中井 雄亮(中部学院大)

ここでは、「中井 雄亮(中部学院大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



186cm85kg 左左 MAX142km スライダー・チェンジ・カーブ 秀岳館
140㌔前後の直球とチェンジアップが持ち味。高3夏の熊本工戦で4者連続K、2回無失点を記録した。

  投手成績

     試合   勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   17春: 3  0勝0敗  4.1  2  3  0  0  0.00
   通算: 3  0勝0敗  4.1  2  3  0  0  0.00
          被安打率4.15 奪三振率6.23 四死球率0.00

 ■ 甲子園成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   16春: 1   1  0  0  1  0 131㌔ 木更津総 ○
   16夏: 3   9  12  5  2  2
          3  3  0  0  0 139㌔ いなべ総 ○
         3.2  4  4  1  0 141㌔ 常総学院
         2.1  5  1  1  2 139㌔ 北  海
   通算: 4  10  12  5  3  2 防1.80
     被安打率10.80 奪三振率4.50 四死球率2.70

  最新記事

 ■ 盤石投手陣が乱調6四死球(西日本スポーツ) 16/8/21

 秀岳館の4投手の継投は実らなかった。先発の2年生川端が3回2死二、三塁で降板。2番手の中井は最初の打者に先制の2点三塁打を許し「外を狙った球が甘く入った」と悔やんだ。準々決勝までの3試合はいずれも1失点と安定していた投手陣この日は4失点。被安打12と6四死球と本調子でなく、鍛冶舎監督は「四死球が多く、相手のペースになった」と敗因を挙げた。

   17春      回数 被安 奪三 四死 自責
   岐阜大学     1  0  1  0  0
   岐阜経済    0.1  0  0  0  0
   中京学院     3  2  2  0  0
           4.1  2  3  0  0 防0.00
       被安打率4.15 奪三振率6.23 四死球率0.00

   16夏予       回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:熊本西 先  2.1  1  4  4  1
   3回戦:濟々黌 先  1.1  5  1  0  1
   準々決:熊本工     2  0  4  1  0 142㌔
   決 勝:九州学     1  1  0  0  0 140㌔
             6.2  7  9  5  2 防2.70
         被安打率9.45 奪三振率12.15 四死球率6.75

 ■ 秀岳館 押し出し死球でサヨナラ4強!(西日本スポーツ) 16/7/24

 選抜4強の秀岳館が苦しみながらも4強進出を決めた。ひっくり返された直後の8回裏に2点差を追いつくと、延長10回裏1死満塁からの押し出し死球でサヨナラ勝ち。鍛治舎監督は「運が良かっただけ。向こうが勝ってもおかしくなかった」と2時間54分の大熱戦を振り返った。

  プロフィール

 大阪府大阪市出身。
 中井 雄亮(なかい・ゆうすけ)投手。
 今津小2年時から軟式野球を始め、今津中では意岐部ボーイズに所属。

 秀岳館では2年秋に九州大会初Vを経験。
 背番号20で準決勝・日南学園戦の先発を務め、4回途中4三振、4安打1失点の実績を残す。
 続く神宮大会1回戦に6回裏から登板し、自己最速1㌔更新の135㌔をマーク。
 素質を感じさせる投球を見せたが、藤嶋に2ランを打たれ、1回2奪三振2失点で降板となった。
 層の厚い投手陣の中で登板機会が少なく翌選抜(4強)には1試合のみ登板。
 準々決勝の9回表1イニングを無失点に抑え、2対1逆転サヨナラ勝利で勝ち星を収めている。
 その後、夏にかけて球速アップを果たし、夏県大会・熊本工戦で142㌔を計測。
 2回ノーヒット0封、4者連続Kの好救援を披露し、延長10回7対6サヨナラ勝利を呼び込んだ。
 続く甲子園で最速に迫る141㌔を投げ、主力の一人としてベスト4進出を達成。
 中継ぎとして3試合9回に登板し、2戦続けて0封を記録したが、準決で手痛い決勝打を許した。
 同学年のチームメイトに有村大誠九鬼隆平ら。

 中部学院大では1年春からリーグ戦に出場。
 いずれもリリーフとして3試合に登板し、合計4.1回で2安打、3K無四球無失点の結果を残した。
 リーグ通算3試合、0勝0敗、4.1回、3奪三振、防御率0.00。

 186cm80kg、142㌔直球を持つ大型左腕。
 ワインドアップから右膝を高く上げ、重心を下げて早めに着地し、肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ下ろす最速142㌔、常時130㌔台後半から140㌔前後のストレートと、
 120㌔前後のスライダー、外角に落とす120㌔前後のチェンジアップ、100㌔台の緩いカーブ。
 直球と変化球とのコンビネーションが持ち味。チェンジアップで空振りを奪う。
 高校時代は3年間控えとしてプレー。3年夏になって最速142㌔を計測するまでに成長を遂げた。
 遠投102m、50m6秒6。実績はまだ少ない。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-05-17(水)|2020年大学生投手 | 東海地区大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 東海地区大学 コメント(0) Page Top↑