田浦 文丸(秀岳館)

ここでは、「田浦 文丸(秀岳館)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



田浦 文丸(秀岳館)

170cm75kg 左左 MAX148km スライダー・カーブ・チェンジ
最速148㌔の直球とチェンジアップ。マウンド度胸の良い左腕。九州大会で7回17Kの快投を見せた。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   16春: 2    4.2  3  8  5  3
           2.1  3  5  1  3 139㌔ 花咲徳栄
           2.1  0  3  4  0 138㌔ 南陽工業
   16夏: 3    9.1  7  5  4  1
            4  4  2  2  1 140㌔ 常葉菊川 ○
        先  3.1  1  2  1  0 141㌔ いなべ総
            2  2  1  1  0 142㌔ 北  海
   17春: 2    14  13  11  4  3
        先  6.2  4  5  3  1 142㌔ 作新学院 ○
        先  7.1  9  6  1  2 141㌔ 大阪桐蔭 ●
   17夏: 2    5.1  6  6  2  3
            3  2  4  1  0 139㌔ 横浜高校
           2.1  4  2  1  3 140㌔ 広陵高校
   通算: 9   33.1  29  30  15  10 防2.70
       被安打率7.83 奪三振率8.10 四死球率4.05

 【 国際大会 】
   U18W杯   回数 被安 奪三 四死 失点 自責
   USA    2.1  1  5  0  0  0 143㌔
   CUB    2.2  1  5  3  0  0 142㌔
   NED     4  0  9  1  0  0 145㌔
   AUS     1  0  2  1  0  0 143㌔ ○
   CAN    2.1  0  6  0  0  0 143㌔ 
   KOR 先  1.1  4  2  3  5  2 142㌔ ●
         13.2  6  29  8  5  2 防1.32
        被安打率3.95 奪三振率19.10 四死球率5.27

  最新記事

 ■ 田浦文丸、救援投手でベストナイン「プロに行きたい」(スポーツ報知) 17/9/12

 高校日本代表が3位決定戦で地元・カナダを破り、最終戦を白星で締めた。田浦は今大会最多6試合に登板し、13回2/3を投げ、毎回の最多29奪三振ベストナインの救援投手部門に選出された。清宮に「普段はタヌキみたい」と呼ばれた170センチ、75キロの左腕は、チェンジアップが光り、「三振を多く取れたのは自信になる」と胸を張った。進路については「プロに行けたら行きたい。帰って、監督と相談して決めたい」と語った。

 ■ 18日本・田浦がまた快投 5戦無失点27K(日刊スポーツ) 17/9/9

 敗戦の中で田浦文丸投手の好投が光った。7回、カナダに逆転を許しなおも2死満塁の場面で登板。ここを三振で切り抜けると8、9回は3者凡退。2回1/3をパーフェクトに抑え6三振を奪った。鋭いスライダーにチェンジアップでカナダ打線を完全に封じた。これで今大会は5試合に登板、12回1/3を投げ無失点、27奪三振と快投が続いている。

 ■ “たぬき魔神”がオランダ圧投!4回0封9Kの田浦に米スカウト驚嘆(SANSPO) 17/9/6

 野球・U-18W杯第4日1次リーグB組最終戦で南アフリカと対戦した日本は、前日4日の第4戦でオランダに3-1で勝利。3勝1敗として2次リーグ進出を決めた。六回から救援した2番手の田浦文丸投手が4回を無安打無失点、9奪三振と好投した。「外国人は大きく振ってくれる。気持ちとしては乗れます」。低めに沈むチェンジアップに加え、夏の甲子園大会で封印していたカットボールも解禁。七回は3者連続三振に封じるなど圧巻の内容に胸を張った。1メートル70、75キロのぽっちゃり体形。主将の清宮が「普段は『たぬき』みたい」とするおっとりした性格だが、マウンドでは一変する。変幻自在の投球で、たぬきのように外国人打者を翻弄する。この試合まで救援で3試合、9回を投げて19奪三振。高校卒業後にプロ入りを目指す田浦だが、視察した米大リーグのスカウトからも「TAURA!?」と驚きの声が上がった。
 巨人・井上チーフスカウト「特徴のある球でしっかり腕を振っているから、右打者にも通用する甲子園の時より制球も良くなった」(西日本スポーツ)
 高2から覚えたチェンジアップは「腕がボールを追い抜いていくような感じ」で投げ、打者のタイミングを外す。ネット裏の大リーグスカウトからは「あれは誰だ?最高のチェンジアップだ」と感嘆の声が上がった。(スポニチ)

過去記事

 ■ 川端、田浦 左腕コンビ悔し6失点(西日本スポーツ) 17/8/18

 秀岳館を支えた最速148キロ左腕コンビが崩れた。7回途中から2番手で登場した田浦は、2点ビハインドの9回1死二、三塁、3番中村に初球の直球を左翼席に運ばれ、勝負を決定づける3ランとされた。ベンチから敬遠の指示が出たが、強気で攻めようと勝負を選んだのが裏目。「力負け。悔しいという言葉しかない」と嘆いた。退任する鍛冶舎監督に、田浦は「ずっと支えてもらい、感謝しています」と頭を下げる。進路については、田浦は「これから考える」。鍛冶舎監督の下で飛躍した2人の甲子園が終わった。
 ▽鍛冶舎監督「ただ一つの誤算は、初回から守備についたもんですから田浦が足がつってきて、こむら返りがあったので、最後まで持つかどうかと思ったんですけども、かえって力みがなくなって、チェンジアップがよく効いてましたね。スライダーとチェンジアップがうまく決まったと思います」(SANSPO17/8/11)

 ■ 悲願日本一へ 秀岳館連覇(西日本スポーツ) 17/7/25

 熊本大会決勝は、今春まで3季連続甲子園4強の秀岳館が3-1で九州学院を下し、2年連続3度目の夏切符を手にした。川端健斗、田浦文丸の3年生左腕リレーで相手の強力打線を1点に抑え、同点の9回に2点を奪って競り勝った。2番手の田浦は自己最速の148キロをマークした真っすぐを主体に3イニングを無失点。二枚看板の気迫満点の投球が9回の勝ち越し点を呼び込んだ。今大会全5試合で救援だった田浦は計14回1/3を無失点。「直球の球威が増して自信になった」とうなずいた。

   17夏予       回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:千原台高   3.1  2  2  1  0
   3回戦:熊本農業    3  1  4  1  0
   準々決:熊本国府    3  1  2  1  0
   準決勝:八代高校    2  1  1  0  0
   決 勝:九州学院    3  0  4  1  0 148㌔
             14.1  5  13  4  0 防0.00
          被安打率3.14 奪三振率8.16 四死球率2.51

 ■ 選抜高校野球 大阪桐蔭が勝利 決勝は史上初の大阪対決(毎日新聞) 17/3/30

 第89回選抜高校野球大会第11日の30日は準決勝2試合。第2試合は、秀岳館と大阪桐蔭の対戦。両校エースが好投し投手戦となった試合は、大阪桐蔭が2-1で秀岳館に競り勝った秀岳館は先発の田浦が落差の大きいチェンジアップを武器に好投したが、勝負どころで制球が甘かった

 ■ 秀岳館8強!先発田浦V打「初球から直球狙ってた」(日刊スポーツ) 17/3/27

 昨年春夏4強の秀岳館が接戦を制して3季連続8強にコマを進めた。1回に1点を先制されたが、4回に5番左翼で抜てきされた2年生の山下竜哉外野手が同点適時二塁打を放つと、続く田浦文丸投手が、右翼超えの三塁打を放って勝ち越した。先発投手の田浦は「初球から直球を狙っていた。いいところで打てた」とニッコリ。7回途中1失点で降板し、左人さし指が「つった感じになった」と9回にはベンチに下がったが、2番手の川端健斗投手がリードを守りきった。田浦は「川端を信じていた。優勝を目指して、次からも活躍をしたい」と目を輝かせていた。
 秀岳館では試合を間近に控えた時期を除き、投手は打撃練習に加わらない。それでも「打撃センスがいい」と鍛冶舎巧監督に評価される田浦は昨秋主に2番に起用されてきた。(西日本スポーツ)

 ■ 秀岳館・田浦17K 長崎東に7回コールド勝ち(西日本スポーツ) 16/10/25

 秀岳館の甲子園春夏連続4強を支えた2年生左腕田浦が、貫禄の投球を見せた。長崎東打線を6回まで無安打に封じ、17奪三振。7回の先頭打者に初安打を許したが、テンポよくストライクを投げ込み21アウト中17アウトを三振で積み上げた。先発した相手打者全員から、毎回の奪三振ショー3年生が抜けて新チームではエースナンバーを任される。「(夏までのエース)有村(大誠)さんの気持ちがわかった。自分が打たれたらもう後がない」とエースの重責を感じている。今夏の甲子園では、体重が7キロも増えた影響で、投球に精彩を欠いた。「調整に失敗した」。チームも決勝進出を逃し悔いが残った。「次も今日みたいな投球ができたら」と話す田浦はすっかりエースの顔になっていた。
 日大三の左腕・桜井や静岡・池谷、大阪桐蔭・徳山、福岡大大濠・三浦、秀岳館の田浦、川端の左腕コンビにもプロ注目する。(西日本スポーツ17/1/28)

   16秋           回数 被安 奪三 四死 失点
   熊本3回戦:玉名工業 先   6  5       1
     準々決:八代東高 先   5  2       1
     準決勝:九州学院     2  2  2  1  0
     決勝戦:熊本工業 先   5  5  2  1  2
   九州2回戦:長崎東高 先   7  1  17  2  0封
     準決勝:福大大濠 先   4  7  3  3  3
                 29  22  34  12  7 防1.86
            被安打率6.83 奪三振率10.55 四死球率3.72

 ■ 選抜経験生きた 3投手で1失点(西日本スポーツ) 16/8/13

 秀岳館の初戦突破に投手陣が大きく貢献した。先発川端が3イニング、2番手田浦が4イニング、そして最後は有村が2イニングを締めた。3投手合わせて被安打は5本だけ。ソロ本塁打による1失点のみに抑えた。3人とも今春選抜のマウンド経験があっただけに、落ち着いていた

   16夏予         回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:熊本西高    1  0  1  0  0
   3回戦:済々黌高   3.2  6  2  1  1
   準々決:熊本工業 先 3.1  4  3  2  1
   準決勝:文  徳    3  3  6  0  0 143㌔ 
   決 勝:九州学院 先 5.1  7  5  4  2
             16.1  20  17  7  4 防2.20(失点から計算)
          被安打率11.02 奪三振率9.37 四死球率3.86

 ■ 左腕の秀岳館・田浦、救援・有村に感謝/センバツ(SANSPO) 16/3/23

 第88回選抜高等学校野球大会第4日第3試合(秀岳館6-5花咲徳栄、23日、甲子園)六回から2番手で登板した秀岳館の田浦は、左腕から切れのある直球とスライダーを投げ分け、2イニングで五つの三振を奪った。しかし「力んだ」という八回に死球から崩れ、二塁打3本を打たれて降板。背番号1の有村が救援し、1回2/3をぴしゃりと締めた。

  プロフィール

 福岡県大野城市出身。
 田浦 文丸(たうら・ふみまる)投手。
 平野小1年時に軟式野球を始め、平野中では糸島ボーイズに所属。
 中2夏にジャイアンツカップ準Vを経験した。

 秀岳館では1年時から控え投手としてベンチ入り。
 1年秋予選(九州V)5試合に主に救援で登板し、計11.2回で13K、防御率0.77の実績を残す。
 翌2年春選抜(139㌔計測)で、3連続含む8K、2戦4.2回3失点リリーフを披露。
 同年夏の予選全5戦(先発2)16.1回をこなし、20安打4失点の粘投で15年ぶりVを達成した。
 準決(143㌔計測)で3回6K無四球0封、決勝で6回途中7安打2失点を記録。
 続く甲子園3試合9.1回(5K2失点)に登板し、4回1失点救援を演じた初戦で白星を挙げた。
 2年秋の新チームでエースの座をつかみ、29回34Kの力投で九州4強まで進出。
 九州大会初戦・長崎東戦で7回1安打(6回無安打)17三振2四球完封勝利を収めている。
 打撃でも2番・右翼手で打率.444(36打数16安打)本1点12の好成績を記録。
 背番号1で翌3年春選抜2試合の先発を務め、2枚看板として3季連続全国4強を達成した。
 勝ち越し右越え3塁打、7回途中1失点と、作新学院戦で投打の活躍を披露。
 準決・大阪桐蔭戦で5回0封の粘投を演じたが、打線が振わず7.1回2失点で負け投手となった。
 チームメイトに川端健斗幸地竜弥木本凌雅ら。

 170cm75kg、ガッチリとした小柄な148㌔左腕。
 ワインドアップからやや上体を捻って重心を下げ、着地早めに肘を使った左スリークォーターから
 繰り出す最速148㌔、常時130㌔台中盤から140㌔前後の伸びのある真っ直ぐと、
 110㌔台から120㌔前後の縦横スライダー、110㌔前後のチェンジアップ、100㌔台のカーブ。
 真っすぐに変化球を交えて三振を奪取。まずまずの制球で内外角に投げ分ける。
 チェンジアップを打者の左右問わず投げ込み、大阪桐蔭から4連続K(チェンジ3)をマークした。
 マウンド度胸の良い左腕。遠投103m、50m6秒2。

  スカウトコメント

巨人・井上チーフスカウト|17/9/6
 「特徴のある球でしっかり腕を振っているから、右打者にも通用する。甲子園の時より制球も良くなった」
米大リーグスカウト|17/9/6
 「(4回9奪三振の好投に)TAURA!?(と驚きの声)」
 「あれは誰だ?最高のチェンジアップだ」
楽天・早川副会長補佐|17/8/18
 「外野も守って野球好きな野球小僧という印象。体はそう大きくないけど、タイプ的には巨人の田口みたいな感じ。使い減りがしないぐらい投げられそうだ」
広島・鞘師スカウト|17/8/18
 「川端君とともに、プロで十分活躍できる素質は持っている」
プロスカウト|17/8/18
 「横浜との初戦はフォームがいいときと全然違った。体重が左に乗って前に向かってこない。上体が遅れて追いついてこない。あれでは…」
在京球団スカウト|17/8/17
 「球威もマウンド度胸もある。チェンジアップの質も高いんだけど、体が開き気味でボールの出どころが見やすいのが欠点。5位指名くらいでしょうね」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-09-12(火)|2017年高校生投手 | コメント(6) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
代表で名を上げつつありますねえ
上位までありそうな気配
| 。・。 | 2017年09月08日(Fri) 03:33 | URL #- [ 編集]
ハッキリ言って、現時点では川端君の方が一枚上ですね。
角度もないし、何より制球が不安定。
| 匿名 | 2017年07月27日(Thu) 01:44 | URL #- [ 編集]
同日 ラスト一球 148
| 兄弟胖 | 2017年07月24日(Mon) 12:39 | URL #- [ 編集]
同日 MAX 147
| 兄弟胖 | 2017年07月24日(Mon) 12:36 | URL #- [ 編集]
熊本大會決勝
MAX 146
| 兄弟胖 | 2017年07月24日(Mon) 12:35 | URL #- [ 編集]
継投で勝ち上がってきた前チームの投手の一人からエースとしてこれからどこまでやれるか楽しみです。
| 匿名 | 2016年10月25日(Tue) 17:45 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年高校生投手 | コメント(6) Page Top↑