河野 竜生(JFE西日本)

ここでは、「河野 竜生(JFE西日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



174cm72kg 左左 MAX145km スライダー・ツーシーム・チェンジ・カーブ 鳴門 1年目
右打者の内角を突く直球が武器。3年春に145㌔を計測した。スライダー、ツーシームを織り交ぜる。

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   14夏: 1 先   4  8  3  3  5 134㌔ 近江高校 ●
   15夏: 1 先  5.1  11  3  1  7 137㌔ 九国大付 ●
   16夏: 4    28  30  18  16  10
        先   9  9  8  3  2 143㌔ 佐久長聖 ○
        先   9  5  2  3  2 145㌔ 智弁学園 ○
            3  6  4  5  4 144㌔ 盛岡大付
        先   7  10  4  5  2 141㌔ 明徳義塾 ●
   通算: 6   37.1  49  24  20  22 防5.30
       被安打率11.81 奪三振率5.79 四死球率4.82

  最新記事

 ■ <夏の高校野球>「やりきりました」鳴門・河野(毎日新聞) 16/8/18

 鳴門の先発・河野は毎回、走者を背負う苦しい投球になった。今大会4試合目の登板で「疲れは相当あった。真っすぐが走らず、制球も乱れた」。与えた四球は四回の押し出しを含む510安打を許し、7回3失点で降板した。それでも3年ぶりの8強入りに貢献した左腕は「やりきりました」と、すがすがしい表情を見せた。春の四国大会で敗れた明徳義塾に雪辱を果たせなかったが、同じ四国勢に「どんどん勝ち進んでほしい」とエールを送った。
 卒業後は社会人野球の道へ進む予定。(西日本スポーツ)

   16夏予          回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:板  野     2  1  4  1  0
   準々決:徳島北高 先   9  11  12  1  2
   準決勝:富岡西高 先   8  3  9  8  3
   決 勝:鳴門渦潮 先   9  3  7  1  1 145㌔(プロスピードガン)
               28  18  32  11  6 防1.93(失点から計算)
          被安打率5.79 奪三振率10.29 四死球率3.54

 ■ 鳴門・河野「夢のよう」 水族館でリフレッシュし好投(asahi.com) 16/8/14

 鳴門バッテリーの狙いは「ヒットはいい。長打にならなければ」。だから、エース河野は一回に3本の単打で2点を先行されても「(バットの)芯を外せている」と気にしなかった。許した長打は、三回2死から浴びた二塁打のみ。四~八回は無安打に抑え、最後の打者を二飛に仕留めると、両拳を突き上げた。「正直、勝てるとは思わなかった。夢のようでした」。開幕戦の翌日、水族館に行った。「イルカショーを見ていたら水がかかった」。野球のことを考えず、リフレッシュできたことが、この日の好投につながったと分析している。

 ■ 鳴門・河野、3度目の正直で1勝!(スポーツ報知) 16/8/8

 最速145キロ左腕・河野竜生が、3度目の正直で開幕戦白星を挙げた。史上5人目となる1年夏から3年連続の先発マウンドで、9安打2失点で完投。一昨年、昨年の初戦敗退を教訓に、8割の力で制球を重視しながら、143キロをマーク。「2年間、苦しい思いをして、1つ勝てたのはうれしい」と笑みがこぼれた。兄・祐斗さん(20)は13年夏8強の主将。「兄を超えたい思いがあった。まずはベスト8にいけるように」と前を見据えた。
 毎回のように走者を抱えながらも粘りの投球でチームを勝利に導いた。9安打8奪三振2失点という内容で9回を完投。球数は148球を数えた。聖地で2年連続初戦敗退を経験していた3年生左腕は「開幕試合で多くの観客を前に投げられて幸せでした」と笑顔。「持ち味の打たせて取る投球ができてよかった。完投は自信になる」と充実感あふれる表情を見せていた。

過去記事

 ■ 鳴門が徳島大会5連覇 エース河野、勝ち越し呼ぶ力投(asahi.com) 16/7/28

 5連覇を遂げた鳴門。立役者はエース河野だった。全試合に登板してきた左腕だ。「序盤は正直足に力が入らなかった。あったのは意地だけ」。終わってみれば先発9人中4人が打率5割以上だった鳴門渦潮打線を単打3本に抑えた。鳴門の5連覇は、池田の3、徳島商の4を上回る快挙だ。1年夏から甲子園を経験する河野だが、過去2年は初戦敗退。「最後の年こそ校歌を歌いたい」。森脇監督も「まず1勝。河野が今日みたいな投球をしてくれたらいける」と期待した。

 ■ 鳴門 4年連続10度目!河野初完封、自責0で聖地へ(スポニチ) 15/7/30

 鳴門が、徳島商(97~00年)以来となる県最長タイ記録の4連覇を果たした。最速140キロ左腕・河野は、城南打線相手に直球、カーブ、スライダー、ツーシームを低めに集めて完封。「とにかく最後まで投げたかった。ゼロに抑えることをいつも目標にしているので、完封できたのもうれしい」。今大会初完封。4試合24イニングを投げ、自責点0で甲子園に乗り込む。1年生だった昨夏は初戦となった2回戦で近江と対戦し、4回5失点KO。「昨年の甲子園では自分の調子が悪く、恥をかいた。今年は自信を持って投げられる」。グレードアップした「鳴門の牙」が、借りを返すために聖地へ帰る。

   15夏予          回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:海  部 先   5  2  7  0  0封
   準々決:小松島高     4  0  8  1  0
   準決勝:城  東 先   6  1  2  1  2
   決 勝:城  南 先   9  7  6  1  0
               24  10  23  3  2 防0.00
           被安打率3.75 奪三振率8.63 四死球率1.13

  プロフィール

 徳島県鳴門市出身。
 河野 竜生(かわの・りゅうせい)投手。
 鳴門市第二中学校時代は軟式野球部でプレー。

 鳴門高では1年時からベンチ入り。
 主戦格として1年夏の予選4試合に先発登板し、25回18四死球13失点で3年連続Vを果たす。
 甲子園初戦・近江高戦の先発投手を任されるも4回8安打5失点KOで敗戦。
 秋の予選から背番号1としてチームを引っ張り、四国初戦で11K2失点完投勝ちを記録した。
 2年春の予選(8強)を出場無く終え、夏予選で24回23K2失点の好投を披露。
 続く甲子園初戦で137㌔を計測し、5回を2失点に抑えたが、6回裏5失点で再びKOとなった。
 2年夏以降4季連続で県大会を制し、3年春の四国大会で最速145㌔を計測。
 明徳義塾を相手に4安打10三振、6四死球3暴投、3失点完投(2対3)の力投を演じている。
 同年夏の甲子園で8強入りを果たし、粘りの投球で2勝、28回11失点を記録。
 選抜V・智弁と対戦した2回戦で145㌔を計測し、2回以降2安打、5対2完投の好投を見せた。
 チームメイトに146㌔右腕・中山晶量ら。

 174cm72kg、145㌔直球を持つ小柄な左腕。
 ノーワインドアップから重心を下げてインステップし、テイクバック小さめに肘を使った腕の振りから
 繰り出す最速145㌔、常時135㌔前後から140㌔前後(3年夏)の真っ直ぐと、
 110㌔台から120㌔前後のスライダー、120㌔台のツーシーム、110㌔台のチェンジアップ。
 右打者の内角を攻めるストレートが持ち味。3年春に最速145㌔をマークした。
 ストレートにスライダー、ツーシーム、チェンジアップを交え、スリークォーターから投げ込んで行く。
 打たせて取る投球で甲子園8強入りを達成した。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-11-21(月)|2019年社会人投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年社会人投手 | コメント(0) Page Top↑