寺西 建(星稜)

ここでは、「寺西 建(星稜)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



寺西 建(星稜)

191cm94kg 左左 一塁手兼外野手 50m6秒5
通算16発、飛ばす力が魅力の左の強打者。2年夏予選で2発を記録。初戦でライト場外弾を放った。

  動 画

  投手・打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16夏: 1 .500  4  2 0 0 0 0 0 0 0  .500  .500

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   16夏: 1 先  1.1  3  0  2  3 135㌔ 市和歌山 ●

  最新記事

 ■ 星稜、8回に5点差追いつかれ延長11回サヨナラ負け(スポーツ報知) 17/7/28

 大会連覇を目指した星稜は、7―8で日本航空石川に延長11回の末、サヨナラ負けした。8回に2点を加え、7―2としたその裏。8番・原田竜聖(2年)の左翼場外3ランなどで5点差を追いつかれた。林和成監督は「継投も含め、5点差を守りきれなかったのは監督の責任です」と選手をかばった。昨夏の甲子園で「シン・ゴジラ」と騒がれ、この日も2安打した左の大砲・寺西建は「この悔しさを忘れず大学もっと成長していきたい」と必死に顔を上げた。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 長打率
   17夏予: 4 .375 16  6 2 0 0 3  .500

 ■ 星稜・寺西 ゴジラ2世復活(中日スポーツ) 17/7/7

 星稜の連覇にはこの男の復活が欠かせない。昨年はエースとして甲子園の土を踏んだ191センチ、94キロのスラッガー、寺西だ。今春の北信越大会は不振で結果が出なかったが、林和成監督が動画を見せながら、細かく指導。スイングの際に無駄な動きが多い点を指摘されている。昨春から腰痛に苦しみ夏の甲子園後に林監督と話し合って野手に専念することを決めた。冬に体幹トレーニングに重点的に取り組んだ結果、「どれだけ振っても痛みは出なかった」と1日2000スイングの猛練習にも耐えられた。高校通算本塁打は16本6月の練習試合ではセンバツで準優勝した履正社のエース・竹田から本塁打を放ち、好感触をつかんだ。

        試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17春北信越: 4 .167 12  2 1 0 0 1 3 4 1  .375  .250

 ■ ゴジラ2世 2年生エースで4番・寺西 無念の聖地(中日スポーツ) 16/8/11

 星稜の「ゴジラ2世」は、力を発揮できないまま初舞台を去る。「先輩たちに本当に申し訳ない。力不足だった」。左腕エースで4番、寺西建の口調は重たく、ひたすら謝罪の言葉を繰り返した。昨日の投球練習では本人も「最高」という状態で、林和成監督から先発を任された。だが甲子園のマウンドはひと味違ったのか、投球バランスが崩れ、1回は初球からボールが高めに浮いた。いきなり先頭打者に痛打を浴びて失点。2回も修正できないまま暴投を2度続けるなどして、1死一、三塁で無念の降板。右翼へ回った。以降も一度相手に渡った流れを止められなかった。打者として2安打したが、守備では右前打を後逸して2者を生還させる場面もあり、「全ての面で力が足りない。メンタルもパワーも制球力も…」と言葉を詰まらせた。中日・中田スカウト部長に「体も大きく、もっと力をつければ十分、来年のドラフト候補に挙がる一冬越せば化けるかもしれない」と評される好素材。無念の夏だった。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16夏予: 5 .438 16  7 2 0 2 6 1 4 0  .550  .938

   16夏予         回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:小松商業 先   3  2  3  2  1
   準々決:小松明峰 先  0.2  3  1  3  2
   準決勝:小松大谷 先  4.1  3  5  5  2
               8  8  9  10  5 防5.63(失点から計算)
          被安打率9.00 奪三振率10.13 四死球率11.25

過去記事

 ■ 最大3点差はね返した!星稜2年ぶり18度目の夏甲子園(スポーツ報知) 16/7/27

 星稜が7―5で日本航空石川を破り、2年ぶり18度目の夏の甲子園出場を決めたプロ注目の4番・寺西建(2年)が4回1死で右越え本塁打を放って先制。ネット裏で視察していたソフトバンクの山崎賢一スカウトは「普通、あの角度で、あそこまでは飛ばないバットの芯に当たった時の飛距離には魅力がある」と高く評価した。

 ■ 星稜・寺西、小松大谷との因縁に決着打!(スポーツ報知) 16/7/26

 6点リードの9回、星稜は小松大谷に2死一、二塁から2点を返された。なおも2死二塁。過去2年の激闘を知る客席のファンがざわつきだした。「ちょっとベンチは慌てましたが、選手は落ち着いていた」と星稜・林和成監督。最後の打者を一ゴロに仕留めると、ナインは、喜びと安どが入り交じったような表情を浮かべた。寺西が投打で躍動した。追いつかれた直後の5回無死二、三塁、勝ち越しの2点二塁打。「犠牲フライかと思った」(寺西)左翼線への飛球に、左翼手が追いつけなかった。4打数2安打3打点。先発投手として4回1/3を2失点とゲームも作り「リベンジしてやろうという気持ちがありました」と喜んだ。3年連続となる“因縁”の対決。昨年は3点リードの9回に逆転サヨナラ負け。ベンチで見届け雪辱の思いを強くした。体格に恵まれた左打者。能美市の浜小、根上学童野球クラブ、根上中、そして星稜へ。いずれも松井秀喜氏と同じだ。この日はプロ数球団のスカウトが視察し「ゴジラ2世」「来年が楽しみ」といった声も挙がった。

 ■ 松井氏“直系”2年生エース&4番・寺西の一発で初戦突破(スポーツ報知) 16/7/18

 星稜が小松商を9―3で下し、初戦を突破した。2年生エースで4番・寺西建が先発し、3回を1失点。右翼の守備に回って迎えた5回には、1―1の1死走者なしから、自身公式戦通算2号を右翼席場外に運び、存在感を発揮した。春の県大会前に腰を痛め、6月の北信越大会を欠場。それでも、今大会に間に合わせ、大事な初戦の先発を任された。状態も「問題ないです」とキッパリ。背番号も春県大会の「9」から「1」になった。林監督は、「(背番号1は)彼に自覚を持たせるため。期待を込めました。実力もありますから」と説明した。
 根上中が輩出した松井秀喜2世 評価(日刊スポーツによる全国ピカイチ打者49人)

 ■ 星稜の191センチ4番・寺西、ゴジラ直系後輩が同点2ラン(スポーツ報知) 16/4/29

 春季石川県大会3回戦が29日、石川県立野球場などで行われ、星稜が6―4で小松大谷を退けて8強入りした。2―4の5回2死三塁。2年生4番・寺西建右翼手が、左打席から内角直球を振り抜いた詰まりながらも右翼席中段まで運ぶ同点2ランに「結果がほしい場面で打てた。うれしい」。自身の公式戦1号に、笑顔のまま生還した。林和成監督も「(相手左腕の)シュート気味の球を(体の)回転でよく打ってくれた」と絶賛。このアーチで勢いに乗り、計14安打6得点で試合をひっくり返した。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春予: 6 .240 25  6 0 0 1 4 3 3 0  .321  .360

  プロフィール

 石川県金沢市生まれ。
 寺西 建(てらにし・たける)一塁手兼外野手。
 浜小3年時から軟式野球を始め、根上中では軟式野球部に所属。

 星稜高では1年夏から背番号11でベンチ入り。
 1年秋の新チームで3番・右翼手の座を獲得し、4番打者となった翌2年春に県大会Vを果たす。
 小松大谷戦で右2ランを放つなど、計25打数で6安打、1本塁打4打点をマーク。
 石川大会前に発症した腰の痛みに悩まされ、6月の北信越大会(優勝)はベンチ外となった。
 背番号1を任された同年夏に、打率.438本2点5、3戦8回5失点で県Vを達成。
 初戦2回戦で右翼場外(両翼91.5m)へのソロ、決勝戦で先制の右越えソロを記録している。
 続く甲子園1回戦で2安打を放つも、赤羽をとらえ切れず5併殺、2対8で敗戦。
 4番・投手(→右翼)を任されながら、1.1回3失点、適時後逸と、投守に精彩を欠いて敗れた。
 腰痛の影響もあって大会後から野手(2年秋:左翼、3年春夏:一塁)に専念。
 不振に苦しみながらも翌3年6月に行われた履正社との練試で竹田祐から一発を放っている。
 3年夏の石川大会はV校・航空石川に延長11回7対8サヨナラ負けで4強敗退。
 6番・ファーストとして全6試合にスタメン出場し、16打数で6安打、打率.375本0点3を記録した。
 1学年上に虎谷貴哉、同学年に清水力斗ら。

 191cm94kg、恵まれた体格の一塁手兼外野手。
 通算16発、大きなフォロースルーで遠くに飛ばす左の強打者。2年春夏の2大会で4番を務めた。
 2年夏の県大会で2本塁打を記録。初戦でライト場外ソロ本塁打を放っている。
 大型左腕としても期待されたが、腰痛で2年秋から野手に専念。左翼、一塁として起用された。
 左打者で一塁到達タイム4.6秒台から4.7秒前後。

  スカウトコメント

中日・中田スカウト部長|16/8/11
 「体も大きく、もっと力をつければ十分、来年のドラフト候補に挙がる。一冬越せば化けるかもしれない」
ソフトバンク・山崎賢一スカウト|16/7/27
 「普通、あの角度で、あそこまでは飛ばない。バットの芯に当たった時の飛距離には魅力がある」
プロスカウト|16/7/26
 「ゴジラ2世。来年が楽しみ」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-09-10(日)|2017年高校生野手 | コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
2017/03/31 岐阜県高校野球フェアにて2試合とも一塁手として、先発していました。
| 野球三昧 | 2017年04月01日(Sat) 12:27 | URL #- [ 編集]
体格からして今後大きく化けそうな選手。是非ともカープに入団して猛練習のすえにカープの外野のレギュラーになって欲しい。パワーが他の選手を圧倒しているが故に中軸を担える選手になる予感さえさせてくれる。
| 賀前酉黒才 | 2017年01月15日(Sun) 15:41 | URL #- [ 編集]
シン・ゴジラか?
| まさのり | 2016年07月27日(Wed) 08:22 | URL #Mn9lgH/w [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年高校生野手 | コメント(3) Page Top↑