田城 飛翔(八戸学院光星)

ここでは、「田城 飛翔(八戸学院光星)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



179cm72kg 右左 外野手 遠投111m 50m6秒2
鋭いスイングから強い打球を放つ左の強打者。3番・右翼手。甲子園で中堅右への一発を放った。
2016年ソフトバンク育成3位(支度金300万円、年俸300万円)

  動 画

  打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春: 2 .333  6  2 0 0 0 0 0 2 0  .500  .333
   16夏: 2 .571  7  4 0 0 1 2 1 2 1  .667 1.000
   通算: 4 .462 13  6 0 0 1 2 1 4 1  .588  .692

  最新記事

 ■ 育成3位・田城、目標は走攻守+飛距離の“4拍子”そろった打者(スポーツ報知) 16/11/9

 ソフトバンクから育成3位指名された八戸学院光星の田城飛翔(つばさ)外野手が8日、八戸市内のホテルで入団交渉を行い、支度金300万円、年俸300万円で契約合意に達した。田城は同じ左打ちの柳田悠岐外野手を目標に、走攻守+飛距離の“4拍子”そろう打者を目指す。あのフルスイングを目指す。「柳田さんに近づけるよう頑張る」と、田城が力強く宣言だ。走攻守すべてに磨きをかけるとともに、飛距離も意識。現在も1、2年生と同じ練習をして、引退後も練習量を落とさずパワーアップに努めている。ソフトバンクは3軍制度や優れたファーム施設があるなど、「育成なら一番成長できると聞いている」(田城)。一日も早く支配下選手登録を手中にし、1軍で柳田ばりのフルスイングをみせる。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16夏予: 6 .318 22  7 1 0 0 5 2 4 3  .423  .364

 ■ 育成枠 八戸学院光星高・田城 目標は「柳田さん」(西日本スポーツ) 16/10/26

 福岡ソフトバンクから育成ドラフト3位指名された田城飛翔(たしろ・つばさ)外野手が25日、同校で指名あいさつを受けた。将来の目標について「長打が打てて、走攻守三拍子そろった柳田さんのようになりたい」と力を込めた。今夏の甲子園では、市尼崎との1回戦でバックスクリーン右へ豪快弾を放った。手本は柳田が昨年6月に放った横浜スタジアムのバックスクリーンの一部を破壊した推定140メートル弾だった。「あんな打球を打ちたい」。その動画などを参考に、バットを振り込んだ“弟子”でもある。柳田と同じ外野手で遠投は110メートル、走っても本塁から一塁到達まで4秒前後の好素材。作山アマスカウトは「将来は柳田のようなスケールの大きい選手に」と期待する。田城も「強い体をつくって、一日でも早く支配下登録されたい」と意気込んだ。

 ■ プロが惚れた 八戸学院光星・田城飛翔右翼手(中日スポーツ) 16/8/10

 踏み込んで真ん中高めの直球を振り切った。市尼崎戦の6回、バックスクリーン右に飛び込んだ同点ソロに八戸学院光星の3番、田城飛翔外野手は「芯でとらえられた」とうなずいた。高校通算11本目の本塁打。「僕の本塁打はほとんどが引っ張りのライト方向」というが、打球はほぼ最深部のフェンスを越えた。延長10回は2死満塁で一塁強襲の決勝内野安打を放った。青森大会は本調子ではなかったが、甲子園初戦は4安打2打点。「肩と脚力があり、打撃もシャープ。パワーではなく、振りの鋭さと回転で打つタイプ」と中日の中田スカウト部長。東北担当の山本スカウトも「ポイントを作ってコンパクトに打てるようになった。こういう打撃ができれば率を残せる」と評価する。

  プロフィール

 神奈川県平塚市出身。
 田城 飛翔(たしろ・つばさ)外野手。
 岡崎小3年時から軟式野球を始め、大住中では二宮大磯シニアに所属。

 八戸学院光星では2年春から背番号18でベンチ入り。
 2年秋の新チームで3番・右翼手の座を獲得し、打率.543本0点15の活躍で東北準Vを果たす。
 翌3年春の選抜2回戦(5安打0封負け)で市岡奏馬から2安打1四球をマーク。
 3回の第2打席でスライダーを上手く拾った右安、6回の第3打席でショート内野安打を放った。
 同年夏予選で打率.318盗3を記録し、本調子でないながらも2年ぶりVを達成。
 続く甲子園初戦で外寄り135㌔直球をバックスクリーン右に叩きこむ同点ソロを記録している。
 1回に左安(外直球)、4回に右安(高め直球)、10回に決勝二塁内安と4安打。
 2回戦・東邦戦は無安打2四死球と目立てず、9回裏5失点、9対10で逆転サヨナラ負けとなった。
 1学年上に呉屋開斗(中日15年育成5位)、八木彬ら。

 179cm72kg、バランス取れた強打の外野手。
 通算11発、鋭く振り切るスイングから左右に強い打球を放つ左の強打者。2年秋から3番に座る。
 甘く入れば右方向中心に一発を記録。3年夏の甲子園で中堅右ソロを放った。
 2年秋12試合で7盗塁。50m6秒2、一塁到達4.1秒台から4.2秒前後のまずまずの俊足を備える。
 送球精度にバラツキがあるが肩も強い部類。

  スカウトコメント

ソフトバンク・作山アマスカウト|16/10/26
 「将来は柳田のようなスケールの大きい選手に」
 「育成指名になったが、支配下でも取りたいくらいの高い評価をしていた。(走攻守)三拍子がそろい、特に打撃が魅力。欠点のない選手になってほしい」
ソフトバンクスカウト|16/10/20
 「バットコントロールに優れ、ミートポイントが広く広角に安打を放つアベレージヒッター。身体能力が高く、積極的な打撃と走塁が持ち味」
巨人・山下哲治スカウト部長|16/8/14
 「外野手では八戸学院光星・田城飛翔が目立った」
中日・中田スカウト部長|16/8/10
 「肩と脚力があり、打撃もシャープ。パワーではなく、振りの鋭さと回転で打つタイプ」
中日・山本スカウト|16/8/10
 「ポイントを作ってコンパクトに打てるようになった。こういう打撃ができれば率を残せる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-11-09(水)|2016年ドラフト指名選手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2016年ドラフト指名選手 | コメント(0) Page Top↑