陣 翔大(専大)

ここでは、「陣 翔大(専大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



陣 翔大(専大)

180cm85kg 右右 MAX145km 外野手兼投手 旭川実
高校通算45本塁打、パンチ力のある右の強打者。強肩中堅手。145㌔直球を武器に投手もこなす。

  最新記事

 ■ プロ注目の旭川実・陣が大学進学へ「鍛えて目指す」(日刊スポーツ) 16/9/11

 旭川実のプロ注目の二刀流、陣翔大が大学進学を決めた。夏の北北海道大会での敗戦後、プロ志望届提出の意向を口にしていたが「甲子園に行けず、情けない結果だったのでプロに行っても通用しないプロは小さいころからの夢。大学で鍛えて目指したい」。東都リーグの大学入学を志望している。

   16夏予        回数 被安 失点
   2回戦:旭川東高 先   6  5  2 145㌔
   準々決:帯広柏葉 先   5  5  2
   準決勝:クラーク 先   5  6  3
               16  16  7 防3.94(失点から計算)

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 長打率
   16夏予: 3 .333 12  4 0 1 1 4  .750

 ■ クラーク、創部3年目で決勝進出 旭川実にサヨナラ勝ち(スポニチ) 16/7/20

 北北海道初出場の創部3年目、通信制のクラークが決勝に進出した。9回2死から旭川実・陣翔大中堅手(3年)の左越え2ランで追いつかれたが、直後の9回2死三塁から福田健悟二塁手(3年)の中前打でサヨナラ勝ちした。

 ■ 旭川実1番投手・陣 コールド発進けん引(日刊スポーツ) 16/7/16

 北北海道大会が開幕し、昨夏の準優勝校・旭川実が9-2の7回コールドで旭川東を下し、6年ぶりの夏甲子園へ好発進した。エース右腕&1番打者の陣翔大が、投げては直球を軸に6回2失点。打っては1安打1打点2得点と勝利に貢献した。6回5安打2失点の投手に加え、打撃でも結果を残した。0-2で迎えた4回裏は、先頭打者で四球を選び、逆転をお膳立て。4-2の7回裏無死二塁では右に流し打って走者をかえし、コールド勝利につなげた。幼稚園のころ、おぼえたばかりの3輪車に乗って、自宅から1キロ以上離れた仕事場まで、母暁美さんを追いかけた。「結構、むちゃをする子だった」と父幸成さんは話す。白糠高時代に通算30本塁打を放ち、北大会にも出場した父とキャッチボールを始めるとメキメキ上達。中学時代はKボールで全国優勝も経験した。巨人の山下スカウト部長は「うちはピッチャーとしてより打者として評価している」と話すが、本人の目標は当然「二刀流の大谷翔平」だ。この日は日本ハム楽天などのスカウトの前で、5回に自己最速の145キロをマーク。投打でアピールに成功した。
 5回2死満塁の場面。旭川東の4番・本間翔にボールが3つ先行したものの、そこから立て続けに鋭く曲がるカットボールを投げて空振り三振に仕留めた。昨秋の地区予選で敗退してから「真っすぐとスライダーだけでは通用しない」とこだわりを持って磨き抜いた変化球。相手のバットの芯を外す新兵器が、今夏初登板でいきなり威力を発揮した。「不利な場面でもカットボールでカウントを取れるようになった。この舞台で出せたのは成長した部分だと思う」。高校通算44本塁打を誇るスラッガーとして「次は投打で結果を出したい」。理想は日本ハムの大谷翔平。旭川実の二刀流が、昨年準Vの悔しさを胸に“夏の陣”で戦い抜く。(スポーツ報知)

  プロフィール

 北海道釧路市出身。
 陣 翔大(じん・しょうた)外野手兼投手。
 釧路市立鳥取西中時代3年秋に釧路選抜チームでKボール全国大会に出場。
 初優勝に貢献する活躍でMVPを獲得した。

 旭川実業では1年時からベンチ入り。
 2年夏予選で7戦7長打(二3、三2、本2)を放ち、3番・中堅手として北大会準優勝を達成する。
 北北海道大会4試合15打数で4安打4四死球、打率.267本1点2盗1を記録。
 1回戦・帯広柏葉戦でダメ押しソロ本塁打、準決・武修館戦で中越え適時三塁打を放った。
 河村説人(亜細亜大)を擁する白樺学園に4対13、4打数1安打で敗れV逸。
 一躍スカウトから注目される存在になったが、2年秋、3年春はいずれも地区敗退に終わった。
 3年春に行われた関東合宿で強豪・作新学院相手に3対0完封勝利をマーク。
 練習試合・札幌一戦で上出拓真から3安打、同・札幌創成戦で場外弾3発を記録している。
 3年夏の北北海道大会は打率.333本1点4、3試合16回7失点でベスト8敗退。
 初戦で自己最速3㌔更新の145㌔を叩き出し、準々決9回二死から左越え同点2ランを放った。
 北北海道準Vが最高成績。甲子園経験は無し。

 180cm85kg、強肩強打のプロ注目外野手。
 振り切るスイングから長打を放つ右の強打者。粗さもあるが高校通算45発のパンチ力を備える。
 旧チームから中堅手でレギュラー。投手として145㌔をマークする強肩の持ち主。
 投げては威力ある真っ直ぐとスライダーを操る本格派。中学時代から140㌔近くを計測していた。
 右打者で一塁到達タイム4.3秒台を計測する。

  スカウトコメント

巨人・山下スカウト部長|16/7/16
 「うちはピッチャーとしてより打者として評価している」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-12-15(木)|2020年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑