村田 雄大(法大)

ここでは、「村田 雄大(法大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



村田 雄大(法大)

185cm87kg 左左 外野手 50m6秒3 横浜高
左右に強い打球を弾き返す左の強打者。高3夏の県大会で打率5割マーク、3方向に一発を放った。

  動 画

  打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   16夏: 2 .125  8  1 0 0 0 2 3 0 1  .125  .125

  最新記事

 ■ 中日5年後の投手王国目指し寺島、藤平ら高校生中心(日刊スポーツ) 16/8/16

 中日が13日のスカウト会議で高校生候補を絞り込んだ。中田宗男スカウト部長は「5年後に柱として2桁勝利を挙げる素材を探している」と説明。即戦力の社会人や大学生にこだわらず、将来性を含め好投手が多い高校生の指名を視野に入れている。また野手にも注目していて、秀岳館・九鬼隆平捕手や横浜の4番村田雄大外野手らの評価が高い

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16夏予: 6 .500 20 10 2 0 3 5 1 6 0  .615 1.050
   ※右翼場外ソロ(保土ヶ谷)、中堅左横ソロ(ハマスタ)、左越え2ラン(ハマスタ)

 ■ 横浜・村田 OB筒香をほうふつ 圧倒する弾道(デイリースポーツ) 16/8/3

 名門横浜の4番・村田が放つ弾道は圧倒的だ。チーム14本塁打の新記録を作った神奈川大会でも、チーム最多タイの3発。初戦は引っ張って右翼場外。2戦連発の3回戦はハマスタのバックスクリーン左横へ、そして準決勝は逆方向の左翼ポール際へたたき込んだ。ひと冬で劇的な成長を遂げた。勝てばセンバツ確実の昨秋関東大会準々決勝で敗退「自分が打てなくて負けた」と悔い、姿勢が変わった。平田監督に打撃投手を頼み、練習を終えるのはいつも最後。練習試合で打てないと、日付が変わってもバットを振った。全力疾走やカバーリングも、一切怠らなくなった。昨秋以降はほとんどのメニューで木製バットを使用。飛ばすスイングを身に付けると同時に、体重も12キロ増量。逆方向にも軽々とサク越えするようになった。恵まれた体で広角にアーチをかける姿は、OBで同じ左の大砲・筒香(DeNA)をほうふつとさせる。「放っておいてもうまくなる選手。人に頼らない強さがある。信頼感を持って4番に置いている」。平田監督も手放しでほめる。最後の夏に、初めて乗り込む聖地。「自分も居るんだぞと、全国に知らしめたい」と誓った。

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15夏: 8 .385 13  5 2 0 0 0 2 1 0  .429  .538
   15秋: 7 .375 24  9 2 0 0 8 2 2 0  .423  .458
   16春: 10 .486 35 17 2 0 1 11 6 6 0  .561  .629
   通算: 25 .431 72 31 6 0 1 19 10 9 0  .494  .556

 ■ 1大会新12発で決勝へ!福永&村田弾で桐光学園を圧倒(SANSPO) 16/7/31

 横浜は昨夏の準決勝のリベンジを狙う桐光学園を8-4で下し、決勝に進出した。福永奨捕手(2年)が二回、左越えに同点ソロ。今大会チーム11本目となる本塁打で大会通算最多記録に並ぶと、2点リードの六回には村田雄大外野手(3年)が左越えに2ランを放ち、更新した。「冬場の練習は間違いなかった。記録だったし、打ちたかった」と村田。先輩の筒香(現DeNA)から譲り受けた木製バットを使って外野へ向かって打つロングティーで、全選手の飛距離が伸びたという。「村田は軸がぶれなくなり、たくましくなった」と就任1年目の平田監督。決勝へ向けて「慶応打線は勢いがある。先行されても浮足立つことなく、気を引き締めて戦いたい」と静かに闘志を燃やした。

過去記事

 ■ 横浜、3番・増田&4番・村田が初回いきなり連発!(スポーツ報知) 16/7/20

 横浜のクリーンアップが初回、連続アーチで打線に火を付けた。2死から3番・増田が右翼ポール直撃のソロ弾で先制すると、続く村田がバックスクリーンに2試合連続弾。春先に、右手首を骨折した増田は「逆方向を強く意識しました。けがも完治して、押し込む打撃ができました」と満足げ。平田監督も「増田は球をよく引きつけて打つことができていた」と先制弾を高く評価した。

 ■ 横浜・平田監督夏1勝「手応えを感じる」(日刊スポーツ) 16/7/17

 横浜が長打攻勢で11安打8得点を奪い、7回コールド勝ちを決めた。初回に主将・公家響内野手の場外3ランなどで6点を奪うと、6回にも4番村田雄大外野手の場外弾などでさらに2点を追加した。また、昨秋以来の公式戦復帰となった来秋のドラフト候補、増田珠外野手(2年)が1番中堅で先発し3安打を放った。投げては石川達也投手が3回を1安打6三振無失点に抑えた。
 6回には4番の村田が右翼場外へ通算10号ソロを叩き込んだ。(スポニチ)

  プロフィール

 神奈川県横浜市出身。
 村田 雄大(むらた・ゆうだい)外野手。
 小学校6年時にベイスターズJr.入りを果たし、東鴨居中3年夏に世田谷西シニアで全国V。

 横浜高校では1年秋から右翼手でレギュラー。
 2年春から主に7番・レフトとして起用され、夏予選で13打数5安打、打率.385本0の実績を残す。
 秋の予選準々決・藤沢翔陵戦(14対4)で4打数4安打3打点の活躍を披露。
 4回に左中間への先制適時二塁打(外直球)、5回に適時右安(低め変化球)をマークした。
 3年春になって4番(レフト)の座を掴み、打率.486本1点11で関東準Vを達成。
 県準々決・東海大相模戦で逆方向、レフトに叩き込む先制2ランなど3安打を記録している。
 関東大会でも4試合打率.471本0点3、17打数8安打と好調な打撃をアピール。
 同年夏予選で打率.500本3の大活躍を演じ、主に4番打者として3年ぶりの優勝を達成した。
 初戦でライト場外ソロ弾(甘い変化球)、3回戦でバックスクリーン左横へのソロ。
 準決・桐光学園戦で中川颯の外寄りストレートを左翼ポール際に叩き込むソロを放っている。
 続く甲子園2回戦で履正社と対戦し、1対5、3打数ノーヒット2K1打点で敗退。
 1回戦で渡辺法聖から先制左安(外の直球)、2回戦で寺島成輝から先制中犠飛を記録した。
 チームメイトとして藤平尚真石川達也公家響ら。

 185cm87kg、恵まれた体格の強打の外野手。
 左右に強い打球を弾き返す左のスラッガー。1年秋からレギュラー。3年春に4番打者の座を掴んだ。
 体重を2年夏時点の78㌔から9㌔アップ。甘く入れば逆方向にも一発を記録する。
 保土ヶ谷(両翼95m)で右翼場外ソロ、左越え2ラン、ハマスタ(中堅118m)で中堅左ソロを放った。
 一塁到達4.3秒前後から4.4秒台。通算12発。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-12-07(水)|2020年大学生野手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生野手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑