岩田 諒大(九州国際大)|ドラフト・レポート

岩田 諒大(九州国際大)

ここでは、「岩田 諒大(九州国際大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



176cm82kg 右右 MAX147km 自由ケ丘
伸びのある147㌔直球を武器とするプロ注目右腕。福岡大大濠戦で2失点完投の力投を見せた。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   17春: 6  0勝0敗  15.1  13       3  1.76
   17秋: 4  0勝0敗   10  6       2  1.80
   18春:         登板無し
   18秋:         登板無し
   19春: 3  1勝0敗  7.2  5       3  3.52
   通算: 13  1勝0敗   33  24       8  2.18

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   17春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   北九大     4  3       0 
           2  1       0
   福岡大     3  2       0
          0.2  0       0
   西南大     2  3       1
   九州大 先  3.2  4       2
          15.1  13       3 防1.76

   17秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   西南大 先   3  3       2
   北九大    2.1  2       0
   九州大    1.2  1       0
           3  0       0
           10  6       2 防1.80

 ■ 高校時代成績

   16夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   3回戦:東海福岡 先  5.2  8       1
   4回戦:鞍手竜徳    5.1  5       0
   5回戦:香  椎    7.2  4       0 147㌔
   準々決:九国大付 先  0.2  3  1  2  5 144㌔
              19.1  20       6 防2.79(失点から計算)

  最新記事

 ■ 九国大 岩田好投 勝利呼んだ(西日本スポーツ) 19/5/13

 今春初先発した岩田が、九国大に貴重な勝利を呼び込んだ。6回を4安打2失点。「あいつが投げられたら、ここまで苦労はしなかった。今日は賭けだった。投球練習もしてなかったので」と伊藤健治監督も本来のエースの奮闘に目尻を下げた。今春の岩田はリーグ戦第1週こそベンチ入りしたものの、大事を取ってその後は2週ほど登録から外れた。練習では最も投げた時で1日に50球。この日の107球は限界に近かったが、久々の100球超えは同時に自信ももたらした

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   北九大    0.1  1       1
   西南大    1.1  0       0
   九州大 先   6  4       2 ○…リーグ戦初勝利
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
   福岡大 先  7.2  4       3 ●…リーグV決定戦
          15.1  9       6 防3.52

 ■ 九国大、単独首位浮上 エース岩田が完全救援(スポニチ) 19/5/5

 九国大は西南大に3―2で勝ち、5勝2敗で単独首位に浮上した。1点リードの8回にピンチで登板したエースの岩田諒太投手(3年)が完全救援で試合を締めた。自由ケ丘時代にプロから注目され、大学でも1年春からリーグ戦で起用された右腕。しかし「ずっと痛かった」という右肩痛の影響で昨年は登板なし。それ以降、「ストレッチの大事さが分かった。風呂上がりに毎日してます」と念入りにケアをした。

 ■ 1年岩田好救援 九国大が4連勝(西日本スポーツ) 17/9/11

 九国大が開幕4連勝を飾った。4点リードで迎えた7回に1点を返され、なお2死一、三塁で自由ケ丘高出身の1年生右腕岩田が2番手で登板。盗塁で二、三塁とされた後、打者を投ゴロに打ち取り、そのまま最後まで投げきった。岩田は「ピンチで登板すると気持ちが入る。7回は真っすぐで押すことだけを考えた」と汗を拭った。伊藤監督は「岩田は度胸があり、コントロールもいいので、ああいう場面でも任せられる」と全幅の信頼を示した。

過去記事

 ■ 自由ケ丘・岩田初回緊急登板で147キロ0封(日刊スポーツ) 16/7/24

 3年ぶり2度目の優勝を狙う自由ケ丘が8回コールドで香椎を9-2で下し、2年ぶりに8強に駒を進めた。プロ注目の岩田諒大投手が自己最速を更新する力投だった。初回、先発岡本周大投手が2失点後、右膝下に打球を当てて、急きょ回ってきた出番だったが動じず。2回には2死三塁のピンチで2番打者から147キロの直球で3球三振。中日など3球団のスカウトが見守る中、その後も気迫の投球を続けて、得点を与えなかった。新チームになった当初は主将だったが、授業中の居眠りなど学校での生活態度が悪く、昨年11月末から約3カ月間、練習参加を禁じられた。学校で草むしりやランニングをし、大人になって今春チームに復帰。「岡本の気持ちを受け継いで投げた。最後の夏に出られることに感謝して、いい思い出ができるようにしたい」と、勝利を喜んだ。

  プロフィール

 福岡県北九州市出身。
 岩田 諒大(いわた・りょうだい)投手。
 北九州市立湯川中学校を経て自由ケ丘高校に進学。

 自由ケ丘高では1年時からベンチ入り。
 真っすぐを武器に旧チームから主戦投手を務め、2年夏予選で2試合16回5失点の実績を残す。
 初戦2回戦・北九州市立戦で7回1安打8奪三振5四死球0封の力投を披露。
 続く秋予選で濱地真澄と投手戦を演じたが、9回9安打、0対2完投負けで8強敗退となった。
 その後、授業態度の悪さを理由に約3カ月に渡る練習参加禁止期間を経験。
 エースナンバー、キャプテンの座をともに失い、翌3年春の予選(8強)を登板がないまま終えた。
 同年夏(背番号18)に4戦19.1回20安打6失点の活躍でベスト8進出を達成。
 5回戦・香椎高戦(7.2回4安打無失点リリーフ)で自己最速2㌔更新の147㌔をマークしている。
 2学年上に早野僚馬外野手(日本生命)ら。

 九国大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 開幕・北九大1回戦に3番手として救援で登板し、4回3安打無失点の好投でデビュー戦を飾る。
 3季で計13戦(先3)、33回に起用され、通算1勝(0完投)0敗、防2.18を記録。
 肩痛の影響で2年春秋を登板機会無く終え、3年春の最終戦・九大2回戦で初勝利を挙げた。
 リーグ通算13試合、1勝0敗、33回、防御率2.18。

 176cm82kg、プロ注目の最速147㌔右腕。
 最速147㌔の伸びのある直球を武器とする本格派右腕。カーブなどの変化球を織り交ぜる。
 高校時代は打力を生かして中軸としても活躍。早い時期から主戦を務めた。
 2年夏の予選16イニングで12奪三振、11四死球(率6.19)。コントロールにはバラツキが残る。
 中日などプロから注目される資質の持ち主。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年05月26日(日)|2020年大学生投手 | 九州六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 九州六大学 コメント(0) Page Top↑