田浦 文丸(秀岳館)

ここでは、「田浦 文丸(秀岳館)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



田浦 文丸(秀岳館)

170cm75kg 左左 MAX144km スライダー・カーブ・チェンジ
最速144㌔の直球と3種類の変化球。マウンド度胸の良い左腕。2年春夏に全国4強入りを経験した。

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   16春: 2    4.2  3  8  5  3
           2.1  3  5  1  3 139㌔ 花咲徳栄
           2.1  0  3  4  0 138㌔ 南陽工業
   16夏: 3    9.1  7  5  4  1
            4  4  2  2  1 140㌔ 常葉菊川 ○
        先  3.1  1  2  1  0 141㌔ いなべ総
            2  2  1  1  0 142㌔ 北  海
   17春: 1 先  6.2  4  5  3  1 142㌔ 作新学院 ○
   通算: 6   20.2  14  18  12  5 防2.18
       被安打率6.10 奪三振率7.84 四死球率5.23

  最新記事

 ■ 秀岳館・田浦17K 長崎東に7回コールド勝ち(西日本スポーツ) 16/10/25

 秀岳館の甲子園春夏連続4強を支えた2年生左腕田浦が、貫禄の投球を見せた。長崎東打線を6回まで無安打に封じ、17奪三振。7回の先頭打者に初安打を許したが、テンポよくストライクを投げ込み21アウト中17アウトを三振で積み上げた。先発した相手打者全員から、毎回の奪三振ショー3年生が抜けて新チームではエースナンバーを任される。「(夏までのエース)有村(大誠)さんの気持ちがわかった。自分が打たれたらもう後がない」とエースの重責を感じている。今夏の甲子園では、体重が7キロも増えた影響で、投球に精彩を欠いた。「調整に失敗した」。チームも決勝進出を逃し悔いが残った。「次も今日みたいな投球ができたら」と話す田浦はすっかりエースの顔になっていた。
 日大三の左腕・桜井や静岡・池谷、大阪桐蔭・徳山、福岡大大濠・三浦、秀岳館の田浦、川端の左腕コンビにもプロ注目する。(西日本スポーツ17/1/28)

   16秋           回数 被安 奪三 四死 失点
   熊本3回戦:玉名工業 先   6  5       1
     準々決:八代東高 先   5  2       1
     準決勝:九州学院     2  2  2  1  0
     決勝戦:熊本工業 先   5  5  2  1  2
   九州2回戦:長崎東高 先   7  1  17  2  0封
     準決勝:福大大濠 先   4  7  3  3  3
                 29  22  34  12  7 防1.86
            被安打率6.83 奪三振率10.55 四死球率3.72

 ■ 選抜経験生きた 3投手で1失点(西日本スポーツ) 16/8/13

 秀岳館の初戦突破に投手陣が大きく貢献した。先発川端が3イニング、2番手田浦が4イニング、そして最後は有村が2イニングを締めた。3投手合わせて被安打は5本だけ。ソロ本塁打による1失点のみに抑えた。3人とも今春選抜のマウンド経験があっただけに、落ち着いていた

   16夏予         回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:熊本西高    1  0  1  0  0
   3回戦:済々黌高   3.2  6  2  1  1
   準々決:熊本工業 先 3.1  4  3  2  1
   準決勝:文  徳    3  3  6  0  0 143㌔ 
   決 勝:九州学院 先 5.1  7  5  4  2
             16.1  20  17  7  4 防2.20(失点から計算)
          被安打率11.02 奪三振率9.37 四死球率3.86

 ■ 左腕の秀岳館・田浦、救援・有村に感謝/センバツ(SANSPO) 16/3/23

 第88回選抜高等学校野球大会第4日第3試合(秀岳館6-5花咲徳栄、23日、甲子園)六回から2番手で登板した秀岳館の田浦は、左腕から切れのある直球とスライダーを投げ分け、2イニングで五つの三振を奪った。しかし「力んだ」という八回に死球から崩れ、二塁打3本を打たれて降板。背番号1の有村が救援し、1回2/3をぴしゃりと締めた。

  プロフィール

 福岡県大野城市出身。
 田浦 文丸(たうら・ふみまる)投手。
 平野小時代に軟式野球を始め、平野中では糸島ボーイズに所属。
 中2夏にジャイアンツカップ準Vを経験した。

 秀岳館では1年時から控えとしてベンチ入り。
 有村九鬼らを擁して1年秋の九州大会を制し、主に救援で11.2回13K、防0.77の実績を残す。
 翌2年春選抜で最速139㌔を計測し、2試合4.2回8三振3失点リリーフを披露。
 1回戦・花咲徳栄戦で2.1回5奪三振3失点、続く南陽工戦で2.1回ノーヒット0封を記録した。
 2年夏に全5試合(先発2)16.1回をこなす活躍で15年ぶり県大会優勝を達成。
 準決勝で3回3安打6奪三振無四球無失点、決勝戦で6回途中2失点の力投を演じている。
 続く甲子園で2季連続ベスト4を果たし、全国舞台で最速に迫る142㌔を計測。
 3試合(先発1)、9.1回を7安打2失点に抑え、4回1失点救援を演じた初戦で白星を収めた。
 同年秋の新チームで主戦の座をつかみ、29回34Kの力投で九州4強まで進出。
 九州大会初戦2回戦・長崎東戦で7回1安打(6回ノーヒット)17K2四球完封の快投を見せた。 
 同学年のチームメイトに川端健斗木本凌雅ら。

 170cm75kg、ガッチリとした小柄な143㌔左腕。
 ワインドアップからタメを作って重心を下げ、インステップし、スリークォーターの腕の振りから繰り出す
 最速143㌔、常時135㌔前後から140㌔前後(2年夏)の伸びのあるストレートと、
 110㌔台から120㌔前後の鋭いスライダー、110㌔台のチェンジアップ、100㌔台の緩いカーブ。
 真っすぐに変化球を交えて三振を奪取。まずまずの制球で内外角に投げ分ける。
 2年春の選抜2試合4.2回で3者連続を含む8奪三振(スライダー4・直球3・チェンジ1)を記録した。
 マウンド度胸の良い左腕。遠投103m、50m6秒2。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-02-09(木)|2017年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
継投で勝ち上がってきた前チームの投手の一人からエースとしてこれからどこまでやれるか楽しみです。
| 匿名 | 2016年10月25日(Tue) 17:45 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑