米原 大地(明大)|ドラフト・レポート

米原 大地(明大)

ここでは、「米原 大地(明大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



米原 大地(明大)

182cm72kg 右右 MAX147km スライダー・カーブ・フォーク・チェンジ・シュート 八王子
最速147㌔直球とスライダー。高2夏の西大会で初Vを達成。決勝戦で6.2回0封の好救援を見せた。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   18春:        登板無し
   18秋: 1 0勝0敗    1  0  1  0  0  0.00
   通算: 1 0勝0敗    1  0  1  0  0  0.00
          被安打率0.00 奪三振率9.00 四死球率0.00

 ■ 甲子園成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   16夏: 1  1.2  6  0  2  6 141㌔ 嘉手納

  最新記事

 ■ 明大・米原、公式戦初登板「感謝の気持ちをもって投げました」(スポーツ報知) 18/6/7

 八王子学園八王子出身の明大・米原大地投手(1年)が公式戦初登板し、1回を無安打1四球無失点。高校時代には、同学年で現日本ハムの清宮幸太郎擁する早実と激しくしのぎを削りあった。昨夏は、左中間席に高校通算107号アーチを放り込まれるなどして1―4で敗退。「甲子園の現実味を強く意識した中での敗戦だったので、前年の勝利よりも強く印象に残ってます」。清宮を封じた栄光よりも、最後の夏の甲子園への道を断たれた悔しさが勝っている。それでも、清宮との対戦は「野球人生でも外せない経験。高校で勝てたことは糧になっています」と言う。2月の入寮後に肩の不調で出遅れたこともあり、この日は高校時代に147キロを計測した直球も143キロ止まり。それでも、キレのいい直球とスライダーを武器に、打者4人から2三振を奪ってみせた。

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   早 大     1  0  1  0  0 145㌔

 ■ 八王子学園八王子・米原V2ならず まさか入るとは(スポーツ報知) 17/7/29

 昨夏準々決勝で6-4で勝利した再現はならず。2連覇を逃した。147キロ右腕・米原大地は7回5安打3失点清宮に107号を許したが「去年はストレートで勝ったから、裏をかいてチェンジアップで攻めた。まさか入るとは。あれをスタンドまで運ぶんだなぁ、すごい」とすがすがしい表情だった。卒業後は進学も視野に入れ、検討中だという。

   17夏予          回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:中央大附属 先   2  3  1  1  1…腰痛で降板
   準々決:明中八王子     2  2  2  1  1
   準決勝:早稲田実業 先   7  5  5  8  3 142㌔
                11  10  8  10  5 防4.09(失点から計算)
            被安打率8.18 奪三振率6.55 四死球率8.18

 ■ 腰の張り訴え 米原2回降板(スポーツ報知) 17/7/17

 西東京大会連覇を狙う、プロ注目最速147キロ右腕・米原大地が先発したが、2回3安打1失点と苦しんだ。15安打と打線の援護もあり、逆転で8回コールド発進。「準備ができていなかった」という米原は2回に先制打を許すと腰の張りを訴えて降板。それでも中日・正津スカウトは「指のかかりはいい」と評価した。

過去記事

 ■ 八王子学園八王子 大敗に監督は「継投の失敗」(西日本スポーツ) 16/8/12

 初陣を飾れなかった八王子学園八王子の安藤監督は、開口一番「結果的にわたしの継投の失敗です」と話した。5回1失点の先発早乙女に代えて6回から米原をマウンドへ。「いい当たりをされていたので、流れを変えようとした」と交代を説明したが、米原はこの回、5長短打で5点を失った。米原は「先頭に四球を与えてリズムを悪くした。焦って修正できず悔しい」とうなだれた。

   16秋予       回数 被安 奪三 四死 自責
   準々決:都立日野   3  7  0  1  4

   16夏予       回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:田  無   1  0  1  0  0 
   準々決:早稲田実   1  0  0  0  0
   準決勝:創  価   4  3  1  0  2 142㌔
   決 勝:東海菅生  6.2  3  2  2  0 142㌔
            12.2  6  4  2  2 防1.42(失点から計算)
         被安打率4.26 奪三振率2.84 四死球率1.42

 ■ 米原好救援、初の甲子園(時事ドットコム) 16/7/27

 八王子はロング救援の米原が勝利の立役者になった。五回に同点とされると、1死から同じ2年の早乙女を救援。直球やスライダーが決まり、東海大菅生の反撃を断った。延長十一回、打線が2点を勝ち越して、6回3分の2を無失点に抑える力投が実った。準々決勝の早実戦では、九回途中から登板。強打者の清宮に挑み、右犠飛でしのいだ。「本塁打なら同点という場面で、1点に抑えたことは自信になった」という。貴重な経験を糧に、決勝では堂々の投球。チームを春夏通じて初の甲子園に導いた。

 ■ 昨夏の雪辱だ!八王子学園八王子 9回迷わず清宮と勝負(スポニチ) 16/8/10

 3点リードの9回1死一、三塁。八王子学園八王子の安藤徳明監督が伝令を送る。一発出れば同点の場面で、打者は清宮。マウンドの輪の中で「勝負するか決めろ」という指示を受けたナインは、迷わず結論を出した。外野は全員が右寄りにポジションを動く「清宮シフト」を敷いた。2年生右腕の米原は「同じ学年なので、逃げ腰にはなりたくなかった」と内角直球勝負大飛球の右犠飛で1点を失ったが、最少失点で締めた。指揮官は「打ち損じを待つ感じだった」と苦笑いで選手たちの度胸を称えた。

  プロフィール

 東京都練馬区出身。
 米原 大地(よねはら・だいち)投手。
 石神井西中時代3年時に武蔵府中シニアで全国大会Vを経験。

 八王子高では1年夏から控えとしてベンチ入り。
 ケガにより2年春の都大会を登板機会なく終え、2年夏に早乙女大輝との継投で初Vを果たす。
 背番号12で4戦12.2回に救援登板し、6安打2四死球2失点の好成績を記録。
 準々決9回一死1・3塁のピンチで清宮と対戦し、内直球で右犠飛に打ち取る力投を見せた。
 シーソーゲームを制した準決・創価戦(8対6)で4回3安打2失点リリーフを披露。
 延長11回の接戦となった決勝・東海大菅生戦で6.2回3安打無失点の好救援を演じている。
 続く甲子園1回戦・日南戦(1対7)は、1.2回6安打、2四球0K6失点KOで大敗。
 0対1の6回から登板するも先頭に四球を出し、5安打集中と打たれて一挙5失点を献上した。
 翌3年春になって背番号1の座を掴み、同年夏の西大会でベスト4進出を達成。
 147㌔腕としてプロから注目されたが、初戦で腰を痛め、早実に7回8四死球3失点KOで敗れた。
 同学年のチームメイトに左腕エース・早乙女大輝ら。

 182cm72kg、細身のスリークォーター右腕。
 セットポジションから始動して溜めて重心を下げ、着地早めにヒジを使った腕の振りから繰り出す
 最速147㌔、常時140㌔前後から140㌔台前半(救援時)の伸びのある直球と、
 120㌔台のスライダー、130㌔台のシュート、120㌔前後のチェンジアップ、90㌔台の縦カーブ。
 ストレートに変化球を交えて打たせて取る投球が持ち味。縦のカーブとの緩急。
 エースとして期待されながら肩痛で2年春の予選を欠場。3年春になって背番号1を取り戻した。
 度胸の良さも持ち味。プロから注目されている。

  スカウトコメント

中日・正津スカウト|17/7/17
 「指のかかりはいい」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2018-11-23(金)|2021年大学生投手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生投手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑