦・鶴見大附戦でサヨナラ弾を放っている。
 力強いバッティングを見せると共に三方向に打ち分けて7割近い高打率を記録。
 左翼線2塁打、中安、右安、右中間2塁打と、強豪・慶応義塾戦で4安打の好結果を残した。
 夏予選は7回3失点救援、3長打3打点の奮闘及ばず横浜に4対8で4強敗退。
 2点を追う1回裏の好機で左翼ポール際への3ラン(石川達也の外寄り高め140㌔)をマークした。
 県準V、関東1回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 184cm79kg、マウンド度胸が光る技巧派サブマリン。
 セットポジションから上体を倒して沈みこみ、インステップし、肘を柔らかく使った腕の振りから繰り出す
 最速134㌔、常時120㌔台から130㌔前後のストレートと、スライダー、シンカー。
 内外角、高低に投げ分け、打たせて取る投球が持ち味。浮き上がる直球に変化球を織り交ぜる。
 渡辺俊介に憧れて中学からアンダースローを始めた。

 バッティングセンスのある強打の一塁手。
 通算26発、足を高く上げて強い打球をはじき返す左の強打者。高2秋からエースで4番を務めた。
 東海大相模・門馬敬治監督から県内ナンバーワンと評される打力の持ち主。
 3年春予選で4発、3年夏予選で左ポール際3ランを記録している。左打者で一塁到達4.4秒台。
 プロから打者としてより高く評価されていた。

  スカウトコメント

阪神・北村スカウト|16/7/2
 「(打者としての)球の待ち方、とらえ方。魅力十分」
ロッテ・高橋スカウト|16/7/2
 「渡辺俊介のように下からの変化球と制球はいい」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-06-12(月)|2020年大学生投手 | 東京六大学 コメント(5) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
前のコメントで「外角の捌きが不得手な印象」と書きましたが、横浜戦の1回に放ったホームランは外角高めを被せるように打った打球でしたね。

多分に金属バットの恩恵でサク越えしたような当たりでしたが、元・横浜の駒田が現役時代、同じように外角高めをレフトポール際に運ぶホームランを何本も打っていたので、中川君も外角球もそれほど苦にしないのかもしれません。

ただ中川君には、下手投げの投手として大成して欲しいという気持ちの方が依然として強いですが。
| 東京漢(とんちんかん) | 2016年07月31日(Sun) 23:27 | URL #mQop/nM. [ 編集]
MKさん

遅くなりましたが、レスありがとうございました。
改めて中川選手のバッティングを見ていますが、右手一本でフォロースルーを取るのは格好いいですね。
その上で、内角のボール(特に高め)を肘をたたんで巻き込むのは上手いですが、外角を強く打ち返すのは不得手な印象を受けます。
特に外角を強く叩くのがバッティングの基本かと思いますので、バッティングはプロでは苦労しそうな気がします。

フォームなどは少し違いますが、元NENOSの池辺がそんな感じでしたね。
高校(智弁和歌山)時代は天才的なミートセンスを誇っていましたが、大学(慶応)あたりから完全に内角を巻き込んでスタンドインさせることばかりに腐心して、外角の落ちる球にバットが空を切るところを何度も見たもので・・・。

それとアンダースローの投手として。
来年の候補になりますが、専大の高橋礼投手は間違いなくドラフト1位で指名されるでしょう。
専大松戸に在学中には見たことがありませんでしたが、当時の映像を見ても大学入学後に5km以上平均球速が上がっています。

そこで中川をアンダースローの投手として先物買いするのはどうかと思った次第です。
前のコメントにも書きましたが、フォームのバランスや安定感は指名レベルにあると思いますので。

長文失礼しました。
| 東京漢(とんちんかん) | 2016年07月08日(Fri) 00:14 | URL #mQop/nM. [ 編集]
打撃フォームが独特で面白い
| 匿名 | 2016年07月03日(Sun) 20:48 | URL #SFo5/nok [ 編集]
東京漢さん、阪神・北村スカウトの視察コメントを見る限りでは、アンダースローの投手としてよりは、むしろショート候補としての魅力や能力の高さを見ているのでは?と思います。
高校では先輩の武拓人選手(2015卒)がいましたが、中学までショート兼投手です。
指名順位は、野手としてのびしろ、大物感をどう評価するかでしょう。
| MK | 2016年07月03日(Sun) 18:13 | URL #9NmCmQzA [ 編集]
打者としては、悪いがどの県にも2~3人はいるレベルの強打者。
ただしアンダースローの投手としては、恐らく私が本格的にアマチュア野球を見るようになって20年ほどの中で、初めて高卒即プロ入りを狙えると感じた選手。

恐らく相当に足腰が強く、また体が柔らかいんだろうね。

牧田のように力で押すようなタイプではなく、渡辺俊介のようにボールのキレで勝負するタイプだが、リリースポイントの低さやフォームの安定感、球速など、現時点でもアマチュア時代の下敷領や山中より上のように思う。

ネックになるのは、学校が進学校なので大学に流れてしまいそうなことだろうか。さすがに5位以上で獲るような感じではないからなぁ・・・。
| 東京漢(とんちんかん) | 2016年07月02日(Sat) 17:58 | URL #mQop/nM. [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 東京六大学 コメント(5) Page Top↑